autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 レクサス IS・BMW 3シリーズ・メルセデス・ベンツ Cクラスを徹底比較 -後輪駆動の高級ミドルサイズセダン- 4ページ目

3台比較 2013/7/22 14:30

レクサス IS・BMW 3シリーズ・メルセデス・ベンツ Cクラスを徹底比較 -後輪駆動の高級ミドルサイズセダン-(4/4)

レクサス IS・BMW 3シリーズ・メルセデス・ベンツ Cクラスを徹底比較 -後輪駆動の高級ミドルサイズセダン-

ハイブリッドの搭載で燃料消費量を節約しながら運転感覚でもレクサスの上質感を味わえる

レクサス IS Fスポーツレクサス IS Fスポーツ

2.5リッターエンジンがベースのハイブリッドは、ATが無段変速でもあるから加速感が滑らかだ。登坂路では4気筒エンジンのノイズが少し耳障りだが、モーター駆動の支援も強力。実用的には十分な動力性能を備える。

ボディ剛性は大幅に進歩した。レーザーを遠方から照射することで溶接打点の間隔を狭く抑える技術も取り入れ、構造用接着剤も活用。剛性を高めると同時にパフォーマンスダンパーのような役割も果たし、必要に応じた適度なねじれが許容されてしなやかさも併せ持つ。

運転感覚としては、後輪側の接地性が高く常に安心できる。この特徴を踏まえた上で、Fスポーツは曲がりやすさも追求した。操舵感は少し機敏だが、神経質な面はなくバランスが良い。挙動の変化が穏やかに進み、運転がしやすく、なおかつドライバーが「走って楽しい」と感じるだけの余裕も持てる。

乗り心地は、ノーマルサスペンションの18インチタイヤ装着車は、走行状況に応じて硬く感じる。16/17インチは、スポーティーなISの性格を考えると路面をつかむ力が足りない。その点、Fスポーツは電子制御式ショックアブソーバーを備え、通常の走行領域では減衰力を抑える。それでもセダンでは硬い部類だが、18インチタイヤを履いたスポーティーモデルとしては粗さがなくて満足できる。

走行安定性の実力を考えると、もう少しパワーが欲しい。とはいえV6の3.5リッターでは骨太すぎる。旧来の価値観なら高回転指向の3リッターだが、今の時代には合わない。ハイブリッドのほかに、4000回転を超えた領域の吹き上がりも活発な2リッタークラスのガソリンターボがあると良い。

現行型のISは、小さな舵角から正確に反応する操舵感など、運転感覚においてもレクサスの質の高さを味わえるようになった。

クリーンディーゼルターボなら3シリーズならではの運転の楽しさがさらに広がる

BMW 320d(クリーンディーゼル)BMW 320d(クリーンディーゼル)

マツダ アテンザのクリーンディーゼルターボにも当てはまる話だが、アクセルを軽く踏んだだけで駆動力が沸き上がる。ガソリンエンジンとは違う迫力が伴い、穏やかに走るハイブリッドのIS300hとは、対極に位置する存在だろう。

ディーゼルを知らない世代のドライバーが運転すると、カラカラしたノイズに驚くと思う。その一方で面白さも併せ持つ。豊かな駆動力を生かして1500回転以下を維持しながらシフトアップを繰り返したり、4000回転を超える領域まで使って猛々しい加速も体感できる。ノイズが大きい割に、回転感覚が滑らかなことも320dの特徴だ。

操舵感はダイレクトで機敏に回り込む。前輪の接地性が高く、いかにも重量配分の優れた後輪駆動車という印象だ。旋回状況によっては後輪の接地性が下がる場合もあるが、車両の動きが穏やかだから、むしろ運転の楽しさを盛り上げる。

正確性が高い半面、ラフな操作をすれば挙動に表われるが、そこはクルマの性格だ。先の項目で触れたように、3シリーズはドライバーに正確な着座姿勢を求める。運転感覚も含め、車両全体の整合性は取れている。

乗り心地は少し硬めだが、大きな段差を乗り越えても粗くならない。路面が滑らかなのか、細かなデコボコがあるのか、車両の置かれた状況が分かりやすいこともメリットだ。

良し悪しは好み次第だが、ドイツ車の几帳面なところが明確に表現されている。快適な移動のツールとして使うならISやCクラス、あるいはアウディ A4の方が馴染みやすいが、適度に緊張しながら走りたいドライバーには3シリーズが適するだろう。特に320dは先に触れたディーゼルの特性が楽しみの幅をさらに広げている。

ターボを装着した1.8リッターエンジンは扱いやすくリラックスして運転できる

メルセデス・ベンツ Cクラス ブルーエフィシェンシー アバンギャルドメルセデス・ベンツ Cクラス ブルーエフィシェンシー アバンギャルド

ターボを装着した1.8リッターエンジンは、幅広い回転域で十分な駆動力を発揮する。IS300hのようにモーターだけで走ったり、320dのような低回転域から沸き上がるような駆動力はないが、ごく普通にリラックスして扱えるエンジンだ。

試乗車は18インチタイヤを装着したアバンギャルドだから、操舵感は少し機敏だが、320dに比べると車両の向きの変わり方は穏やか。それでもコーナーに進入する前の減速で前輪側に荷重をかければ、旋回軌跡を拡大させにくい。後輪駆動の特徴も十分に感じ取れる。

少し気になったのが乗り心地。18インチタイヤを履いたライバル2車に比べて硬めの印象だ。大きなエンブレムを備えたアバンギャルドのフロントマスクと同様、「分かりやすいスポーツ指向」に振り過ぎている。もう少し足まわりを柔軟に伸縮させ、懐の深い乗り心地にして良いと思う。そこがBMWなどに対するメルセデス・ベンツの個性だろう。高速道路向けの設定だ。

それにしてもセダンの運転はやはり楽しい。「クルマに楽しさは求めない」ユーザーも増えているが、機能的には優れた走行安定性と正確な車両の動き、重厚感を伴った乗り心地が、運転の楽しさに結び付いている。

これは昔から継承されるセダンの価値だが、取り上げた3車のあり方はずいぶん変化してきた。ISは4気筒のハイブリッド、6気筒にこだわり続けたBMWの3シリーズは4気筒のディーゼルを搭載し、Cクラスはスポーティー指向を強めている。

高価格車でもあるから、購入する時には、イメージに捕らわれず入念に乗り比べたい。試乗ができて、レンタルも可能なセダンの総合ディーラーがあっても良いだろう。中身の濃いクルマだから、売り方にも工夫が必要だと思う。

レクサス IS 関連ページ

BMW 3シリーズ 関連ページ

メルセデス・ベンツ Cクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス IS の関連記事

レクサス ISの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス IS の関連記事をもっと見る

レクサス IS の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/20~2017/10/20

  • レクサス
    LS

    新車価格

    980万円1,680万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    440万円596万円

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円