autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 販売ランキングの上位を占める買い得なハイブリッド3台の運転感覚と使い勝手を徹底比較 4ページ目

3台比較 2012/5/4 00:00

販売ランキングの上位を占める買い得なハイブリッド3台の運転感覚と使い勝手を徹底比較(4/4)

販売ランキングの上位を占める買い得なハイブリッド3台の運転感覚と使い勝手を徹底比較

トヨタ アクア 抜群の燃費性能に加えて低重心に基づく優れた走行安定性やスポーティな走りもメリットになる

トヨタ アクアトヨタ アクア

アクアは燃費性能に優れたハイブリッド車だが、動力性能にも余裕がある。モーター駆動のみで発進後、エンジンが始動した時のノイズは少し耳障りだが、登坂路でも力不足を感じない。モーター駆動の支援もあり、1.8リッターエンジンを積んだコンパクトカーに近い印象だ。

全高を1445mmに抑えた低重心のボディは、ホイールベースが2550mmと長めで、走行安定性が優れる。ノーマルタイプの15インチタイヤを履いたSでスポーティに走っても、旋回軌跡を拡大させにくい。後輪の安定性も十分に確保され、危険回避時でも挙動を乱しにくい。

その代わり、乗り心地は少し硬めで路面のデコボコを拾いやすい。11万円少々を加えてツーリングパッケージを選ぶと、専用サスペンションと16インチタイヤの装着で走行安定性が高まり、乗り心地も重厚感を増す。ただし最小回転半径は4.8mから5.7mへ大幅に拡大。小回り性能が悪化するので注意したい。

居住性、荷室の使い勝手、収納設備の数などは、全長を3900mm前後に設定したコンパクトカーの平均水準に収まる。実用性が特に高いわけではないが、ファミリーカーとしての使用も妨げない。

以上の点を踏まえると、アクアは低燃費と優れた走行性能を両立させたハイブリッド車に位置付けられる。極端にいえばホンダCR-Zに近い性格で、燃料の消費量を増やさずに運転の楽しさを満喫できる。5ナンバーサイズのボディは、日本の狭い峠道でも持て余さない。走行距離の伸びるクルマ好きのユーザーが購入すれば、運転を楽しめて、燃料代の節約効果も高まる。

ホンダ フィット ベース車となるフィットの素性を生かして、低燃費&低価格ながら日常的な使い勝手も優れている

ホンダ フィット ハイブリッドホンダ フィット ハイブリッド

フィットハイブリッドの動力性能は、1.6リッターのノーマルエンジンに近い。1300~2500回転前後で巡航中に、軽くアクセルを踏み増すと、モーター駆動の支援を受けて車速を滑らかに高める。アクアほどパワフルではないが、十分な動力性能といえるだろう。

コーナーではボディの重さを少し意識する。低重心のアクアに比べると、旋回軌跡が拡大したり、後輪の横滑りが生じやすい。挙動のバランスは悪くないが、フィットに重いハイブリッドシステムを積んだ不利は否めない。

乗り心地は硬めの印象。タイヤの空気圧は前輪が2.3kgf、後輪が2.2kgfになり、同サイズのタイヤを履くアクアに比べて0.1~0.2kgfほど高いことも影響した。

従って長距離移動に適したクルマではないが、リアシートの居住性、荷物の積載性は、コンパクトサイズの割に良好。助手席の前側には、上下2段に収納ボックスが備わり、中間にはトレイを設けた。カップホルダーも豊富に備わり、日常的な使い勝手が優れている。

価格の安さもメリット。実用装備を充実させ、1500ccクラスのコンパクトカーと同等か、それ以下に抑えた。

以上の点を踏まえると、街中での移動を中心に使う実用指向のユーザーにピッタリ。優れた居住性によってファミリーカーとしても使えて、買い物に出かけた時には広い荷室が役立つ。悩むのはベース車のフィットとの選択だが、1年間の走行距離が1.5万kmを超える場合は、ハイブリッドを選ぶと燃料代の節約効果も強まる。特に渋滞の多い都市部では、アイドリングストップを含めて、ハイブリッドのメリットが発揮されやすい。

トヨタ プリウス ミドルサイズのワゴンに匹敵する居住性と積載性を備えながら、抜群の燃費性能で経済性も高い

トヨタ プリウストヨタ プリウス

プリウスPHV(プラグイン・ハイブリッド)は、ニッケル水素電池をリチウムイオンに変更して充電機能を備え、時速100kmまでモーター駆動のみで走れる。普通のプリウスに使われるモーターも、PHVと同じタイプ。発進時や巡航状態からの緩やかな加速など、モーター駆動による支援が力強い。大人4名が乗車して、高速道路や峠道の登坂路に差し掛かっても、力不足を感じない。

エンジンノイズはアクセルを深く踏み込むと少し耳障りだが、通常の走行では気にならない。

操舵感は2011年11月のマイナーチェンジで改善された。サスペンションの取り付け剛性を高め、操舵に対する反応が正確になっている。以前のやや曖昧な手応えは払拭された。後輪側の接地性を損なわずに旋回軌跡の拡大を抑え、曲がりやすくなった点も注目される。

これらの改善で乗り心地も向上。現行型も硬めではあるが、粗さが抑えられ、違和感を抱く機会が減った。走りのバランスを全般的に高めている。

そしてリアシートの頭上空間が少し窮屈なことを除くと居住性も満足。余裕のある動力性能と相まって、大人4名の乗車による長距離ドライブにも適する。

荷室の床面積は十分に確保され、大きなリアゲートによって開口部も広い。動力性能、居住性、使い勝手ともに、実用性をミドルサイズのワゴン並みに高めた。

しかも燃費性能はハイブリッド車でなければ達成できない水準にあり、価格は2リッターエンジンを積んだ売れ筋のミニバンと同等だ。環境性能の優れたファミリーカーとして、買い得で使いやすいクルマに仕上げている。

トヨタ アクア 関連ページ

ホンダ フィットハイブリッド 関連ページ

トヨタ プリウス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ アクア の関連記事

トヨタ アクアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ アクア の関連記事をもっと見る

トヨタ アクア の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/18~2017/10/18