autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ミニバンも顔負けの広さで人気急上昇!背の高いコンパクトカーの時代がやってきた 3ページ目

3台比較 2012/9/8 00:00

ミニバンも顔負けの広さで人気急上昇!背の高いコンパクトカーの時代がやってきた(3/4)

ミニバンも顔負けの広さで人気急上昇!背の高いコンパクトカーの時代がやってきた

全長を4m以内に抑えながら天井を高めることで大人4名が快適に乗車できる居住空間を得た

トヨタ ポルテトヨタ ポルテ

ポルテは外観と同様、インパネのデザインも個性的。丸型のメーターはインパネの最上部に装着され、視認性が優れている。中央に対して少し右寄りに備わるので、視線の移動が少ない。ただしインパネ上面の位置が少し高く、小柄なドライバーは前方の視界に注意したい。

フロントシートはサイズを十分に確保。バックレストは腰を包む形状で、座面にも相応のボリューム感がある。コンパクトカーのシートとしては座り心地が良い。全高が1690mmに達するので、頭上にも十分な余裕がある。

リアシートの足元空間は、2600mmのホイールベースと相まって、コンパクトカーではかなり広い。身長170cmの大人4名が乗車して、リアシートに座る同乗者の膝先には握りコブシ3つ半の余裕がある。ゆったりと足を組めるほど広く、頭上も余裕タップリだ。

着座位置も適度で、座面にも柔軟性があって座り心地は快適。コンパクトカーでありながら、大人4名が乗車して長距離を快適に移動できる。

荷室は奥行寸法は平均的だが、かなり深く彫り込まれており、天井も高いので容量は十分に確保される。

ポルテの試乗車は1.3Xだから、シートアレンジは単純。リアシートの座面を持ち上げる機能はなく、バックレストを左右一体式で前に倒すだけ。上級グレードを含めて、バックレストの前倒しに応じて座面を下げる機能はなく、畳んだリアシートと荷室床面の間には段差ができる。

装備はマニュアルエアコン、サイドターンランプ付きの電動格納式ドアミラー、UVカットガラスなどは標準装着され、コンパクトカーとして実用面での不満はない。

トヨタ ポルテトヨタ ポルテトヨタ ポルテトヨタ ポルテトヨタ ポルテ

1.5リッターエンジンを積んだ1.5Gになると広い室内空間を有効に活用できるシートアレンジも充実

トヨタ スペイドトヨタ スペイド

インパネのデザイン、前後シートの居住性などはポルテと同じ。スペイドでは、使い勝手やシートアレンジを中心に述べてみたい。

左側には1枚のスライドドアが備わるが、1020mmの開口幅があり、路面と床の間隔は300mmと低い。助手席の乗降性が良く、後方にスライドさせれば、体を捩らずに助手席に乗り込める。お年寄りにも優しい設計だ。

しかし、リアシートの乗降性はいま一歩。右側はリアシート用のスイングドアで普通に乗り降りできるが、左側は助手席を前に寄せないと体が通りにくい。助手席は衝突安全に対応した強固な造りだから、スライド操作には少し体力を要する。購入するなら確認したい。

ユニークなのは、助手席のバックレストが水平になるまで前方に倒れ、前寄りにスライドさせると、右側のリアシートの足元空間を広く取れること。グローブボックスを省いて助手席の前側の高い位置に収納ボックスを設け、下側には大きなくぼみを作った。畳んだ助手席を前方に大きくスライドできる。

この状態であれば、リア側に装着したチャイルドシートに子供を座らせる作業もしやすい。畳んだ助手席は背面をテーブルとしても使えるから、子供とオヤツを食べたりする時も便利だ。

そして1.3/1.5Xに装着されないシートアレンジとして、リアシートのバックレストを左右独立して倒したり、座面を持ち上げることができる。座面を持ち上げるとフロントシートの後部が広い荷室になり、スライドドアから自転車のような大きな荷物を積むことも可能だ。

なお、1.5Gは最上級グレードとあって、エアコンのオート機能やスーパーUVカットガラスなども装着される。

トヨタ スペイドトヨタ スペイドトヨタ スペイドトヨタ スペイドトヨタ スペイド

コンパクトなボディに広い室内空間を備えシートアレンジや装備も充実している

スズキ ソリオバンディットスズキ ソリオバンディット

1.2リッターエンジンを搭載するコンパクトカーながら、内装の造りはスイフトなどと同様に上質だ。特にバンディットのインパネには、光沢のあるピアノブラックのパネルが装着され、質感をミドルサイズミニバン並みに高めた。

ボディはコンパクトでもフロントシートの座り心地は快適。サイズに余裕を持たせ、バックレストは腰の当たる部分を少し硬めに仕上げた。

リアシートには165mmのスライド機能が備わり、後端まで寄せると足元の空間は大幅に広がる。身長170cmの大人4名が乗車して、リアシートに座った同乗者の膝先空間は握りコブシ4つ弱。最近のコンパクトカーは空間効率が高いが、ソリオバンディットは最高水準だ。リアシートの座面は少しソフトで腰が落ち込むが、座り心地に不満を感じることはない。

シートアレンジも実用的。リアシートには前述のように左右分割式のスライド機能が備わり、バックレストを前に倒すと座面も連動して下降。フラットで広い荷室にアレンジできる。助手席の前側には上下2段に収納ボックスを装着し、小物類の整理もしやすい。

リアシート用のスライドドアは開口幅が580mm。少し狭めになるので乗降性を確認したい。路面と床の間隔は365mmだから、ポルテやスペイドよりは65mmほど高い。

装備は充実しており、左側のスライドドアには電動開閉機能を装着。サイドエアバッグ、エアコンのフルオート機能、ディスチャージヘッドランプなども備わる。1.2リッターエンジンを積んだコンパクトカーでは価格は高めだが、割高な印象は受けない。

スズキ ソリオバンディットスズキ ソリオバンディットスズキ ソリオバンディットスズキ ソリオバンディットスズキ ソリオバンディット

内装・装備の総評

ポルテとスペイドは、左側の電動スライドドアに特徴がある。低床なため助手席の乗降性は良いが、リアシートの出入りはしにくい。リアシートの座面を持ち上げて、車内の中央に荷物を積む機能と相まって効果を発揮する。

となれば、リアシートの座面を持ち上げられない1.3/1.5Xでは価値が半減。選ぶなら1.5リッターのY/F/Gになる。

この内、Yはフロントシートがベンチ、Fはセパレートだ。YとFについては、シート以外の装備は共通で価格も同額。ベンチはゆったりと座れて快適だが、シートアレンジの使い勝手や車内の移動性を考えると、セパレートのFか上級のGを推奨したい。

ソリオバンディットは空間効率が抜群に高い。ボディはコンパクトでも4名乗車時の居住性が快適で、内装は上質。ポルテやスペイドと違って車内の中央を荷室にする機能はなく、スライドドアの開口幅も狭めだが、リアシートにはスライド機能を装着。畳めばフラットな荷室になる。

スペース指向のコンパクトカーとして王道を行く使い勝手を発揮するため、幅広いユーザーが馴染みやすいだろう。小さなボディに高機能を凝縮したのがソリオバンディットだ。

トヨタ ポルテ 関連ページ

トヨタ スペイド 関連ページ

スズキ ソリオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ポルテ の関連記事

トヨタ ポルテの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ポルテ の関連記事をもっと見る

トヨタ ポルテ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/18~2017/8/18