autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 最新クロスオーバーカー 徹底比較 4ページ目

3台比較 2007/8/10 11:00

最新クロスオーバーカー 徹底比較(4/4)

最新クロスオーバーカー 徹底比較

デザインが好みであれば躊躇せず購入を

走行走行

現実的な車両価格で200万円を切ったというのは非常に戦略的である。それもあってか、先にデビューした欧州でも、発売後3ヶ月で6万台オーバーを受注し、日本でもすでに1万台以上を受注したとのこと。かなり好調な出だしといえる。

デュアリスは欧州で人気の高いコンパクトSUVの王道を行くといえるモデルであり、それでいて、VWゴルフのようなハッチバック車のライバルにもなっている。事実、欧州ではゴルフからの乗り換えユーザーがかなりの数に上るらしい。それこそ、デュアリスのキャラクターを物語る一面である。

運転したときの感覚も、背の高いSUVとは思えない走りを見せる。また、よくも悪くもタイトな室内空間が乗用車的で、SUVに乗るという感覚を低減しているように思える。

まずはあせらず、まもなく登場する次期エクストレイルを見るべきだろう。ただし、このスタイリングが好みであれば、躊躇せず購入を決断してもいいと思う。

今までなかった新しい乗り物のような雰囲気

走行走行

このスタイリングから、クロスロードには、何か「新しい乗り物」という雰囲気がある。見れば見るほど、同じく3列シートを持つミニバンタイプのクルマ、たとえばストリームを買うよりは、バリューが高そうな気もしてくる。

実際には、ミニバンとして使うには3列目が狭いし、ラゲッジルームとの両立を考えると、基本的には2列シートのクロスオーバーSUVである。それでも、多人数乗車やシートアレンジなど、ミニバン的な使い方をしたいときにも、ある程度は応えてくれるフレキシブルさを持つ。

販売的には、意外と価格設定が高めであることもあってか、いまひとつ低調であるように感じられる。また、こうしたタイプのクルマは、ひとたび欲しいと思う人のもとに行き届くと、そこから先では伸び悩むことが往々にしてありうる。

せっかくのコンセプトが、1代限りで終わることのないように願いたい。実際にカーライフをともにすると、かなり「使える」クルマである。

乗用車と同じ感覚で付き合える高付加価値モデル

走行走行

リーズナブルな価格のわりにバリューの高いクルマである。

ルックスは華に欠ける気もするが、誰にも嫌悪感を抱かせないという意味では好感が持てる。室内は十分に広く、走りにも大きな不満はない。

ただ、欲をいうと、個人的に思うには全体的にもうひと捻り欲しかった。スタイリングもそうだし、インテリアデザインやシートなども、もう少し作り込まれていてもよかった気がする。それでも、価格を考えるとすべて許せてしまうわけではあるが…。

SUVテイストのルックスではあるが、内容的にはまったく乗用車感覚で付き合える。もしも悪路走破性に期待するのであれば、タフなロック機構も付く電子制御4WD「i-4WD」搭載モデルもラインアップされており、そちらを選べばよい。

動力性能に余力が欲しいのであれば、2Lモデルも用意されている。とにかくSX4は、価格のわりにはけっこうよくできたクルマであることは間違いない。

日産 デュアリス 関連ページ

ホンダ クロスロード 関連ページ

スズキ SX4 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 デュアリス の関連記事

日産 デュアリスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 デュアリス の関連記事をもっと見る

日産 デュアリス の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20