autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 最新クロスオーバーカー 徹底比較 3ページ目

3台比較 2007/8/10 11:00

最新クロスオーバーカー 徹底比較(3/4)

最新クロスオーバーカー 徹底比較

乗用車的なタイトな空間の構築

インパネフロントシート

あえてそうしたと思われるが、インテリアは比較的タイトにつくられている。張り出したセンタークラスターに大きなシフトノブ、モダンなメーターまわりのデザインなどが特徴。デザイン面での統一性は図られているように思える。

前方視界は、フェンダーやボンネットフード先端が丸みを帯びているので、車両感覚をつかむには少し慣れが必要だろう。

日産お得意のサイドブラインドモニターが付くモデルでは補助ミラーの必要がなくなる。キャビンは上方が絞り込まれており、SUVというよりも、乗用車的な空間となっている。シートは大柄のしっかりとしたものが備わる。

ただし、前席は座面の前後方向が長すぎるため、小柄な女性には適切なポジションが取りにくそうである。

後席空間はそれほど広さを追求したものではない。シートは座面が十分に長く、形状も平らではなく、着座時にオシリが下がるようになっているところは好ましい。

ただし、後席ドアの開口面積はそれほど大きくないし、ドア内側下部のスピーカーが出っ張っているため、乗降性はそれほどよろしくない。チャイルドシートの装着作業や、装着した状態で子供の面倒をみる際にも影響するはずだ。

ラゲッジスペースは幅広く、奥行きも十分に確保されている、リアシートを倒せば、完全にフラットにはならないものの、かなり広いスペースが創出できる。タイヤハウスのスペースが小さく抑えられているところもありがたい。

開口部は、もう少し低いところまで開いたほうが使い勝手はよくなるはずだが、剛性確保のためか、段差が大きくなっている。

スタイリッシュガラスルーフは非常に大きな面積の開口部を持つ。ラフェスタと異なりスイングドアであるため、横方向もめいっぱいガラス部分となっているところもありがたい。開口部は前席乗員の視野の範囲であり、頭上の開放感があるとともに、いうまでもなく後席乗員に絶大な開放感をもたらす。シェードは電動で後方に折り畳んで格納できる。

ただし、グラスルーフを全開状態にしていると、気温30度に到達していない環境下でも、エアコンの冷房能力が追いついていないように感じられたところがやや気になった。

欲をいうと、この価格設定でここまでよくぞつくりこんだクルマであることには違いないが、現代的な装備でいうと、スピン防止装置とか、欧州では標準装備が当たり前となっているものは標準装備であって欲しかった気がしないでもない。

リアシートメーターラゲッジサイドミラースタイリッシュガラスルーフ

切り立ったウインドウ+SUVテイストの新鮮味

インパネフロントシート

ウエストラインが高く、各ウインドウが切り立っている独特の感覚は、最近のクルマではあまり目にかかれない。スクエアなフォルムにプラス直立気味の各ウインドウにより、ボディサイズからイメージするよりもはるかに広々感のある室内空間となっている。

前席に座ると、ダッシュが高い位置にあり、そこにいろいろなものが整然と並んでいる印象だ。スクエアな形状のインパネと直立したフロントウインドウなど、これまでの日本車にはない斬新な雰囲気がある。

収納スペースについても、広い室内空間を生かし豊富にレイアウト。使い勝手には3台中でもっとも優れる。

1列目シートはセミバケットタイプの形状で、サイズ的にもたっぷりとしているが、座面の前方が丸められており、小柄な人でも運転できる設定となっている。ただし、ストリームと同様、前傾した形状により後頭部と常時接触しがちなヘッドレストの形状が気になる。

ストリームと同じような形状のセンターコンソールにはドリンクホルダーと小物入れが備わる。大きなアームレストも備わり、快適なドライブをサポートするが、反面1-2列目のウォークスルーはできない。

