autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ホンダ フィット・トヨタ アクア・日産 ノートを徹底比較 -燃費性能に優れた売れ筋コンパクトカー- 3ページ目

3台比較 2013/11/1 16:39

ホンダ フィット・トヨタ アクア・日産 ノートを徹底比較 -燃費性能に優れた売れ筋コンパクトカー-(3/4)

ホンダ フィット・トヨタ アクア・日産 ノートを徹底比較 -燃費性能に優れた売れ筋コンパクトカー-

内装の質感とリアシートの居住性を向上させて安全装備も充実

ホンダ フィット 1.5 ハイブリッド Fパッケージホンダ フィット 1.5 ハイブリッド Fパッケージ

フィットハイブリッドの内装は、新型になって質感が上がった。ただしインパネの右端に装着されたカップホルダーと、アッパーボックスは省かれている。エアコンのスイッチは高めの位置に備わり、使い勝手が良い。

ATレバーのデザインは個性的。握るというよりも指先で「つまむ」ことで操作する。シフトパターンはプリウスのような「逆L字型」。ほかのグレードと同じスライド式が馴染みやすい。

フロントシートはサイズに余裕を持たせ、体が少し沈んだところでしっかりと支える。バックレストの高さにも余裕があり、腰の張り出し方も適度だ。

リアシートは新型になって快適性が増した。前後席に座る乗員同士の間隔を80mm増して、リアシートの足元空間も広げている。身長170cmの大人4名が乗車して、リア側に座る同乗者の膝先空間は握りコブシ2つ半。頭上にもコブシ1つ弱の余裕がある。座面の奥行寸法も先代型に対して15mm拡大。膝の裏側まで支えられ、座面も柔軟になった。

燃料タンクをフロントシートの下に設置したので荷室は床が低い。容量に余裕があり、リアシートを畳めば全長が4m以下のコンパクトカーでは最大級になる。リアシートの座面を持ち上げると、背の高い荷物も積める。

装備では、赤外線レーザーを使った時速30km以下で作動する衝突回避の支援機能をオプション設定。サイド&カーテンエアバッグとセットにした「あんしんパッケージ」の価格は6万円。一般的な相場ではサイド&カーテンエアバッグだけで6万円前後になり、先代フィットや現行CR-Zでは8万4000円に達する。「あんしんパッケージ」は必ず付けたい。

ホンダ フィット 1.5 ハイブリッド Fパッケージホンダ フィット 1.5 ハイブリッド Fパッケージホンダ フィット 1.5 ハイブリッド Fパッケージホンダ フィット 1.5 ハイブリッド Fパッケージホンダ フィット 1.5 ハイブリッド Fパッケージ

内装もフロントシートを優先させてクーペ風の仕上げ

トヨタ アクア Sツーリングパッケージトヨタ アクア Sツーリングパッケージ

内装の見栄えは好みによって異なるが、インパネ表面の幾何学模様を施した仕上げなど、質感はいまひとつ。エアコンのスイッチは高めの位置に備わり、操作がしやすい。ATレバーもジグザグのパターンで、馴染みやすい印象だ。

フロントシートの座り心地はコンパクトカーの平均水準で、特に不満はない。座面やバックレストにも相応のボリューム感を持たせている。

リアシートは少々窮屈。天井が低く、フロントシートの着座位置が下がって後方に寄るため、リアシートの足元空間が狭まった。身長170cmの大人4名が乗車して、リア側に座る同乗者の膝先空間は握りコブシ1つ半。着座位置も低く、膝が持ち上がりやすい。フロントシートの下に足が収まりやすいのは良いが、頭上の余裕も含めて狭めになる。

リアシートの下側には駆動用電池などが収まり、座った瞬間には底突き感も生じる。もっとも着座中には、燃料タンクの存在はあまり意識させない。

天井が低めで、後ろに向けて下降させたから、荷室の容量も大きくはない。リアゲートの間口は狭めだ。リアシートのバックレストを前に倒すと荷室の面積を拡大できるが、広がった床には段差が生じる。

