autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ミニバンも顔負けの広さで人気急上昇!背の高いコンパクトカーの時代がやってきた 4ページ目

3台比較 2012/9/8 00:00

ミニバンも顔負けの広さで人気急上昇!背の高いコンパクトカーの時代がやってきた(4/4)

ミニバンも顔負けの広さで人気急上昇!背の高いコンパクトカーの時代がやってきた

背の高いコンパクトカーながら走行安定性は良好だが1.3リッターエンジンは動力性能が不足気味だ

トヨタ ポルテトヨタ ポルテ

ポルテとスペイドの車両重量は1100kgに達するので、試乗車のポルテ1.3Xが搭載する1.3リッターエンジンは、幅広い回転域にわたって動力性能が不足する。登坂路ではアクセルを深く踏み込み、エンジンノイズも高まりやすい。

走行安定性は、高重心のボディでありながら良好。コーナリング時には、後輪の接地性を十分に確保しながら、自然に曲がる感覚で運転がしやすい。

ただし1.3Xは乗り心地が硬めだ。装着されるタイヤは14インチのグッドイヤー・デュラグリップ(185/70R14)。燃費性能を高める目的で転がり抵抗を抑え、指定空気圧が240kPaと高いことなどが災いした。

ポルテ1.3Xの車両価格は155万円。1.5Xよりも4万円安く、前述のようにアイドリングストップも標準装着する。1.5Xと比較すると、排気量が200cc下まわるだけで実質的に9万円安い。相応に買い得だが、動力性能、エンジンノイズ、乗り心地では不利。JC08モード燃費も1.5リッターのアイドリングストップ装着車に比べて1km/L劣る。シートアレンジも単純化されるので、選択しにくいグレードとなった。

価格の安さを重視するなら1.3Xも選ぶ余地はあるが、自然な運転感覚とシートアレンジの多用途性などを踏まえれば、ポルテの本命は1.5リッターモデル。実用装備を充実させて価格を割安に抑えたのはYとFだが、充実した装備を求めるなら、Gを選んでも割高ではない。

なお、ポルテのフロントマスクはスペイドに比べて柔和な印象。ファミリーカーとしての快適性と使い勝手を高めた車両のコンセプトにピッタリと合う。

1.5リッターエンジンは車両重量とのバランスが優れ1.5Gであればシートアレンジが豊富で装備も充実

トヨタ スペイドトヨタ スペイド

スペイドの試乗車は、1.5リッターエンジンを搭載する1.5G。車両重量と動力性能のバランスが優れている。無段変速ATのCVTも設計が新しく、燃費の向上と併せて運転感覚は上質だ。アクセル操作に対する加減速が忠実に行われ、運転がしやすい。

ただし、最大トルクが4800回転と高めの領域で発生するため、4200回転付近から速度の伸びが活発化する。3000~3500回転で最大トルクの上昇が伸び悩む面もあり、若干扱いにくい。CVTの作動が上質だから、エンジンの特性が車両の動きに反映されやすい面もある。最大トルクが4000回転以下で発生する設定に改めると、さらに運転がしやすくなるだろう。

1.5Gに装着されるタイヤは、15インチのダンロップ・SPファーストレスポンス(175/65R15)。YとFに装着される同サイズのダンロップのエナセーブEC300に比べると、コーナリング時のグリップ性能が高い。後輪を踏ん張らせた上で良く曲がり、ポルテとスペイドの中では、走行安定性が最も優れたグレードになる。

乗り心地はダンロップのエナセーブEC300に比べると硬めだが、重厚感が伴って粗さは感じない。14インチタイヤを履いた1.3Xに比べると、指定空気圧が230kPaと少し下がることもあり、乗り心地、走行安定性ともに上まわる。

使い勝手では、リアシートの座面を持ち上げる機能が備わり、シートアレンジも多彩だ。買い得なグレードはYとFだが、Gも10万円の価格上昇で13万円相当の装備が加わる。外観の造形バランスで選ぶならフロントマスクの柔和なポルテだが、ユーザーの好み、あるいはディーラーとの付き合いに応じてスペイドを選んでも良い。

車幅の狭い高重心のコンパクトカーながら走行安定性は満足できて合理的なクルマに仕上げた

スズキ ソリオバンディットスズキ ソリオバンディット

エンジンは1.2リッターで車両重量は1050kg(アイドリングストップ装着車)だから、動力性能はコンパクトカーの平均水準。スペイド1.5Gに比べると力不足だが、ポルテ1.3Xよりは若干の余裕を感じる。エンジンノイズも抑えられ、市街地走行では不都合はない。

全幅が1620mm、全高が1765mmという高重心のボディながら、走行安定性も良好。後輪を徹底的に安定させた性格ではないが、挙動の変化が穏やかで扱いやすく、操舵に対する反応も鈍くない。高重心でもしっかりと曲がる。スイフトに通じる素性の良い運転感覚だ。

乗り心地は時速50km以下では硬めだ。タイヤはヨコハマのDNAアース1(165/60R15)で、指定空気圧も260kPaと高い。燃費向上のためにタイヤの転がり抵抗を抑えたので、乗り心地に皺寄せがきた。それでも粗さはなく許容範囲に収まる。走行安定性と乗り心地では不利な条件の多いクルマだが、走りのバランスを巧みに煮詰めた。

全長と全幅を抑えながら、天井を高くすることで、4名乗車時の居住性も良好。荷室も広くて使いやすい。スライドドアの開口幅が狭い点は要確認だが、取りまわし性を含めて合理的なコンパクトカーだ。内装は上質で装備も充実するから、価格は高めだが割高ではない。

個性的な外観と、ほかの車種とは違う使い勝手を求めるならポルテとスペイド。実用性と運転のしやすさなら、ソリオバンディットという選択だ。

この3車の登場により、ミニバンなどの上級車種から小さなクルマに代替えするユーザーは、従来以上に増える。いよいよ軽自動車とコンパクトカーの時代が本格化する。日本の道路環境と今の経済状況を考えれば当然の成り行きで、ユーザーの受けるメリットも大きい。

トヨタ ポルテ 関連ページ

トヨタ スペイド 関連ページ

スズキ ソリオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ポルテ の関連記事

トヨタ ポルテの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ポルテ の関連記事をもっと見る

トヨタ ポルテ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/19~2017/8/19