autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 人気絶頂の実用派軽自動車、タント・スペーシア・N BOXを徹底比較 3ページ目

3台比較 2013/12/5 13:40

人気絶頂の実用派軽自動車、タント・スペーシア・N BOXを徹底比較(3/4)

人気絶頂の実用派軽自動車、タント・スペーシア・N BOXを徹底比較

ATレバーの操作性やメーターの視認性が優れシートアレンジも多彩。だから、使い勝手が良い

ダイハツ 新型タントダイハツ 新型タント

新型タントでは、ATレバーがインパネの下側に装着され、先代型に比べて操作性が向上した。メーターはサイズが大きく、インパネの最上部に装着されており視認性が良い。 インパネ周辺の質感も向上している。

フロントシートは、座面とバックレストのサイズを十分に確保。肩まわりのサポート性も優れている。 体が座面に少し沈んだところでしっかりと支えられ、座り心地も快適だ。リアシートは、床と座面の間隔は少なめだが、新型になって座面が柔軟になった。

足元の空間もかなり広い。 身長170cmの大人4名が乗車して、リアシートに座る同乗者の膝先空間は握りコブシ4つ分にも達する。VIPセダンのトヨタセンチュリーでも同様の測り方で握りコブシ3つ分だから、新型タントの前後方向の余裕は日本車の中でも最大級といえる。 前後席とも頭上にもタップリした余裕があり、大人4名が快適に乗車できる。

シートアレンジも多彩。リアシートは前後のスライドと折り畳みの操作が左右独立して行えるため、乗員の数や荷物の量に応じてレイアウトを調節しやすい。 リア側にチャイルドシートを装着した時は、前側にスライドさせると便利。運転席に座る親との距離が近づき、信号待ちの時などに親が子供のケアをしやすい。加えて車内の最後部には、ベビーカーなどを積める空間が確保される。

スライド機能が左右独立式だから、片側のみにチャイルドシートを装着した時は、もう一方を後端までスライドさせれば大人が座れる。 そしてリアシートは低い位置で畳まれるから、自転車を積むことも可能だ。助手席のバックレストを前方に倒せば、背面をテーブルとして使える。 荷室の広さとシートアレンジの機能は、外観と同じくミニバンに近い。

ダイハツ 新型タントダイハツ 新型タントダイハツ 新型タントダイハツ 新型タントダイハツ 新型タント

広い室内空間に多彩な収納設備。ターゲットは子育て世代のユーザー

スズキ スペーシアスズキ スペーシア

インパネ周辺のデザインはオーソドックスだが、造り込みはていねい。質感の不満は感じない。フロントシートはライバル2車と同様に十分なサイズが確保され、座り心地も良い。バックレストは腰を包むようにサポートしてくれる。

リアシートは、多彩なアレンジを可能にしながら座面の柔軟性もライバル2車に勝り、座り心地に配慮した。身長170cmの大人4名が乗車して、リア側に座る同乗者の膝先空間は握りコブシ3つ半。 ライバル2車ほど広くないが、実用的には十分な余裕がある。

シートアレンジの機能も優れ、左右独立してコンパクトに畳んだり、前後にスライドできる。乗車人数や荷物の量に応じた調節が出来る。 リアシートを畳んだ時には、自転車を積むことも可能だ。

注意したいのは、リアシートをコンパクトに畳むとフロントシートは後方へのスライド量が制限されてしまうこと。 身長が170cmを上まわるユーザーは、リアシートを畳んだ状態でフロントシートへ座って適切な運転姿勢が取れるか確かめて頂きたい。

スペーシアの特徴は、豊富に設けられた収納設備だ。助手席の前側には、(上から)アッパーボックス/トレイ/グローブボックスが備わる。 グローブボックスの内部にはボックスティッシュが収まり、トレイの上に設けられた小さな開口部からペーパーを取り出せる。

子育て世代のユーザーはボックスティッシュの置き場所にこだわるので、この機能が設けられた。 X以上のグレードであればフロントシートの頭上にも収納ボックスが備わり、この中にもボックスティッシュが収まる。 リアシートのサイドウィンドウにはサンシェードも装着され、子供の乗車に配慮した。

スズキ スペーシアスズキ スペーシアスズキ スペーシアスズキ スペーシアスズキ スペーシア

リアシートの座面を持ち上げる機能など、荷室の使い勝手に重点を置いて開発

ホンダ N BOXホンダ N BOX

インパネのデザインは機能的。ATレバーやエアコンのスイッチを高い位置に装着し、操作性の向上を図った。 エアコンスイッチの左端は少し遠く感じるが、操作に支障は生じない。質感は特に高くないが、不満も生じないだろう。 フロントシートは、ライバル2車と同じくベンチタイプを採用して、床と座面の間隔を十分に確保した。

座面の造りは少し硬いが、座り心地に違和感はない。 リアシートは座面も相応に柔軟で快適だ。足元の空間はタントと並んで日本車の中ではトップレベル。身長170cmの大人4名が乗車して、リア側の乗員の膝先には、握りコブシ4つ分の余裕がある。 頭上のスペースも広く、大人4名がゆったりと乗車できる。

N BOXで注意したいのはシートアレンジ。ライバル2車と違ってリアシートにスライド機能が備わらない。リア側にチャイルドシートを装着した時も前方に寄せられず、車内の最後部の荷室を拡大できない。

その代わり、フロントシートの下に燃料タンクを搭載するので、リアシートの座面を持ち上げると背の高い空間になる。子供が車内で着替えをしたり、スライドドアから荷物を積む時に便利だ。 リアシートをコンパクトに畳めば、自転車なども収まる。この機能はライバル2車と同じだが、N BOXは燃料タンクがフロントシートの下にあるため床が低い。路面と荷室床面の間隔は、N BOXが480mm、スペーシアが535mm、タントは595mmだ。自転車を積む時も、前輪を大きく持ち上げる必要はない。

このようにN BOXは、リアシートを畳んだ時の積載性を重視して開発されている。

ホンダ N BOXホンダ N BOXホンダ N BOXホンダ N BOXホンダ N BOX

内装・装備の総評

タントは左側の開口部を広く確保できるスライドドアを備え、現行型は助手席の上部に乗降グリップも装着。お年寄りの乗り降りにも配慮した。シートアレンジも多彩で、機能のバランスが優れている。スペーシアは、多彩なシートアレンジに加えて収納設備を豊富に設けた。ボックスティッシュの置き場所にこだわるなど、子育て世代のユーザーが便利に使える機能を充実させている。

N BOXはリアシートにスライド機能が備わらない代わりに、積載性が優れている。燃料タンクをフロントシートの下に設置したことで荷室の床が下がり、容量が大きい。

この3車種で注意したいのは、万が一衝突した際に荷物が暴れて危険性を持つ可能性があること。自転車などを積む時はベルトで固定したい。 本来であれば、荷室に荷物を固定するフックを設け、固定用の強度の高いベルトもオプションで用意すべきだが、実際にはそうなっていないのだ。これは、ユーザー側で注意する必要があるだろう。 スライドドアも子供が飛び出す危険が伴う。横開きのドアと違って前方が塞がれず、開放されるためだ。路上のコインパーキングに駐車した時など、特に注意して欲しい。

ダイハツ タント 関連ページ

スズキ スペーシア 関連ページ

ホンダ N-BOX 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ タント の関連記事

ダイハツ タントの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ タント の関連記事をもっと見る

ダイハツ タント の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/24~2017/10/24