autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 レクサス IS・BMW 3シリーズ・メルセデス・ベンツ Cクラスを徹底比較 -後輪駆動の高級ミドルサイズセダン- 3ページ目

3台比較 2013/7/22 14:30

レクサス IS・BMW 3シリーズ・メルセデス・ベンツ Cクラスを徹底比較 -後輪駆動の高級ミドルサイズセダン-(3/4)

レクサス IS・BMW 3シリーズ・メルセデス・ベンツ Cクラスを徹底比較 -後輪駆動の高級ミドルサイズセダン-

シートやメーターパネルはFスポーツ専用のデザインにして機能を向上させた

レクサス IS Fスポーツレクサス IS Fスポーツ

インパネのデザインは、外観と同様にスポーティーな雰囲気。ATレバーが収まるセンターコンソールは高めにデザインされ、後輪駆動車らしさを強調すると同時に引き締まり感も伴う。インパネはデコボコの多い造形で少し繁雑。質感もGSに比べると少し見劣りするが、レクサス車として不満のない範囲には収まる。

視認性と操作性はおおむね良いが、カーナビの画面は7インチサイズを確保するものの、ドライバーから少し距離が離れるために小さく感じる。メーターパネルはFスポーツの専用タイプ。スイッチを操作するとメーターリングが左右にスライドして、右側に寄せれば、左側の空間に各種の情報を表示することが可能だ。

シートも専用設計で、表皮と内側のパッドを一体成形している。そのために表皮とパッドの間でズレが生じにくく、サポート性を高めた。座り心地は硬めだが、底突き感はなく、肩の周辺までしっかりと支えるので着座姿勢も乱れにくい。

現行型はホイールベースの拡大に伴い、リアシートの足元空間を広げた。先代型はクーペ並みに狭かったが、現行型であれば大人4名の乗車も可能だ。

身長170cmの大人4名が乗車して、リアシートに座る同乗者の膝先空間は握りコブシ2つ分。相応の余裕を持たせたが、ライバル2車と同様に天井は低めだから、腰の落ち込んだ座り方になりやすい。リアシートに座る同乗者の足がフロントシートの下にもう少し収まりやすいと、さらに快適になる。

装備はカーナビから運転席&助手席の電動調節機能まで、高級セダンらしく充実させた。

レクサス IS Fスポーツレクサス IS Fスポーツレクサス IS Fスポーツレクサス IS Fスポーツレクサス IS Fスポーツ

着座姿勢をていねいに調節すると車両との一体感が得られて走りの気分も高まる

BMW 320d(クリーンディーゼル)BMW 320d(クリーンディーゼル)

インパネのデザインは、ほかのBMWとも共通する水平基調。メーターは大径で見やすく、エアコンスイッチの左端にも手が届きやすい。ATレバーは短く、手首を動かすように操作する。慣れるまでに少し時間を要する。

機能を優先させながら、質感に不満はない。ただし試乗車に装着されていた細かなデコボコのあるウッドパネルは好みが分かれそう。BMWの場合、内装やシートの素材、色彩を豊富にそろえてニーズに合わせて選べるが、カタログの表記を含めて内容が伝わりにくい。購入するなら慎重にチェックする必要がある。

フロントシートは、チルトステアリングの作動角度も含め、若干低めに座るタイプ。その上で座面の前側を適度に持ち上げて、バックレストを立て気味にすると着座姿勢が安定する。ハンドルのサイズも扱いやすく、脇を引き締めて握るとちょうど良い。内装全体のデザインにも引き締まり感があるので、視覚的に少し窮屈だが車両との一体感は得やすい。

リアシートはISと同様に腰が落ち込む。座面とバックレストは硬めで、日本のユーザーとしてはもう少しリラックス感覚が欲しい。座面の前方を大きく持ち上げたので、着座位置が低くても大腿部は浮き上がらないが、小柄な同乗者が座ると圧迫された感覚に陥りやすい。

身長170cmの大人4名が乗車して、リアシートに座る同乗者の膝先空間は握りコブシ2つ半。十分な余裕があり、なおかつフロントシートの下に足がスッポリと収まるから、足元が広く感じる。大人4名で移動する使い方にも適する。

