autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 国産ホットモデル 徹底比較 2ページ目

3台比較 2008/7/13 13:52

国産ホットモデル 徹底比較(2/4)

国産ホットモデル 徹底比較

ほとんどレーシングカーのようなドライブフィール

フロントスタイルリアスタイル

もともと日本を代表する2BOXのハッチバック車であったシビックだが、国内販売モデルのボディタイプについて、現行モデルはセダンのみに絞られた。

そして、かねてからウワサのあったタイプRがついに発売された。タイプRとしては2006年夏のDC5型インテグラ・タイプR消滅以来の復活となる。

開発陣によると、追求したのはあくまでも“タイム”とのこと。最終型インテグラ・タイプRに比べ、筑波サーキットで1秒、鈴鹿サーキットで2秒のタイム短縮を目標として設定し、達成した上で市販化されたという。そのポテンシャルを備えつつ、日常のドライブにも使用にも耐え、ワインディングやサーキットを楽しめるクルマ、というのがコンセプトのモデルとなる。

外観は、大開口のフロントバンパー&フロントグリル、リアバンパー&リアディフューザー、大型リアスポイラー、サイドシルガーニッシュ、専用フード&フロントフェンダーなど>>>>>>>>>>>>>>>>>>S>>S>>SE.csssssssssssssssssssssssssssssssssss111111111111pq.jp/images/168451/037_o.jpg"class=るクルマ、というのがコンセプトのモデルとなる。