autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 売れ筋サイズミニバン 徹底比較 3ページ目

3台比較 2007/7/27 17:33

売れ筋サイズミニバン 徹底比較(3/4)

売れ筋サイズミニバン 徹底比較

新しい試みが生んだ新たな利便性

インパネフロントシート

先代と同じくセンターメーターをもとに、左右対称のようなレイアウトとしている。樹脂パネルのシボの感覚も新しい。一見したところではなかなか質感が高いように見える。また、フロントサイドウインドウを前下がりとしたほか、三角窓の設定により前席からの視界がよくなった。

居住空間は、セレナに負けじとばかりに、先代に比べ、特に室内長の大幅な拡大が図られた。豊富な収納スペースは、先代よりもさらに上乗せされている。

また、現行ステップワゴンのような室内確認用ミラーが備わったほか、後席の開口部に子供向けのチャイルドグリップが設定されたが、サイズが小さすぎてわかりにくそうではある。

その他、3列目シートに設定された、世界初のワンタッチスペースアップシートの機構は秀逸。これで、ライバルも含め従来は実質的に女性ユーザーにとってあまり意味のなかった3列目シートの跳ね上げ機構がようやく現実的なものとなったといえる。

また、2列目シートはロングスライドとマルチ回転が可能であり、チャイルドケアモードを設定するなど、新たな試みも見られる。さらに、インテリジェントパーキングアシストやワイドビューフロントモニター&サイドモニターなど、トヨタ自慢の装備が設定されている点もアドバンテージだ。

ヴォクシーには、3列シートの8人乗りを基本に、7人乗りや、3列目シートをラゲッジスペースとした5人乗り「TRANS-X」の設定もある。

2列目シートメーターシートアレンジ収納ボックスマルチ回転

十分に確保された空間と期待に応える無骨なデザイン

インパネフロントシート

先に発売された4WD車と大差はなく、4WDのセレクトダイヤル部分が小物入れになっている程度。室内空間は十分に広く、余裕があって、最適化という印象である。ダッシュが高い位置にありながら、ウエストラインがわりと高めで、ウインドウはけっこう立っている。

インパネは機能ごとに分けて面を取り、インナードアパネルなども無骨な印象のデザインとなっている。エクステリアとの調和もよろしく、デリカD:5に期待されるテイストとなっている。こういうテイスト好きな人にはいいと思う。

助手席前のグローブボックスにはエアコン風を利用したボックスを設定。また、間接照明や、ロックフォード・フォズゲートのオーディオなど、デリカD:5独自の装備が光る。

2列目も大きいスポーティなシートが備わり、3列目もかなり後ろまで下げられるようになっている。

後席の居住スペースは十分で、乗り心地がいいところもアドバンテージだ。シートアレンジはいたってシンプルで、それほど変わったことやっているわけではない。昨今のライバルに比べると、シートアレンジのバリエーションとしては見劣りする感もあるが、実用上これだけできれば十分であろう。

他の2台に比べ、全幅の余裕がある分だけ、5ナンバーミニバンにありがちな、無理に室内幅を稼ぐような少々苦しいつくりにもなっていない。

サイドウインドウはほぼ直立している点は後述するセレナと同じで、元々余裕のあるサイズに加え、さらに居住スペースの確保の面で優位となっている。室内幅や室内長もさることながら、出来のよいプラットフォームの恩恵で、室内高についても、従来モデルに比べ100mmも拡大するなど、広い室内空間が確保されている。

ただし、ヴォクシーやセレナには設定のあるラゲッジアンダーボックスは、機構的に不可能なせいか、デリカD:5には備わらない。その他、撥水性と防汚機能を持たせたシート表皮や撥水ドアガラスなども設定されている。

2列目シートメーターシートアレンジセンターコンソール3列目シート

いまだにアドバンテージのある考えつくしたユーティリティ

インパネフロントシート

室内に乗り込むと、切り立ったウインドウの恩恵で、室内はかなり広く感じられる。これはヴォクシーが新型となってもなお、セレナの勝る部分といえる。

フラットなフロア、低いステップなども印象的。このプラットフォームというのは、日産の他のモデルを見てもスペースユーティリティ面で非常に有利な素性を持っているとあらためて感じられた。

乗降性もよく、すべてのシートの座面をあえて平らにするなどして、さらに乗り降りしやすくなっている。シートアレンジとの兼ね合いもあり、背もたれも低めに設定されている。操作しやすいシンプルで多彩なシートアレンジもセレナの武器である。

さらに、インカーホンなどの楽しい便利機能を備えるなど、使い勝手や楽しさがいっそう増している。

セレナで特徴的なのは、セカンドマルチセンターシートの存在だ。すでに他車にもある装備だが、ようやく前席のアームレストやテーブルとして使える場所までスライドできるようになった。

このアイデアはセレナで初めて本当の意味で陽の目を見たといえる。前席のガラス下端がかなり低く設定されているし、インストが低い位置にあり、ダッシュを横方向にえぐったほか、全体に丸みを帯びたデザインとするなどして、さらに開放感を演出している印象。

とにかくセレナは、各種ユーティリティに関しては考えつくしたという印象がある。今では見慣れた感もあるが、登場時には非常に大きなインパクトがあった。後発のヴォクシーが上回った面もあるが、今でもなおアドバンテージを感じさせるものがある。

2列目シート前席ガラスメーターシートアレンジ3列目シート

内装・装備の総評

もはやいずれも不満のない仕上がり。その中でも当然ながら、5ナンバー枠にしばられていないデリカD:5は、無理することなく広いスペースを確保している。ヴォクシーとセレナでは、ヴォクシーもずいぶん広くなったものの、セレナの広さと使い勝手はクラストップレベルであり、単純に広さや開放感を追求するのであれば、いまだセレナにアドバンテージがありそう。もちろんヴォクシーでも十分なレベルで、ワンタッチスペースアップシートやチャイルドケアモードなど、実質的な使い勝手に優れる。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴォクシー の関連記事

トヨタ ヴォクシーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴォクシー の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴォクシー の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/13~2017/12/13