autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 マツダ ビアンテ・日産 セレナ・ホンダ ステップワゴンを徹底比較 -ファミリーに人気の背高ミニバン- 2ページ目

3台比較 2013/8/13 11:43

マツダ ビアンテ・日産 セレナ・ホンダ ステップワゴンを徹底比較 -ファミリーに人気の背高ミニバン-(2/4)

マツダ ビアンテ・日産 セレナ・ホンダ ステップワゴンを徹底比較 -ファミリーに人気の背高ミニバン-

マイナーチェンジで実用回転域の駆動力が向上し、JC08モード燃費も14.8km/Lになってエコカー減税は免税

ビアンテのフロントマスクは、奇抜というか個性の強いデザインだ。背景にはビアンテがプラットフォームをアクセラと共通化しており、運転席のペダルを高くすることができない事情があった。着座位置も同様で、視界を確保するためにサイドウインドーの下端は低い。一方、天井に合わせてボンネットは高めになり、この段差を埋める意味も含めて、切れ上がったヘッドランプをボディサイドまで回り込ませている。

ボディサイズは、試乗車のグランツスカイアクティブを含めて全車共通。全長が4715mm、全幅が1770mmだから、2リッターエンジンを搭載するミドルサイズのミニバンでは少し大柄だ。セレナもエアロパーツを備えたハイウェイスターの全幅は1735mmだが、標準ボディは5ナンバーサイズに収まる。多分にイメージに左右されるが、ビアンテはひとまわり大きな印象を持たれやすい。

エンジンは以前は2.3リッターも用意したが、マイナーチェンジ後は直列4気筒の2リッターのみになる。先の項目で触れたように、エンジンはスカイアクティブG、ATは6速のスカアクティブドライブになり、動力性能と燃費の向上を図った。

最高出力は151馬力(6000回転)、最大トルクは19.4kg-m(4100回転)。変更前と比較すると、最大トルクの数値は同じ。最高出力は1馬力向上しただけだが、発生回転数は最高出力が200回転、最大トルクは400回転下がった。実用回転域の駆動力を高めている。

そしてJC08モード燃費は14.8km/L。変更前のアイドリングストップ装着車と比較しても2.4km/L向上した。この変更により、エコカー減税は免税になっている。

車内の広さを表現した、いかにもミニバンらしい外観デザインも高い人気を得ている秘訣だ

セレナはミニバンの最多販売車種。高い人気の背景には、広い室内や多彩なシートアレンジもあるが、ボディのサイズとスタイルも見逃せない。標準ボディは全長が4685mm、全幅が1695mmの5ナンバーサイズで、運転がしやすいイメージがある。

もっとも、試乗車はエアロパーツを備えたハイウェイスターG・Sハイブリッドで、全長は85mm長い4770mm、全幅は40mm広がって1735mmだ。ハイウェイスターは売れ筋グレードだから、多くのユーザーは3ナンバーサイズのセレナに乗っていることになる。

外観は全高が1700mmを超える背の高いミニバンの典型的なデザイン。フロントマスクに厚みがあり、ハイウェイスターはメッキグリルと相まってさらに存在感を強めた。サイドウインドーも広く、特に上下方向の寸法によって背の高さが強調されている。

この車内の広さを表現した外観も、セレナが人気を高めた要因だろう。ミニバンは軽自動車やコンパクトカーに比べて価格が高く、それらしい外観が必要。かつてのLサイズセダンに、堂々とした豪華な外観が求められたのと同じだ。

エンジンは直列4気筒の2リッターで、最高出力は147馬力(5600回転)、最大トルクは21.4kg-m(4400回転)。グレード名は「Sハイブリッド」とされ、モーター駆動の機能も併せ持つが、モーターの主な働きはアイドリングストップ後の再始動。なので最高出力も1.8kW(約2.5馬力)にとどまり、従来型フィットハイブリッドの駆動用モーターと比較しても18%程度になる。

それでもJC08モード燃費は15.2km/Lだから、取り上げた3車の中では最も優れ、エコカー減税も免税だ。

エアロパーツを装着したスパーダも5ナンバーサイズに収まって取りまわし性が良い

先代型のステップワゴンは、独自の低床設計によって床を低く抑え、全高もライバル車より60~90mm低い1770mmとした。十分な室内高を確保しながら、重心が下がって走行安定性が優れていたが、売れ行きは芳しくなかった。セレナの項目で触れた「ミニバンらしい外観」が希薄だったからだ。理屈では「低床設計を実現できたなら、天井も下げて低重心化した方がメリットが多い」となるが、ユーザーは「ミニバンらしくない」「広々感が乏しい」と受け取ってしまう。理屈では割り切れない。

そこで現行型は全高を45mm持ち上げて1815mmとした。セレナに比べると50~60mmは低いが、ウインドーの面積を拡大して広々感を表現している。その結果、売れ行きも伸びた。

試乗車はスパーダZ。エアロパーツを装着したグレードだが、全幅が1695mmに収まって5ナンバー車になる。全長も4690mmで標準ボディと同じ。運転のしやすさとスポーティーな外観を両立させた。

エンジンはライバル車と同様に直列4気筒の2リッターを搭載。最高出力は150馬力(6200回転)、最大トルクは19.7kg-m(4200回転)となる。アイドリングストップも装着され、JC08モード燃費は14.8km/L。スカイアクティブGを搭載したビアンテと同じ数値だ。

ただし車両重量がビアンテよりわずか10kg軽いために、平成27年度燃費基準における重量区分が異なる。ステップワゴンのエコカー減税は75%の減税で、免税にはなっていない。ステップワゴンの燃費性能が劣るのではなく、平成27年度燃費基準とエコカー減税の抱える矛盾により、減税率に差が生じた。

3車種ともにエアロパーツを備えたスポーティーグレードを取り上げた。ボディサイズは、ビアンテは標準ボディも含めて3ナンバー車。セレナは標準ボディは5ナンバー車で、エアロパーツを備えたハイウェイスターは3ナンバー車になる。そしてステップワゴンはボディタイプを問わず5ナンバー車に収めた。

この違いは外観の見栄えにも影響を与え、セレナハイウェイスターはボリューム感があり、ステップワゴンは軽快な印象を受ける。ビアンテはフロントマスクが個性的で存在感が強い。

ミニバンは子供の送迎などにも使われ、外観に対するニーズは保守的な面も併せ持つ。セレナハイウェイスターは、エアロパーツの装着でスポーティーな雰囲気を演出しながら、適度な抑制も利かせた。この絶妙なサジ加減も人気の理由だろう。

エンジンは3車種ともに直列4気筒の2リッターを搭載し、アイドリングストップも併用する。排気量に対してボディの重いミニバンは、平成27年度燃費基準との相性も良い。ビアンテとセレナはエコカー減税が免税、ステップワゴンも75%の減税になった。購入時の出費を安く抑えられることも、背の高いミニバンが人気を得た理由のひとつだ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ ビアンテ の関連記事

マツダ ビアンテの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ ビアンテ の関連記事をもっと見る

マツダ ビアンテ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/14~2017/12/14