2列目シートはフラットな形状。座面がそれほど長くなく、背もたれが長い設定で、前後スライドも可能。左が4で右が6の分割可倒式となっている。ヘッドレストは伸ばして使うタイプで、見た目の印象よりも着座感は固めとなっている。

剛性確保のためかサイドシル部が盛り上がっているため、乗降時にはステップに足を置いたほうがいい。開口幅は広いので、乗降すること自体は苦にならない。

後席ウインドウは、SX4はかなり残るし、デュアリスも1割ぐらい残るが、クロスロードは全開にすることができるところはありがたい。

後席フロアが完全フラットであるところも特筆したい。全体として、2列目に人が乗ることをかなり重視して設計されたように思われる。

3列目は何とか座れるという感じ。ウォークインもそれほど苦にせずシートにアクセスできる。逆に、3列シートを使うとラゲッジスペースが残らなくなるのだが、これについてとやかくいわず、あくまで「3列目を格納した状態がデフォルト」と開発者の弁であった。シートアレンジ操作の行ないやすさや、ヘッドレストを付けたままアレンジできるところなども、なかなかよく考えられている。

2列目シートメーターシートアレンジサイドミラー3列目シート

クリーンかつオーソドックスな構成

インパネフロントシート

インパネのレイアウトは実にクリーンでオーソドックス。センターパネル両脇にツヤ消しアルミのパネルを付けてアクセントとしている。どこにも奇をてらったところはなく、いくらか外観はSUVテイストとなっているが、インテリアにそれをアピールする要素はとくに見当たらない。

最近では、このクラスでも価格のわりに質感や装備面でがんばっているクルマも多いが、SX4もそんな1台。樹脂パネルやトリムなど、今回の他の2台に比べると、それなりの印象ではあるが、大きな不満はない。

ただし、ボディサイズの制約もあってか、フットペダルの配置が内側によっている点や、テレスコピックが付かないところは少々難点といえる。

前席に座ると、ダッシュパネルをはじめあらゆるものが低い位置に設置された印象を受ける。低く前下がりのウエストラインにより開放感がある。Aピラー前方には三角窓を設けおり、視認性にも非常に優れる。低いところも見やすく、安全に貢献してくれるはずだ。

収納スペースは、他の2台に比べると、普通の乗用車に近い印象。数や広さで勝負しているわけではないが、実質的な使い勝手においては、とくに不満はないはずだ。

シートはややソフトな着座フィール。後席はオシリを落とし込まず、高い位置で水平に座らせる設定で、ヒップポイントを前席よりも55mm高めており、頭上空間は小さくなるが、視覚的な開放感を演出している。後席への乗降性はそれほどいいとはいえず、足を置くスペースがやや食われている印象もあるものの、乗ってしまえばそれほど狭く感じない。

また、後席サイドウインドウを下ろしても、3分の1程度も残る。これらからして、あまり後席の使用を前提としたクルマではないようにも思われる。

後席は2段階でフォールディングし、オシリ後ろのストラップを引けば、さらにとなりのヒモを前席ヘッドレストにかけて固定するようになっている、比較的フラットで広いラゲッジスペースを創出できる。 ラゲッジスペースは掘り下げたような形状で、横方向がストラットタワーのスペースに食われている。

リアシートメーターラゲッジシフトパネル収納ボックス

内装・装備の総評

デュアリスとSX4は乗用車的な空間を構築しているのに対し、クロスロードは、スクエアなフォルムや直立気味のウインドウもあって、クロカン車っぽい雰囲気となっている。質感が高く、先進的なデザインテイストを見せているのがデュアリス。使い勝手やスペースの広さに期待するのであればクロスロードがダントツでトップとなる。SX4もそつないつくりで、価格設定のわりに得られるバリューは大きい。標準装備品や安全装備などの設定については、やはり価格に跳ね返るものの、クロスロードの充実ぶりが光る。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 デュアリス の関連記事

日産 デュアリスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 デュアリス の関連記事をもっと見る

日産 デュアリス の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/13~2017/12/13