装備は安全面からカーナビまで充実しており、満足度を高めた。

BMW 320d(クリーンディーゼル)BMW 320d(クリーンディーゼル)BMW 320d(クリーンディーゼル)BMW 320d(クリーンディーゼル)BMW 320d(クリーンディーゼル)

インパネのデザインは馴染みやすく取りまわし性が良いこともメリットだ

メルセデス・ベンツ Cクラス ブルーエフィシェンシー アバンギャルドメルセデス・ベンツ Cクラス ブルーエフィシェンシー アバンギャルド

メルセデス・ベンツの内装には保守的なイメージもあるが、アバンギャルドが中心になった今では、シルバーのメーターパネルを装着するなど新鮮味を感じさせる。

それでもインパネは水平基調のデザインで、操作性が良い。エアコンのスイッチは少し低い位置に備わるが、温度調節はダイヤル式だから手探りでも操作できる。メーターのサイズは比較的大きめだ。このあたりの基本的な造りは、オーソドックスでも馴染みやすく使いやすい。細部の仕上げもていねいで、質感も満足できる。

フロントシートは座り心地が適度に柔軟。シートのサイズは平均的だが、バックレストの下側や座面の後方は少し硬く造り込まれ、着座姿勢を安定させられる。

リアシートは、ライバル2車に比べて少し窮屈。腰が落ち込む姿勢になるのは同じだが、Cクラスの場合は大腿部のサポート性が少し甘い。もう少し座面の前方を持ち上げるか、体が座面に沈みやすくすると良い。身長170cmの大人4名が乗車した時の膝先空間も、握りコブシ2つ弱にとどまる。

加えてリアシートに座る同乗者の足がフロントシートの下に収まりにくいこともあってリラックス感覚が削がれた。次期型では、足元空間をもう少し広げるだろう。BMW 3シリーズ、あるいはアウディ A4などが、リアシートを快適に仕上げてきたからだ。

装備については、HDDナビ、メモリー機能を備えたフロントシートの電動調節など、十分な内容を備えている。

Cクラスはファミリーカーとしても使えるが、ライバル車に比べると、2名乗車に適したクルマという印象。その代わり、前述のとおり全幅は1800mmを下まわる。ホイールベースが短いこともあって最小回転半径は5.1mになり、取りまわし性の良さが特徴だ。

メルセデス・ベンツ Cクラス ブルーエフィシェンシー アバンギャルドメルセデス・ベンツ Cクラス ブルーエフィシェンシー アバンギャルドメルセデス・ベンツ Cクラス ブルーエフィシェンシー アバンギャルドメルセデス・ベンツ Cクラス ブルーエフィシェンシー アバンギャルドメルセデス・ベンツ Cクラス ブルーエフィシェンシー アバンギャルド

3車種ともに各ブランドのコンパクトセダンに位置付けられ、フロントシートは快適だが、リアシートはあまり広くない。4名乗車を妨げることはないが、ファミリーで使うなら居住性を確認しておきたい。

フロントシートの座り心地、インパネのデザインについては、IS300hと320dがスポーティーな雰囲気を感じさせる。Cクラスはリラックスできる造りで、内装にも各ブランドの持ち味が反映された。ISは現行型になって、3シリーズに近づいた印象を受ける。

選ぶ時の注意点として、リアシートの居住性以外に、取りまわし性も挙げられる。世界中の大半のセダンに通じる傾向なのだが、サイドウインドーの下端が高くなり、ボディ後端のピラー(ルーフを支える柱)も太くなった。その結果、側方と後方の視界が少なからず損なわれている。縦列駐車や車庫入れを試しておきたい。

Cクラスは先に触れたとおりリアシートが狭めだが、最小回転半径は5.1mに収まる。5.2mのIS、5.4mの320dと比較すれば、小回りの利きは良い。1800mm以下の全幅と相まって、2名以内で街中を走る使い方に適する。このように3車ともボディサイズは同程度だが、商品の特徴はそれぞれ異なっている。

レクサス IS 関連ページ

BMW 3シリーズ 関連ページ

メルセデス・ベンツ Cクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス IS の関連記事

レクサス ISの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス IS の関連記事をもっと見る

レクサス IS の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/18~2017/8/18

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円

  • レクサス
    CT

    新車価格

    366.2万円460.8万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    428万円582万円