autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 エコの時代を生きるクルマ好きの父親なら、先進の環境技術を備えたLサイズモデルで決めたい 3ページ目

3台比較 2012/5/30 19:04

エコの時代を生きるクルマ好きの父親なら、先進の環境技術を備えたLサイズモデルで決めたい(3/4)

エコの時代を生きるクルマ好きの父親なら、先進の環境技術を備えたLサイズモデルで決めたい

車内は開放的だが内装のデザインはスポーティで荷室には3列目のシートも備わり多人数乗車も可能

フォードエクスプローラーXLTエコブーストフォードエクスプローラーXLTエコブースト

外観はアメリカンSUVの典型といえる大胆なデザインだが、インパネはスポーティで緻密に仕上げた。

質感が高く、メーターの表示機能も充実する。速度計の左側には、エンジンの回転数や燃料の消費量を示すことが可能。インパネ中央のモニター画面はタッチパネル式で、空調、オーディオ、ハンズフリー携帯電話の操作などが行える。室内幅には余裕があるが、スイッチ類の配置は適度。大きく手を伸ばして操作する必要はない。

シートは本革仕様が標準装着される。フロント側はサイズを十分に確保して、バックレストの下側は腰を包む形状。バックレストの張り出しを調節するランバーサポートも備わり、運転席は電動式だ。座面の前方は少し硬めに仕上げられ、しっかりと腰が収まる。

2列目のシートもサイズに不足はなく、床と座面の間隔も適度。2列目に座る同乗者の足がフロントシートの下に収まるから、着座姿勢の自由度が大きい。

3列目は2列目に比べてサイズが小さめ。膝の持ち上がる座り方だが、大柄なSUVとあって大人が着座できる。座面の柔軟性は十分に確保され、座り心地に不満はない。

オデッセイなど、背の低いミニバンの3列目と同等の居住性が備わる。装備は充実しており、横滑り防止装置やサイド&カーテンエアバッグは標準装着。フロントサイドビューカメラも安全性の向上に役立つ。インパネの右端にモニター画面を設置して、ボディの前側、死角が大きな右側の前輪付近を表示する機能だ。

このほか、インパネ中央部のモニターには、後退時に後方の様子を映し出すこともできる。

フォードエクスプローラーXLTエコブーストフォードエクスプローラーXLTエコブーストフォードエクスプローラーXLTエコブーストフォードエクスプローラーXLTエコブーストフォードエクスプローラーXLTエコブースト

内装はGSなどのセダンと同じレベルに仕上げ各種の安全&快適装備も数多くそろえている

レクサス RX450hレクサス RX450h

レクサスRXは、SUVでありながら内装はセダンのGSなどと同様の仕上がりだ。メーターはアナログ表示ながらも自発光式を採用し、クッキリと見やすい。速度計の左側にはハイブリッドシステムインジケーターが装着され、燃料消費量を抑える走り方をしている時は、インジケーターの針も「ECO」エリアを示す。アクセルを踏み込めば「POWER」に振れ、アクセルを離してブレーキを踏めば「CHARGE」エリアに入る。この時には駆動用モーターが発電機として機能し、減速エネルギーを電気に変換してニッケル水素電池に蓄えているわけだ。この電気はモーター駆動のために再利用できる。

インパネの中央部のデザインは立体的。最上部にはカーナビ情報などを表示するモニター画面が備わり、下側には空調スイッチとATレバーがある。この手前にはカーナビのスイッチ。パソコンのマウスのように扱える。

フロントシートはサイズを十分に確保して、バックレストの下側は少し硬めに仕上げた。座面のボリューム感も十分にあるから長距離移動でも疲れにくい。

リヤシートはノーマルエンジン搭載車では床と座面の間隔が不足するが、ハイブリッドの450hでは、専用電池の搭載に伴って着座位置が20mmほど持ち上がった。頭上の空間にも不足はなく、日本のユーザーの体格には450hの着座姿勢が合っている。

各種の安全&快適装備は充実しており、オプションでは車間距離が自動調節されるレーダークルーズコントロールと、衝突不可避の時に自動ブレーキを作動させるプリクラッシュセーフティシステムも用意される。オプション価格は14.7万円と安いので、必ず装着しておきたい。

レクサス RX450hレクサス RX450hレクサス RX450hレクサス RX450hレクサス RX450h

室内空間は上質で国産ミニバンでは最大級の広さを持ち同乗者が快適に移動できる装備も豊富に備わる

トヨタ アルファードハイブリッドトヨタ アルファードハイブリッド

アルファードは国内向けとあって、内装はクラウンに通じる雰囲気。インパネの仕上げは上質で、木目調やシルバーのパネルを効果的に配置した。メーターはハイブリッド専用タイプ。速度計の左側には、レクサスRX450hと同様の「CHARGE/ECO/POWER」の3エリアに区分されたメーターが備わる。針が「ECO」のエリアにあれば環境性能の優れた運転を示し、ブレーキング時には「CHARGE」に入って充電が行われていることが分かる。

フロントシートの中央にはハイブリッド用の電池が収まり、車内後方への移動は難しいが、座り心地は柔らかめで快適だ。体の沈み込みは大きいが、しっかりと支えるので着座姿勢は乱れにくい。

試乗したハイブリッドGの場合、2列目にはセパレートタイプのリラックスキャプテンシートが備わる。座面の下側からオットマンが持ち上がり、ふくらはぎをサポートする。オットマン付きのシートで注意したいのは、着座姿勢を安定させるため、ノーマルシートに比べて座面の前方が大きく持ち上がること。アルファードも、小柄な同乗者が座ると膝の裏側を少し押された感覚になる。

シートのサイズは十分に確保され、頭上や足元の空間も広い。3列目はミニバンの中でも特に快適な部類に入る。足元空間が広く、床と座面の間隔が少し不足するものの、足を伸ばせるから窮屈には感じない。大人6名が長距離を快適に移動できる。

装備は充実しており、メーカーオプションのカーナビにはリヤシートエンターテイメントシステムも設定。天井からリヤシート用の9インチディスプレイがせり出し、TVやDVDソフトなどを観賞できる。

トヨタ アルファードハイブリッドトヨタ アルファードハイブリッドトヨタ アルファードハイブリッドトヨタ アルファードハイブリッドトヨタ アルファードハイブリッド

内装・装備の総評

3車とも上級指向とあって、内装は上質だ。エクスプローラーはインパネなどをスポーティに仕上げ、シートは本革。3列目も備わり、7人乗りのミニバンとしても使える。新鮮味のあるデザインと相まって、SUVでありながら幅広い用途に対応させた。

RX450hは、外観のデザインと同様、背の高いレクサスのワゴンという雰囲気。内装を上質に仕上げ、大人4名が乗車して快適に移動できる。

アルファードハイブリッドは、Lサイズミニバンの代表車種らしく、3列目でも1/2列目と同等の居住性が得られる。多人数で乗車して長距離ドライブを楽しめる。3列目を左右に跳ね上げれば、自転車などの大きな荷物を積むことも可能。「大勢乗せてたくさん積む」という実用性を押さえた上で、各種の装備を充実させた。

実家の両親を同乗させてドライブに出かけるといった使い方なら、アルファードハイブリッドがベスト。4名乗車のための上質な空間を求めるならRX450h。そして野生的なSUVらしい雰囲気と新鮮味のある外観、さらに7人乗りの実用性と、多角的な魅力を備えるのがエクスプローラーになる。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォード エクスプローラー の関連記事

フォード エクスプローラーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォード エクスプローラー の関連記事をもっと見る

フォード エクスプローラー の関連ニュース