autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 国産ホットモデル 徹底比較 3ページ目

3台比較 2008/7/13 13:52

国産ホットモデル 徹底比較(3/4)

国産ホットモデル 徹底比較

走りに特化した「サーキットコクピット」

ステアリングフロントシート

「サーキットコクピット」をテーマに構成。全体を黒基調とし、ドライバーとクルマの一体感を追求。標準のシビックに対し、多くの部分がタイプR専用となっている。

専用メーターパネル「i-VTEC/REVインジケーター」は、マルチプレックスメーター(自発光/レッド照明)の配置を活かし、スポーツ走行時に視線移動を少なく運転に集中できるよう、エンジン回転数を赤いランプで表示。

また、専用の3本スポーク小径楕円本革巻ステアリングホイール、アルミ製・球形シフトノブ、ショートストローク・スポーツシフト、メタル製スポーツペダル&フットレスト、エンジンスターターボタンなどを採用する。

シートについても、専用の「Honda R specシート」(フロント)は、ドライバーを面全体で包み、高いホールド性を実現。「某R社に負けない」と開発陣が強調するほどの自信作といい、実際、サーキットを本気で攻めても、まったく不満のない設定であった。

ベースのシビック自体が、このクラスのセダンとしては、非常に秀逸なパッケージであることも魅力。前席はもとより、後席居住空間は十分に広く、ラゲッジスペースも非常に広い。スタイリッシュなフォルムとスペースユーティリティを見事に両立している点は特筆できる。タイプRとなっても、そのアドバンテージは変わらないまま、ドライバーにとっては走りを最優先したという方向性である。

リアシートメーターシフトラゲッジエンジンスターターボタン

高い質感にスポーティムードを加味

ステアリングフロントシート

もともとアクセラのインテリアは、クラスのわりに質感が高い。マツダスピードでは、精悍なブラックを基調として、シート、本革ステアリングホイール、シフトブーツにアクセントとして赤のステッチを採用。

また、専用セミバケットシート、専用ブラックアウトメーター(ブルー間接照明付き)、専用アルミペダルなどスポーティなアイテムを与えている。

ホールド性に優れた専用セミバケットシートを採用し、スポーティかつ楽しい走りをサポート。一般道での快適性も確保した、いくぶんソフトな設定となっている。

ただし、クルマのキャラクターを考えても、もう少し座面が低くできるようになっていてくれたほうがありがたい。

センターパネルを張り出させた整然としたインパネは、新しさこそあまり感じないものの、シンプルで使いやすい。スモーク超の金属調の樹脂を用い、スポーティイメージを演出している。

オーソドックスな中にスポーティなテイストがほど良く散りばめられている。

リアシートメーターシフトラゲッジBOSEスピーカー

走りに特化したスペシャルモデルらしい雰囲気

ステアリングフロントシート

標準のコルトは、単純にコンパクトカーとして仕立てられているが、バージョンRでは各部のパーツを交換することで、走りに特化したスペシャルモデルらしい雰囲気を実現している。

ドアを開けると、まずレカロ製バケットシートが目に入る。もともとメーカーオプションにて用意されていたが、このほどレカロシートを標準装備する特別仕様車も設定された。

レカロシートを選択すると、インパネのアクセントパネルとエアコンのエアアウトレットリングがシルバーからレッドメタリックとなり、視覚的にもムードを盛り立てる。

ただし、ドライビングポジションがかなりアップライトであり、スポーティカーとして捉えると、もう少し低くしたいところではある。

リアシートは、標準モデルの3人掛けから、スポーティモデルであることに合わせ、2人掛けに変更されており、50:50で倒せるようになっている。

スピードメーターには、5MT車に240km/hフルスケールホワイトメーター、CVT車には180km/hハイコントラストメーターが与えられる。

もともとのコルト譲りの特徴として、フロントウインドウがかなり寝ていて、ダッシュ先端が遠く、小さなミニバン的な空間となっていることも挙げられる。インテリア全体のデザインテイストも、三菱車としてはなかなかチャレンジングではないかと感じている。

リアシートメーターシフトラゲッジレカロ製バケットシート

内装・装備の総評

いずれもスペシャルなモデルとして位置づけられているだけに、ベース車に対してわかりやすい変更が施されている。とくにシートがベース車と比べまったく違うものが与えられる。独断ではあるが、ホットモデルとして見た場合、3台の中でもっともスポーティに仕立てられているのはシビックだろう。

シンプルに1台のクルマとして斬ると、シビックはセダンとしては秀逸なパッケージングを持っていることを再確認。ただし、後席の乗り心地を考えると、セダンとして捉えて使うのは少し無理がある。やはり「タイプR」として捉えるべき。サイズ×スペースユーティリティに優れるのは、ボディサイズでは小さいが、実はコルトである。アクセラはラゲッジこそ広いものの、室内は意図的にタイトとしスポーティなイメージを高めている。

ホンダ シビックタイプR 関連ページ

マツダ アクセラ 関連ページ

三菱 コルト 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ シビックタイプR の関連記事

ホンダ シビックタイプRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ シビックタイプR の関連記事をもっと見る

ホンダ シビックタイプR の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円