autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ムーヴ・N ONE・up!人気のスモールカーを徹底比較 -新たな魅力が満載の小型車たち!- 4ページ目

3台比較 2013/2/3 08:30

ムーヴ・N ONE・up!人気のスモールカーを徹底比較 -新たな魅力が満載の小型車たち!-(4/4)

ムーヴ・N ONE・up!人気のスモールカーを徹底比較 -新たな魅力が満載の小型車たち!-

前後の足まわりにスタビライザーを備えて安定性を高め、背の高い軽自動車でありながら安心して運転できる

ダイハツ 新型ムーヴダイハツ 新型ムーヴ

従来型のムーヴも背の高い軽自動車として走行性能に不満は感じなかったが、マイナーチェンジで格段に進歩した。

最も注目されるのが走行安定性。全車の前後サスペンションにスタビライザーを装着し、ボディの傾きを抑えると同時に剛性も高めた。改良に基づく変化は時速30kmでも分かるが、特に差が付くのは、コーナリングやバイパスなどを走っている時だ。

コーナーではボディの傾き方が適度に抑制され、不安感はない。レーンチェンジも同様。左右方向の揺り返しが少なく、挙動の収まりが良い。バイパスなどの高速域では、路面にウネリのある場所を通過した時に違いを感じる。進路を乱されにくく、修正のためのハンドル操作も少ない。乗り心地は低速域で若干硬めだが、粗さはなく、軽自動車としては重厚だ。

このムーヴの走行安定性の改善は、スマートアシストの装着と意味は同じだろう。あらゆる走行シーンで、安心感と快適性を高めている。

かつての軽自動車は、さまざまな面でユーザーに我慢を強いたが、ムーヴのような背の高い軽自動車の登場により、居住性と積載性の不満は解消された。近年では内装の造りも向上し、今やコンパクトカーを超える水準に達した。

となれば最後の課題が安心感。ムーヴの場合で全高は全幅の約110%に達し、この縦横比は全高が1800mmを超えるセレナなどの5ナンバーミニバンに相当する。マイナーチェンジされたムーヴは、空間効率の優れたボディスタイルに基づく高重心の不利に取り組み、スマートアシストも加えてドライバーの不安を解消した。燃費性能も大幅に向上。

不安の解消と併せて、小さく軽い軽自動車のメリットも徹底追求されている。

内装の質感は軽自動車を上まわりターボモデルであれば低回転域から過給効果が発揮されて高速道路も快適

ホンダ N ONEホンダ N ONE

試乗したN ONEはターボを装着したプレミアムツアラーだ。ノーマルエンジン車は背の高い軽自動車では平均的な動力性能で、登坂路では少々力不足だが、ターボを備えれば不満は解消される。特にN ONEのターボは最大トルクを2600回転で発生。発進直後から十分な駆動力が発揮され、運転がしやすい。

走行安定性はどうか。スタビライザーを装着しないスタンダードのGとG・Lパッケージは、ハンドルを切り込んだ時に少し唐突にボディが傾く。この不安感がフロント側にスタビライザーを備えたプレミアムツアラーでは解消され、走りのバランスは良好。積極的に曲がると旋回軌跡を拡大しやすいが、後輪の接地性が高く、全幅の狭い軽自動車の不利を補っている。

乗り心地はムーヴより若干硬いが、不快感は抱かない。15インチタイヤを履いたプレミアムツアラーLパッケージに比べると、接地性と重厚感は少し下がるが、軽快でしなやかに感じる。

またN ONEの特徴として、今日の軽自動車では珍しく、ボンネットが少し見えることも挙げられる。ヘッドランプ部分の盛り上がりも視野に入り、車幅やボディ先端の位置が分かりやすい。取りまわし性が向上するだけでなく、セダンを運転しているような気分にさせる。

収納設備の数、リアシートの居住性なども実用的に十分だが、N ONEのキモは、内外装のデザインまで含めた「脱・軽自動車」の感覚だろう。ムーヴは居住性や収納性を追求しながら、サスペンションの改善、スマートアシストの採用で安心感を高めて軽自動車の枠を超えた。N ONEは同様のことを内外装のデザインや質感で行っている。

読者諸兄がディーラーでムーヴとN ONEを乗り比べると、アプローチは異なるものの、テーマには共通性があることに気付かれると思う。

内外装や快適装備をシンプルにしたことでVWが考える走りの本質が明確に表現されている

フォルクスワーゲン up!フォルクスワーゲン up!

up!の試乗車を運転すると、最初は加速感がギクシャクする。理由は5速AT。

シングルクラッチのASGは、ポロ以上の車種が採用するツインクラッチのDSGに比べて、変速に若干の時間を要する。その結果、変速時に速度の上昇が途切れ、前後方向の揺れが生じてしまう。これはup!の運転に不慣れなためで、穏やかに加速したり、変速時を見計らってアクセルを緩めれば、さほど不快感はない。マニュアル操作を行っても良い。

見方を変えれば、ASGの欠点を解消したのがDSG。ASGは低コストの機能とあって、相応の使い方も求められる。ユーザーになれば自然にコツを把握できるだろう。

920kgの車両重量に3気筒の1リッターエンジンだから、動力性能は大人しい。ノーマルエンジンの軽自動車よりは余裕があるが、登坂路では力不足を感じる。

up!で際立つのは走行安定性だ。コーナーではボディが相応に傾くが、操舵角度に応じてしっかりと回り込む。日本の軽自動車やコンパクトカーに比べて旋回軌跡を拡大させにくい。その代わり、危険回避時には少し後輪の横滑りを許すが、ボディが軽いのでコントロールは容易だ。低価格のup!は、上級車種に対してさまざまな機能を剥ぎ取った。その結果として残ったのが「これだけは譲れない」というVWの本質、走りの中核だ。

日本の軽自動車は、日本のユーザーの使い方を見据えて、便利で快適なクルマに成長した。燃費性能も優れ、今では安全性も高まっている。対するup!は、ドイツ車、VWとしての安全な移動に重点を置く。そこにあるのは優劣ではなく、対象とする市場の違いだ。

さまざまな機能を備える高価格車では違いが曖昧になるが、低価格車なら明確。市場性や国柄の違いを実感できることに、小さなクルマを選ぶ醍醐味がある。

ダイハツ ムーヴ 関連ページ

ホンダ N-ONE 関連ページ

フォルクスワーゲン up! 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ ムーヴ の関連記事

ダイハツ ムーヴの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ムーヴ の関連記事をもっと見る

ダイハツ ムーヴ の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20