autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 【比較】オデッセイ・エルグランド・アルファードハイブリッドを徹底比較 ~豪華な内外装と充実した装備が自慢のLサイズミニバン~ 4ページ目

3台比較 2014/5/1 15:19

【比較】オデッセイ・エルグランド・アルファードハイブリッドを徹底比較 ~豪華な内外装と充実した装備が自慢のLサイズミニバン~(4/4)

【比較】オデッセイ・エルグランド・アルファードハイブリッドを徹底比較 ~豪華な内外装と充実した装備が自慢のLサイズミニバン~

自然に曲がる運転感覚、ミニバンとして高い水準の足回りを持ち走行安定性も良好

ホンダ オデッセイ 2.4 アブソルート EX ボディカラー:プレミアムヴィーナスブラック・パールホンダ オデッセイ 2.4 アブソルート EX ボディカラー:プレミアムヴィーナスブラック・パール

クルマの床面は、最低地上高などの必要な機能を満たせば、低く抑えるほどメリットが増える。乗降性が向上し、全高が同じであれば室内高も拡大する。乗員や装備類の位置が下がるから、走行安定性も向上させやすい。

オデッセイを運転すると、このセオリーを実感できる。ライバルの2車よりも左右に振られにくく、ミニバンなのに挙動の変化はワゴンに近い。後輪の接地性を十分に確保した上で、自然に曲がる運転感覚に仕上げた。

乗り心地は、上下方向の揺れが少し大きく、デコボコの吸収力を高めて欲しいと感じた。それでも走行安定性とのバランスまで考えれば、ミニバンとして足まわりの水準は高い。速度が上昇すれば硬さも薄れる。

動力性能にも不足はなく、巡航時の1500回転付近から相応の粘りを感じる。実用回転域の駆動力はBやGグレードのノーマルエンジンと大差ないが、4500回転を超えた領域の吹け上がりはアブソルートの直噴式が活発だ。

全高を1700mm以下に抑えたので、外観がミニバンとしては中途半端とも受け取られるが、低床設計によって車内は広く快適だ。ミニバンは基本的に国内市場を重視して開発され、ライバル車も入念に研究しており、後発の車種ほど商品力が高くなる傾向がある。オデッセイはこの典型と言えるだろう。

特に注目したいのは、「ミニバンは背が高く立派に見えないと売りにくい」という市場の動向に左右されず、床に合わせて天井も低く抑えたこと。今のホンダ車ではフィットやヴェゼル、N-BOXなどが売れ筋だが、オデッセイも大切に販売して欲しい。

■ホンダ オデッセイの画像ギャラリーはこちら(走行シーン)

背高ミニバンの中ではセダン的な性格のエルグランド、全高はあるが良く曲がりバランスも良い

日産 エルグランド 2.5ハイウェイスタープレミアム ボディカラー:インペリアルアンバー日産 エルグランド 2.5ハイウェイスタープレミアム ボディカラー:インペリアルアンバー

先の項目で触れたように、エルグランドは1/2列目の居住性と内外装の質感に重点を置いて開発された。「大勢乗せてたくさん積む」機能はあまり高くないが、背の高いミニバンの中ではセダン的な性格だ。

この特徴は運転感覚にも当てはまる。全高が1800mmを超える割には良く曲がり、後輪の接地性とのバランスも損なっていない。

乗り心地は、18インチタイヤの装着もあって硬めだが、重厚感も伴い、ミニバンらしい快適性を感じる。

2.5リッターエンジンは、QR25DE型の特徴として、ノイズが少し粗い。遮音は入念に行った模様だが、エンジンの回転感覚をさらに滑らかにすると良い。ティアナが搭載した改良版のエンジンを積むと、快適性が向上するだろう。

実用回転域の駆動力は十分に確保され、車両重量が1950kgと重いものの、力不足は感じない。ミニバンに適したエンジンだ。

エルグランドを購入する時に注意すべきは、膝が持ち上がりやすい3列目のシートと、高めに設定された荷室の床面になる。4名以内の乗車でセダン的に使うなら不満は生じないが、実用的なセレナのLサイズ版ではない。

また、ボディが大柄で、インパネやウィンドウの下端も高く感じるため、車庫入れや縦列駐車を行って視界を確認しておくことも大切。特に小柄なドライバーは、クルマに潜り込んだ印象になりやすい。

エルグランドは背の高いミニバンの中では個性の強いクルマだが、それだけにオデッセイやアルファードとは持ち味が違う。ユーザーの選択の幅を拡大させている。

■日産 エルグランドの画像ギャラリーはこちら(走行シーン)

燃費性能と静粛性の優れたハイブリッドは、高速道路を巡航する使い方にピッタリ

トヨタ アルファードハイブリッド 2.4 SR プレミアムシートパッケージ(4WD) ボディカラー:ゴールドパールクリスタルシャイントヨタ アルファードハイブリッド 2.4 SR プレミアムシートパッケージ(4WD) ボディカラー:ゴールドパールクリスタルシャイン

アルファードハイブリッドは燃費に特徴があり、JC08モードの数値は「16.2km/L」だ。オデッセイアブソルートEXと比べると「13.6km/L」とあまり差が無いが、エルグランド250ハイウェイスタープレミアムの「10.8km/L」に比べれば、燃費数値は1.5倍。燃料代は70%以下になる。

その代わりハイブリッドSRプレミアムシートパッケージの車両価格は612万円。前述のグレードのオデッセイが368万7428円、エルグランドは399万6000円なので、アルファードハイブリッドは200万円以上も価格が高い。装備がシンプルなハイブリッドXでも406万2857円だ。

エンジンは2.4リッターだが、モーター駆動の併用で、動力性能は2.7リッター並み。モーターは反応が素早く、加速感も滑らかだ。静粛性も優れ、燃費以外でもハイブリッドのメリットを感じる。

操舵感はライバル2車よりも鈍い。車両重量と乗り心地のバランスから、タイヤサイズを16インチに抑えたため、運転状況によってはタイヤの歪みを感じる。スポーティに走るクルマではないが、走行安定性が高いとはいい難い。高速道路の走行車線を、安全な速度と車間距離を維持しながら走る使い方が似合う。

乗り心地は通常の走行では快適だが、旋回中に突起を乗り越えたりすると粗さが目立つ。登場して6年を経ており(ハイブリッドは3年弱)、設計の古さを感じる。

とはいえ、このクラスのミニバンでハイブリッドは貴重な存在だ。走行距離が伸びるユーザーには燃費節約の効果も大きい。ミニバンは日本メーカーの得意分野だけに、エルグランド、オデッセイを含めて個性が豊かだ。使用目的と好みに応じて、ピッタリの愛車を選べるだろう。

■トヨタ アルファードハイブリッドの画像ギャラリーはこちら(走行シーン)

ホンダ オデッセイ 関連ページ

日産 エルグランド 関連ページ

トヨタ アルファードハイブリッド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ オデッセイ の関連記事

ホンダ オデッセイの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ オデッセイ の関連記事をもっと見る

ホンダ オデッセイ の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円