autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 エコの時代を生きるクルマ好きの父親なら、先進の環境技術を備えたLサイズモデルで決めたい

3台比較 2012/5/30 19:04

エコの時代を生きるクルマ好きの父親なら、先進の環境技術を備えたLサイズモデルで決めたい(1/4)

エコの時代を生きるクルマ好きの父親なら、先進の環境技術を備えたLサイズモデルで決めたい

エコロジーと趣味性が大切なクルマ好きのニーズを両立させたのが環境性能の優れたSUVとミニバンだ

エコの時代を生きるクルマ好きの父親なら、先進の環境技術を備えたLサイズモデルで決めたい

大人のクルマ好きにとって、愛車選びが難しい時代になった。長年に亘り頑張って働いてきたのだから、「自分への褒美」の意味も含めて好きなクルマに乗って良いと思うが、今はエコが重視される。

多量の化石燃料を消費して、二酸化炭素を排出するクルマには乗りにくい。若い頃に憧れたLサイズモデルに乗れる身分になったら、それを拒む時代になっていた。特に子供を持つ父親は、愛車選びでも分別のある規範を示したい。毎日仕事に追われ、子供と話をする時間が限られていれば、尚更だろう。「親父もなかなかヤルじゃないか」と思えるようなクルマを買いたい。

そこで注目されるのが、ダウンサイジングターボやハイブリッドを搭載したSUV、ミニバンではないだろうか。自分の好みに妥協をしない趣味性の強いクルマでありながら、環境にもしっかりと配慮している。見方を変えれば、父親の生き様を反映した愛車選びだ。

職場では周囲に気を配り、連係を図りながら、自分の意見を明確に主張する。それに基づいて仕事が円滑に進む。環境性能と趣味性を兼ね備えたクルマ選びも、父親の生き方に似ている。そして子供の観察力は想像以上に鋭い。愛車選びも子供に向けた大切なメッセージになる。

このようなクルマ選びの対象になる車種は何か。筆頭はフォード・エクスプローラーのXLTエコブースト。ダイナミックなSUVだが、直噴式の2リッターガソリンエンジンにターボを装着する。燃料消費量を抑えた上で、動力性能は4リッター並みだ。

同じくSUVではレクサスRX450h。V6の3.5リッターをベースにしたハイブリッドで、環境性能は優秀。

そしてアルファードハイブリッド。家族も喜ぶLサイズミニバンだが、2.4リッターエンジンをベースにしたハイブリッドによって環境性能は優秀だ。

フォード エクスプローラー 関連ページ

レクサス RXハイブリッド 関連ページ

トヨタ アルファードハイブリッド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォード エクスプローラー の関連記事

フォード エクスプローラーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォード エクスプローラー の関連記事をもっと見る

フォード エクスプローラー の関連ニュース