autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 プレミアムSUV 徹底比較 2ページ目

3台比較 2007/9/14 20:28

プレミアムSUV 徹底比較(2/4)

プレミアムSUV 徹底比較

より大きくスポーティに進化

フロントスタイルリアスタイル

全体のフォルムは、昨今のBMW車に共通する有機的な印象がある。それは、彫りが深く、つまんだようなサイドのラインや、フェンダーの膨らみなどに表現されている。

 また、フェンダーとバンパーを樹脂パネルとし、しかも一体としてパーティングラインを入れないなど、細かく見ていくと、非常に凝った処理がなされている点も興味深い。これらが上質感の演出に効いている。余談だが、今回の中で補助ミラーが付かないのはX5のみだ。

 それ以前に、新型X5は初代X5よりもかなりボディサイズが大きくなった。そのことは、このクルマをパッと目にした瞬間に如実に感じられる。車内に身を移せば居住空間の余裕の拡大として感じられるし、走らせれば、やはり大きなクルマを走らせている感覚となる。ただし、ハンドリングについてのデメリットはほとんど感じられない。

 SUVながらアクティブステアリングを採用したが、これは同機構の洗練が進んだこともさることながら、足まわりのチューニングへの自信の表れでもあるだろう。また、運転した際の感覚として、「これでもアクティブステアリングなのか?」と思ったほど、かつて見受けられた違和感は薄れた。

 ドッシリと据わった直進安定性があり、切り込んだときの初期の挙動から、深く舵角を与えたときのロールを感じさせないコーナリング姿勢にいたるまで、実にリニアでかつスポーティ。もちろんアクティブステアリングの恩恵で、取り回しは非常にラクである。

 乗り心地としては、やや固さを感じる領域もあるが、これはステアリングの切り始めには鋭敏さに合わせて、操舵力の重さと、サスペンションの沈み込みと減衰力が最適にマッチングされているからであろう。アクティブステアの初期の切り始めに、どうしても思った以上にヨーが大きめに発生してしまう領域があるが、それを抑えるべく、足まわりが固められている。結果としてグッドバランスだと思う。

 上級の4.8L V8エンジンは、特に中~高回転域でのスムーズ吹け上がりが印象的。排気量により恩恵で低回転でのパワフルで扱いやすさも光る。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

高級感あるルックスに相応しい走り

フロントスタイルリアスタイル

レンジローバーらしいスクエアなフォルムに、誰の目にも明らかな高級感を身につけている。2005年夏のマイナーチェンジで、フロントグリルをリニューアルするなどし、現在にいたる。

 かつてよりもめっきり数の増えた並み居るライバル車の中においても、歴代レンジローバーの中で、現行モデルは、より一層、際立って高級SUVとして感じられる。イギリス車らしく押し出し感を強調せず、しとやかに上品なイメージを放っているように感じられる。

 当初はBMW製であったが、ジャガー製となったエンジンと、ZF製となったATの組み合わせがもたらす動力性能は、十分なトルクとスムーズな走りを提供する。

 自然吸気の4.4L V8エンジン搭載モデルもラインアップするが、最上級の「スーパーチャージド」には、ジャガーの「R」系より譲り受けた4.2Lスーパーチャージドエンジンが与えられる。非常にスムーズかつパワフルな印象で、けっしてBMW製エンジンに劣ることなく、むしろPAGグループの意地を感じさせる仕上がりである。

 ありがちなスロットルの早開き制御などは行なっておらず、心地よく扱いやすいパワフルさを備えている。

 そして、フットワークがよい。スポーティな走りではないが、ソフトながらバネ上のグラつきのない足まわりと、ハンドルを切った際の極めて自然なロール感など、一般走行の領域で、オフロードを主体とした重視のオンのクルマとして、これほどオンロードを快適に走れ、これほどナチュラルに動くクルマは思い当たらない。

 誤解のないように述べるが、往年のレンジローバーは、足まわりがオフロード走行に特化し、非常にソフトでストロークを長く設定しており、それはそれでよかったのだが、反面、オンロードを走るには閉口する面も大きかった。しかし、現代のレンジは、乗用車ベースのSUVに比べても、劣る面を感じさせない仕上がりとなっている。

 ステアリングフィールは、センター付近をスローとして不意の挙動の乱れを抑える設定。それに加え、切り始めの微小舵角時から大舵角を与えた場合まで、非常にリニアな感覚をもたらす。

 結果、タイヤが耐えうる物理的限界の範囲内であれば、非常に自然に動くクルマに仕上がっているのだ。これには、たっぷり確保されたサスペンションストロークも効いており、それを最大限に生かすチューニングがなされているのだろう。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

奇をてらわないところが持ち味

フロントスタイルリアスタイル

全体に丸みを帯びたシルエットであり、奇をてらわないデザインとされているのがトゥアレグの持ち味だろう。それは上の2モデルに比べてもそうだし、プラットフォームを共有するポルシェ・カイエンや、アウディQ7と比べても当てはまる。

 2007年5月のマイナーチェンジでは、前後のデザインが変更されるとともに、新エンジンが与えられた。

 リーズナブルなV6(3.2L→3.6Lに排気量拡大)もあるが、こちらはV8エンジンを搭載。直噴化され、257kW(349ps)/440Nmというエンジンスペックに向上をはたした。これにパドルシフトの備わるティプトロニック付き電子制御6速ATが組み合わされる。こちらも適度な変速ショックとともに小気味よく瞬時にシフトチェンジ可能な設定となっている。

 ただし、VWとアウディ車に共通して見られる、アクセルペダル踏み始めのレスポンス遅れは見受けられる。流れに乗ってしまえばあまり気にならないが……。

 そして、このクルマの優れた点として、ボディ剛性の高さが挙げられる。ラダーフレームに近いシャシーを持つことで、フロア剛性が非常に高く確保されているようだ。その感覚は、運転していても感じ取ることができる。微妙なところだが、感覚的なボディのしっかり感は、今回の3台の中でもトップではないかと思えた。

 ブレンボ製のブレーキも素晴らしく、これだけの重量物を何の不安もなく制動させる。初期のタッチは過敏すぎるが、利いてからのコントロール性は随一だろう。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

デザイン・スペックの総評

もともと追求したキャラクターの異なる3台だが、結果的にオンロードにおける走行性能がいずれも非常に素晴らしい。北米市場はもとより、日本でも裕福なユーザーの多い首都圏を中心に数が売れているのもうなずける。トゥアレグはプレミアムSUVとしてのスタンダードといえるモデルであり、まさに質実剛健。スポーティに特化したのがBMWで、レンジローバーは走りにおいても高級路線を歩むといったところか。

BMW X5 関連ページ

ランドローバー レンジローバー 関連ページ

フォルクスワーゲン トゥアレグ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW X5 の関連記事

BMW X5の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW X5 の関連記事をもっと見る

BMW X5 の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/23~2017/10/23