装備では、横滑り防止装置などはセットされるが、フィットハイブリッドのスマートキー、あるいはノートのインテリジェントキーに相当するスマートエントリーはオプション設定。ライトを自動的に点消灯させるコンライトと併せて5万3550円になる。

トヨタ アクア Sツーリングパッケージトヨタ アクア Sツーリングパッケージトヨタ アクア Sツーリングパッケージトヨタ アクア Sツーリングパッケージトヨタ アクア Sツーリングパッケージ

リアシートが広くアラウンドビューモニターも採用

日産 ノート 1.2 メダリスト日産 ノート 1.2 メダリスト

インパネ周辺の質感は、価格相応でコンパクトカーの平均水準。ただし試乗車のメダリストに標準装着、X・DIG-Sにオプション設定されるエアコンのフルオート機能が付くと、インパネの中央にはピアノブラック塗装が施されて質感が高まる。助手席に座ると中央部分だけが凝った印象に受け取られるが、運転席に座るとあまり違和感はない。

フロントシートはサイズが十分に確保され、少し沈んだ部分で支える。シート自体の造りは悪くないが、運転席の上下調節機能には注意したい。座面だけが動く簡易タイプだから、下げた時にはバックレストとの間に隙間ができる。今は軽自動車でもシート全体が上下する方式が主力だから、コンパクトカーでは不満が伴う。

リアシートは快適。ホイールベースが2600mm、全長が4100mmに達するので、身長170cmの大人4名が乗車してリア側に座る同乗者の膝先空間は握りコブシ3つ分。リアシートに座った乗員の足がフロントシートの下側に収まりやすく、ゆったりと座れる。頭上にもコブシ1つ分の余裕を持たせた。

リアシートの着座位置は少し低く腰が落ち込むが、座面の前側を持ち上げたから大腿部は離れにくい。座面のボリューム感は平均レベル。特に上質な座り心地ではないが、スペースが広いので快適に感じる。

荷室の容量はコンパクトカーの平均水準。全長に余裕があるので、奥行寸法は不足していない。

装備は最上級のメダリストになると充実する。ボディの4箇所にカメラを装着。その映像を合成させて、車両を上から見たように表示するアラウンドビューモニターが備わる。ルームミラーの内部に表示するが、カーナビを付けた時には大きな画面でチェックできる。

日産 ノート 1.2 メダリスト日産 ノート 1.2 メダリスト日産 ノート 1.2 メダリスト日産 ノート 1.2 メダリスト日産 ノート 1.2 メダリスト

内装・装備の総評

コンパクトカーは海外でも販売されているが、セダンやSUVに比べると国内の比率が40~50%と高い。そのために機能/装備/価格が海外の事情に左右されにくく、販売台数の多い低価格車になることから、国内の競争も相応に激しい。後から発売された車種は、ライバル車を視野に入れて商品力で差を付けようとする。

その結果、最も設計の新しいフィットは、内装の質を高めてリアシートの居住性も向上させた。荷室については従来型からボディサイズの割に容量が大きく、ざまざまな実用性でライバル車をリードする。低速域の衝突回避支援機能とサイド&カーテンエアバッグを6万円で設定したこともメリットだ。

ただしリアシートの居住性については、ボディとホイールベースの長いノートがトップ。4名乗車時の居住性を重視するユーザーにとって、ノートは魅力的なコンパクトカーになる。

アクアはフィットハイブリッドやノートに比べて全高を80mm低く抑えたから、リアシートと荷室が狭まった。前述のようにアクアは5ドアクーペ風のボディで、実用性よりも外観の見栄えと空気抵抗の軽減に力を入れている。

ホンダ フィット 関連ページ

トヨタ アクア 関連ページ

日産 ノート 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ フィット の関連記事

ホンダ フィットの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フィット の関連記事をもっと見る

ホンダ フィット の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/20~2017/10/20