autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 スペーシア・N BOX・タントを徹底比較 -居住性が優れ、燃費性能も優秀な人気抜群のハイルーフ軽自動車- 4ページ目

3台比較 2013/5/1 16:32

スペーシア・N BOX・タントを徹底比較 -居住性が優れ、燃費性能も優秀な人気抜群のハイルーフ軽自動車-(4/4)

スペーシア・N BOX・タントを徹底比較 -居住性が優れ、燃費性能も優秀な人気抜群のハイルーフ軽自動車-

スペーシアはボディが比較的軽いので動力性能に余裕があり高重心でも旋回軌跡を拡大しにくい

スペーシアは、全高が1700mmを超える軽自動車ではボディが軽い。850kgの車両重量は先代ワゴンRと同程度。排気量が660ccだから、試乗車のノーマルエンジンでは十分な動力性能とはいえないが、ライバル2車に比べると軽快に走る。登坂路を除けば著しい力不足は感じられず、エンジンノイズも気にならない。

操舵感はどうか。高重心の軽自動車は、走行安定性を確保するため、操舵に対する反応を鈍めに抑えて後輪の接地性を確保する傾向が強い。速度を少し高めて曲がろうとすれば、早々に旋回軌跡を拡大させる。要は安定させるために、曲がることを諦めてしまう。運転の難しい状態には陥りにくいが、操作ミスによって過剰な速度でコーナーに入ると、コースアウトする心配が伴う。

この点をスペーシアは上手に仕上げた。ボディは大きく傾いて不安を誘うが、比較的忠実に車両が内側を向く。動力性能、操舵感ともに、背の高さを意識させにくい。

注意したいのは乗り心地で、路面のデコボコを伝える。燃費性能の向上を目的に、転がり抵抗を抑えた14インチタイヤ(ブリヂストン・エナセーブEC300)を装着し、指定空気圧も280kPaと高いためだ。乗り心地はユーザーによって感じ方が異なるが、市街地の試乗で確認したい。

スペーシアは際立った特徴を持たないが、居住性、積載性、取りまわし性、さらに運転感覚まで、さまざまな機能をバランス良く仕上げた。子育て世代向けのクルマだが、平坦路を中心とした短距離移動用であれば、大人4名の乗車を目的に購入しても良い。

今後の課題は安全装備の充実。現時点では横滑り防止装置やサイド&カーテンエアバッグをオプションでも装着できない。走行安定性は優れた部類に入るので、安全装備でさらに安心感を高めて欲しい。

N BOXは運転感覚は少し鈍いが違和感を抑え、乗り心地はライバル2車に比べて重厚な印象

エンジンは実用回転域の駆動力が高く、最大トルクは6.6kg-m(3500回転)。素性は良いが、車両重量が950kgに達するので、動力性能には不満を感じる。割安なノーマルボディにもターボが用意されるので、登坂路の多い地域のユーザーは、試乗車を乗り比べて判断したい。

登場して約1年を経た2012年12月に改良を施し、ノーマルボディにもフロント側のスタビライザーを装着した。ボディの傾き方が制御され、ハンドルを切り込んだ時に、フラッと唐突に傾く不安感が解消されている。直進安定性も高まったが、操舵に対する反応は鈍めだ。スペーシアの項目で述べた曲がることを早々に諦めた設定になる。

乗り心地は3車の中では重厚な部類。14インチタイヤ(ヨコハマ・ブルーアースA34)の指定空気圧も220kPaで、極端に高くはない。スペーシアのような軽快感はないが、ユーザーによってはN BOXの乗車感覚に魅力を感じるだろう。

車両の全体的な雰囲気は、フリードなどのミニバンに近い。乗り心地は重厚で、外観も立派。後席は座面が短めな点は気になるが、足元空間は広く、畳めば大容量の荷室になる。

後席にスライド機能が付かないことは欠点だが、座面を持ち上げて背の高い荷物を積むことが可能。G・Lパッケージ以上のグレードを選べば、ライバル2車と違って後席のアームレストも装着される。最近はミニバンから背の高い軽自動車に代替えするケースが増えており、N BOXを選べば違和感は小さいと思う。

平坦な街中であれば4名乗車も快適で積載性は抜群。「軽自動車のミニバン」を求めるユーザーにピッタリだ。

タントの運転感覚は穏やかな印象で機能は子育て世代のユーザーにピッタリ

2007年の登場時点におけるエンジン性能は、最高出力が58馬力(7200回転)、最大トルクは6.6kg-m(4000回転)であった。それが2011年のマイナーチェンジで、52馬力(6800回転)/6.1kg-m(5200回転)に下がる。ミライースの技術でJC08モード燃費は25km/Lと優れた数値を達成したが、最大トルクは0.5kg-m減り、発生回転数は1200回転高まった。車両重量は930kgと重い。

そのために動力性能は不足気味で特に登坂路は辛い。ターボの力を借りたいが、最上級のカスタムRSのみだから、車両価格は163万円に達する。

操舵感も鈍い。カスタムRSを除くとスタビライザーが装着されず、危険回避を想定してハンドルを少し早めに切り込めば、唐突に傾く。旋回軌跡も拡大させやすく、ライバル2車に比べると走行性能は見劣りする。14インチタイヤ(ファルケン・シンセラSN831)の指定空気圧は240kPaと高めだが、乗り心地はさほど悪くない。

子育て世代向けの軽自動車という性格を明確に打ち出す。助手席側のドアは開口部が広く、シートアレンジも多彩で、助手席の背面はテーブルになり収納設備も豊富。

後発のN BOX、スペーシアは、いずれもタントを意識して開発された。ライバル2車の走行性能がタントに勝るのは、当然ともいえるだろう。

そしてタントは2013年中にフルモデルチェンジを受ける。スペーシアやN BOXを上まわるべく、最後の仕上げに取り掛かっている。3車種とも、互いに知恵を授け合いながら成長しているわけだ。ほかのジャンルにも当てはまる話だが、この3車は国内専売。ユーザーが絞られ、ライバル同士の競争は価格まで含めて濃密かつ熾烈になっている。

だからこそ、背の高い軽自動車ではサプライズを伴う優れた商品が生み出され、国内販売の主役になった。

スズキ スペーシア 関連ページ

ホンダ N-BOX 関連ページ

ダイハツ タント 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ スペーシア の関連記事

スズキ スペーシアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ スペーシア の関連記事をもっと見る

スズキ スペーシア の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26