autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 スペーシア・N BOX・タントを徹底比較 -居住性が優れ、燃費性能も優秀な人気抜群のハイルーフ軽自動車- 3ページ目

3台比較 2013/5/1 16:32

スペーシア・N BOX・タントを徹底比較 -居住性が優れ、燃費性能も優秀な人気抜群のハイルーフ軽自動車-(3/4)

スペーシア・N BOX・タントを徹底比較 -居住性が優れ、燃費性能も優秀な人気抜群のハイルーフ軽自動車-

シートアレンジが多彩で収納設備も多く後席の座り心地も快適でバランスが良い

インパネのデザインは平凡だが機能的。エアコンのスイッチは少し低いが操作性は良い。インパネ上端の高さを抑え、前方視界も良好だ。前席はベンチタイプでサイズは十分。座面は柔軟で座り心地も優れる。

後席は多彩なアレンジを可能とするが、シートとしての座り心地も良い。足元も広く、身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る同乗者の膝先空間は握りコブシ3つ少々。前後方向の余裕はトヨタセンチュリーを上まわる。頭上にも握りコブシ2つ半の空間があり、4名乗車時も快適だ。

後席は床面へ落とし込むように畳むと広い荷室になり、左右両方を畳めば自転車も積める。ただし、この状態では前席のスライド量が減り、身長170cm以上のドライバーが運転席に座ると、体がハンドルとペダルに近づく。

後席にはスライド機能も備わり、折り畳みを含めて左右独立式だ。左右独立式のスライド機能は便利。後席の左側にチャイルドシートを装着した時、前寄りにスライドさせると信号待ちの時などに親が子供のケアをしやく、その後部の空間に荷物も積める。一方、右側は後端まで寄せると、足元が広がって大人が座れる。

リアゲートを開いた時の路面から荷室床面までの高さは535mm。タントより60mm低く、N BOXよりは55mm高い。

収納設備も豊富。グローブボックスの内部にはボックスティッシュが収まり、その上部のトレイに設けられた小さな開口部からペーパーを取り出せる。

XとTには高い天井を生かしたオーバーヘッドコンソールも装着。ボックスティッシュが収まる容量を確保した。

このほかXとTには後席左右のウインドーにロールサンシェードを装着。子供に直射日光が当たるのを防げる。

車内の広さは軽乗用車では最大級、後席を畳んだ時の荷室容量もきわめて大きい

内装を見るとエアコンのスイッチは左側に張り出すが、比較的高い位置に装着されて操作はしやすい。カーナビの画面も見やすく、質感にも不満はない。

前席はサイズに余裕があり、座面やバックレストの造りを含めて座り心地はおおむね良い。ただし運転席の上下調節機能は装着できない。スペーシアXでは標準装着、タントもオプション設定されている。

後席は足元空間の広さに驚く。前席が遠く感じるほどだ。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る同乗者の膝先空間は握りコブシ4つ分。前後席に座る乗員同士の間隔も1150mmだから、軽自動車では最長になる。

ちなみにタントは1135mm、スペーシアは1025mm。N BOXの足元空間は「ムダに広い」ともいえるが、この広々感こそユーザーの購買意欲を高めるサプライズだ。

後席の着座位置も適度。柔軟性も相応にあるが、座面の前後長は少し短い。大腿部のサポート性を含めると、座り心地はスペーシアに少し劣る。

シートアレンジで注目なのは、後席の折り畳み機能。かなり低い位置に落とし込むように畳める。しかも燃料タンクを前席の下に搭載するから、荷室の床が低い。路面から荷室床面までは480mmで、3車の中では最も低床だ。一方、全高は一番高い1780mmなので、荷室の高さもタップリしている。自転車を積む時に前輪を大きく持ち上げる必要はなく、荷室高に余裕があって積み降ろししやすい。

また、燃料タンクが前席の下にあるので、後席の座面を持ち上げて車内の中央に広い空間を作れる。子供が着替える時などは便利だ。

注意したいのは後席にスライド機能が付かないこと。スペーシアの項目で述べた乗員の数と荷物の量に応じた融通は利かせにくい。収納設備に不足はないが、フタの付いたボックスは限られている。

助手席の背面をテーブルとして使えるなど、子育て世代向けの機能を充実させている

タントはメーターの配置が個性的。ライバル2車はハンドルの奥側に備わるが、タントはインパネ上部の中央に装着した。視認性は一長一短。視線がやや左に逸れるが、上下方向の移動は少ない。メーターとドライバーの間隔が離れるので、目の焦点移動も抑えられる。

ATレバーの形状も異なり、ハンドルの左側に備わる。見栄えは昔のコラムAT風だが、操作はしやすい。ATレバーが手前に張り出さず、左右方向の移動も容易。ドライバーが助手席から乗り降りする時に便利だ。

前席はライバル2車と同様のベンチタイプ。サイズに余裕があり、座り心地も満足できる。

後席は座面のボリューム感が乏しく、床との間隔も不足しており座り心地は良くない。開発者によれば「子育て世代向けの車種なので、チャイルドシートの装着を前提に開発した。スライドは左右独立式で、小さく畳める機能にも重点を置いた」とのこと。確かにチャイルドシートを付けるなら、座り心地は悪くても構わない。「後席を前寄りにスライドさせ、車内の最後部に子供用の自転車やベビーカーを積むことも想定した」と言う。

後席の座り心地が良くないので大人4名の乗車には適さないが、頭上や足元の空間はN BOX並みに広い。乗降時に後席を後端まで寄せれば、子供をチャイルドシートに座らせる作業もしやすい。

子育て世代という意味では、助手席のバックレストを水平になるまで前に倒すと、背面をテーブルとして使える機能も便利。

後席は床面へ落とし込むように小さく畳めるため、自転車なども積みやすい。収納設備も豊富。助手席の前側には、フタの付いたボックスを上下2段に配置した。メーターがインパネの中央部にあるため、ハンドルの奥側にもボックスが備わる。

N BOXは車内の広さが一番の特徴。後席に座ると足元の広さに驚き、ライバル2車に比べて荷室の床が低いから自転車も積みやすい。その半面、後席にスライド機能は付かず、収納ボックスも多くはない。

タントは開口部の広い左側のドアを含め、子育て世代向けの機能を充実させた。助手席のバックレストを前に倒すと背面がテーブルになり、収納設備も豊富。ただし、後席はチャイルドシートの装着を前提にして、座り心地は割り切った。

スペーシアはライバル2車を研究して開発され、多彩なシートアレンジに加えてボックスティッシュの収納に工夫が見られる。タントと同様のシートアレンジを可能にしながら、後席の座り心地が良いこともメリットだ。N BOXのような広々感はなく、タントのスライドドアのような突出した機能も備わらない。使い勝手のサプライズ、インパクトは弱いが、機能的なバランスは最も優れている。

今回取り上げた3車は乗降性に優れ、母親が幼い子供を連れて外出した時にもチャイルドシートに座らせる作業もしやすく、オヤツも食べやすい。多忙な子育て世代に向けた思いやり、愛情が満ち溢れていた。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ スペーシア の関連記事

スズキ スペーシアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ スペーシア の関連記事をもっと見る

スズキ スペーシア の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/15~2017/12/15