autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 クラウンアスリートと3シリーズとフーガとのハイブリッドを徹底比較 -走りも燃費も満足な上級セダン- 4ページ目

3台比較 2013/6/5 10:00

クラウンアスリートと3シリーズとフーガとのハイブリッドを徹底比較 -走りも燃費も満足な上級セダン-(4/4)

クラウンアスリートと3シリーズとフーガとのハイブリッドを徹底比較 -走りも燃費も満足な上級セダン-

クラウンアスリートハイブリッドは燃費性能、動力性能、価格のバランスが優れ買い得感が強い

クラウンアスリートに直列4気筒のハイブリッドとなれば、走りの質を損なわないか心配だが、通常の走行では快適だ。ノイズが小さく、モーター駆動で発進してエンジンが始動した時を除けば、直列4気筒とは識別されにくい。アクセルを踏めば、強力なモーターが素早くエンジン駆動を支援して、滑らかに加速できる。

峠道を積極的に走ろうとアクセルを深く踏み込むと、直列4気筒のノイズが感じられて回転上昇も鋭さを欠くが、優れた燃費性能を考えれば許容範囲。「トヨタ車とは違う」と強調するレクサスIS300hでは同じハイブリッドでも評価が変わるが、クラウンアスリートのバランスは取れている。

操舵感は特に正確性は高くはないが、鈍さも感じない。試乗車は18インチタイヤ(ブリヂストン・ポテンザRE050A)の装着で乗り心地は硬めだが、コーナリング時の踏ん張り感は良好。それでも選ぶなら17インチだろう。

車両重量はノーマルの2.5Lエンジンを積んだ同グレードを90kg上まわる1660kg。直列4気筒だからハイブリッド化しても100kg以内に収まり、6%の増加率にとどまる。重量増加を抑えたことも、走りのバランスを高めた。

しかもJC08モード燃費が23.2km/Lで、ノーマルエンジンの2倍以上。減税額の違いまで加味すれば、4万km以内の走行で、アスリート2.5Sとの価格差を燃料代の違いで埋められる。この経済性は説得力が強い。

豪華さは薄れたが、環境&燃費性能の優れたLサイズセダンという新たな価値を備えた。トヨタの売れ筋Lサイズカーといえばミニバンのヴェルファイアだが、クラウンアスリートに乗り替えるとセダンの良さに気付くだろう。低重心で走行安定性が優れ、左右に振られにくいから乗り心地も快適。そこに燃費の良さが加われば、セダンへの代替えもしやすい。

アクティブハイブリッド3なら燃料代を気にせず迫力満点の加速性能を満喫できる

これがハイブリッドなの!?と驚いたのが加速性能。発進時はモーター駆動だが、力不足を感じさせず滑らかに速度を高める。エンジンが始動した後の巡航では、3リッターのターボとあって基本性能が高く、アクセルを少し踏み増せば必要な加速が得られる。この時の主役はエンジン。モーターも必要に応じて駆動力を支援するが、出しゃばらないのが印象的。

アクセルを深く踏み込めば、最高出力の発生回転(5800回転)を超える領域まで一気に吹き上がり、ダイナミックな加速感も楽しめる。

車両重量は1740kgで相応に重いが、入念に造り込んだボディは重さは意識させない。試乗車にはアダプティブMサスペンションと18インチタイヤ(ブリヂストン・ポテンザS001)が装着され、運転感覚をさらに軽快にしていた。ステアリングのギヤ比は可変式だが、幅広い速度域で機敏に向きを変える。それでも不用意に振られる挙動を抑え、危険回避を含めて様々な運転が安心して行える。

乗り心地は硬めだが、粗さはなく、アダプティブMサスペンションのモード選択に応じて快適に走れた。

他の3シリーズもそうなのだが、操舵に対する反応が正確で、街中を普通に走るだけでも楽しい。後輪駆動といえば大きな修正操舵を伴う「ドリフト」という見方も残るが、もはや古い。横滑り防止装置が働かない範囲で、滑らかに速く走らせるのが、熟成度を高めた今日のクルマのスポーティドライブだろう。アクティブハイブリッド3はそこに気付かせてくれる。

ただ価格は少し高く、何もオプションを付けずに699万円。性能を考えれば納得できるが、一般的な買い得グレードは470万円となるクリーンディーゼルターボの320dだ。アクティブハイブリッド3は直列6気筒の採用も含め、BMWファンに向けた仕様に位置付けられる。

フーガハイブリッドの粗削りな加速感は大胆なデザインの内外装にピッタリ合う

存在感の強い外観、「銀粉本木目」の内装・・・。フーガハイブリッドの運転感覚は、この内外装にピッタリ合う。V型6気筒らしい鼓動を伝え、アクセルを踏み込んだ時の反応も骨太で力強い。その一方で、市街地などの巡航ではタコメーターの針がストンと0回転まで下がり、68馬力のモーターながら十分な駆動力を発揮する。

モーター駆動の状態でアクセルを踏み込むと、一瞬の時間差を置いてエンジンが吹き上がる。エンジンの接続とシフトダウンにより、2組のクラッチが同時に作動するためだ。それでも4000回転を超えた領域の加速感は特に機敏で、時間差を簡単に取り戻せる。

走行安定性にも不満はないが、峠道では1860kgの車両重量を意識させる。ライバル2車よりも左右に振られやすく、「巨体に無理をさせているなぁ」と思う。

クラウンアスリートハイブリッドが街中を快適に、アクティブハイブリッド3が峠道をダイナミックに走るクルマだとすれば、フーガハイブリッドに似合うのは高速道路の巡航。「銀粉本木目」に囲まれていると気が大きくなって周囲のクルマを蹴散らしそうだが、そこは抑えねばならない。

この時に効果を発揮するのが、アクセルペダルをモーターで押し返す「エコペダル」だが、少し違和感が伴う。予想に反した動きをするからだ。ブレーキの踏力も同様。停車寸前にブレーキ力を緩め、前後方向の揺れを抑える操作がしにくい。もっとも運転している間に慣れてきた。

今回取り上げた3車種は、個性が明確に異なる。セダンはやはり楽しい。スペーシアとタントの性格も違うが、選び分けの基準は使い方だ。しかしセダンでは、ユーザーの考え方や性格までが反映されそう。「ライフスタイルの表現」といった話にとどまらず奥が深い。

トヨタ クラウンアスリート 関連ページ

BMW 3シリーズ 関連ページ

日産 フーガハイブリッド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ クラウンアスリート の関連記事

トヨタ クラウンアスリートの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ クラウンアスリート の関連記事をもっと見る

トヨタ クラウンアスリート の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23