autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ボーイッシュ軽カー 徹底比較 2ページ目

3台比較 2007/6/29 14:50

ボーイッシュ軽カー 徹底比較(2/4)

ボーイッシュ軽カー 徹底比較

クールフェイス・ワゴンRとして登場

フロントスタイルリアスタイル

ワゴンRに新たに追加された「スティングレー」は、まずエクステリアが違う。

ディスチャージヘッドランプを標準装備し、特徴的なスケルトンタイプのフロントグリルを採用、ボンネットフード先端を高めにし、フォグランプ周辺にも躍動感のあるデザインを採り入れたフロントバンパー、専用デザインの14インチアルミホイールなどが与えられる。上級グレードにはターンランプ付のドアミラーカバーが装備される。

ボディカラーは、光の具合により色が変化する新色「スパークブラックパール」も用意。ワゴンRには、かねてから従来も「RR」というスポーティな仕様のモデルが存在したが、さらにいわばスズキ版カスタム仕様として、このスティングレーが追加されたのだ。

ドライバビリティ全般に関しては、今回のほかの2台に比べると、古さが露呈している感は否めない。電動パワステのアシストが強く、操舵力が軽すぎて、接地感に乏しく、切り始めに不用意にゲインがグッと立ち上がってしまうきらいがある。

また、足まわりが固められていながら、バネ下がずいぶん重くなっているようで、衝撃の吸収が上手くできておらず、市街地走行でもドタバタ感を伴なう。初期ロールは抑えられているが、足まわりが固いわりには最終的にけっこう過大にロールしてしまう。静粛性ももう一歩。全体的なまとまりは、もう少し上であって欲しいところである。

ただし、動力性能については、DIターボ+ATの組み合わせは扱いやすく、明快にパワーを体感させてくれる。エンジンは良く回り、回すほどにパワー感が盛り上がる味付け。印象は悪くない。Sターボほどピーキーでもないところもいい。

また、自然吸気エンジン車については、スズキもいよいよCVTを使い出したことがトピック。スティングレーのNAエンジン車にも設定されている。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

またしても軽自動車の新機軸を打ち出した

フロントスタイルリアスタイル

ムーヴのDNAである「ビッグキャビン&コンパクトノーズ」をさらに進化させ、コンパクト化したエンジンルーム、四隅に配したタイヤなど、ワイドで安定感あるスタイル、流麗なシルエットを得るなどして、新時代のトールワゴンのありかたを示したのが現行ムーヴである。

リアの縦長のランプも印象的。さらに、4灯式ヘッドランプや、エアロパーツ、16インチアルミホイールなど、「カスタム」に期待されるテイストを満身に備える。

走りは、このクルマが軽自動車であることを忘れさせる仕上がりだ。

ソニカに続いてターボ車にもCVTを採用し、ソニカのときはやや大人しめの味付けだったが、ムーヴではターボらしい加速感を味わえる設定となっている。ペダル操作と変速制御の違和感も小さい。

CVTの宿命である、強めに踏み込んだ瞬間にちょっとレスポンス遅れがある点は認められるものの、一般走行においては、ターボエンジン+CVTの悪い部分はほとんど気にならない。また、ソニカでは気になった高回転域でのノイズも払拭されている。 足まわりのセッティングも巧い。乗り心地が十分に快適な範囲で、ドイツ車のように引き締まったダンピングを感じさせる。コーナリング姿勢が非常にリニアで、ナチュラルにロールしつつ、しすぎない設定となっている。

ブレーキングでは、フロントがダイブする感覚が小さく抑えられており、ブレーキ自体のフィーリングも非常にコントロール性に優れる。

スポーティでもあり、コンフォートでもあり、上質である。走りのまとまりは、全体として非常に巧くバランスされている。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

台形フォルムとスポーティな足周り

フロントスタイルリアスタイル

ボリューム感と安定感を追求した台形フォルムがゼストのスタイリングの特徴。さらに、精悍な表情と躍動感を施したダイナミックなデザインテイストを狙っている。

ゼスト スポーツには、ロー&ワイドなイメージをいっそう強調した専用エクステリアパーツが装備される。 パワートレインはi-DSIターボエンジンに電子制御4速ATを組み合わせ、「ゼスト スポーツW」にはスポーティな専用サスペンションが装備される。

走りの印象は、清濁併せ呑み、いかにもホンダらしいテイスト。第一印象として、ボディ剛性が高く、この背高スタイルながら、低床プラットフォームにより重心が低く抑えられている感覚がある。

スポーティな走りを求めた場合、それだけでも他の2台よりも有利になるわけだが、その余裕のできた部分をさらに走行性能を向上することに費やした模様で、ロールを抑えた、限界レベルの高いスポーティな走りを実現している。

ただし、乗り心地は前席では概ね問題ないが、後席についてはけっこう固めで、微小な上下動が続きがち。また、電動パワステは、意図的に操舵力を重めに設定し、ステアリングフィールのしっかり感を演出しているようだが、センター付近に妙な遊びがあり、直進状態で常に微小な修正を強いられる点が少し気になる。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

デザイン・スペックの総評

エクステリアは、どの車種を見てもあまり変わりばえしなかったトールワゴンにおいて、ムーヴカスタムが一歩抜きん出た印象。今後、浸透していくと、ますますボーイッシュ軽カーとしてもキャラが際立ってくるはずだ。他の2台はいまひとつキャラが不鮮明。もう少しキャッチーなマスクが欲しいところである。走りもあらゆる点でムーヴカスタムが先を行った感あり。

よりスポーティな味を求めるとゼスト。ワゴンRスティングレーは、ベーシックなワゴンRに乗るぶんには、あまり悪い部分を感じないのだが、このようにスポーティにチューニングすると、よろしくない部分が多々出てきてしまうのは否めない。

スズキ ワゴンR 関連ページ

ダイハツ ムーヴ 関連ページ

ホンダ ゼスト 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ワゴンR の関連記事

スズキ ワゴンRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ワゴンR の関連記事をもっと見る

スズキ ワゴンR の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/22~2017/10/22