autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 「リッター30km時代」を走り抜ける!「超低燃費でお買い得な軽」徹底比較 4ページ目

3台比較 2012/3/14 17:44

「リッター30km時代」を走り抜ける!「超低燃費でお買い得な軽」徹底比較(4/4)

「リッター30km時代」を走り抜ける!「超低燃費でお買い得な軽」徹底比較

低重心で走行安定性が優れ、速度域の高い道路でも安心して走れる

ダイハツ ミライースダイハツ ミライース

エンジンはやや高回転指向だが、2455mmの長いホイールベースと1500mmに抑えられた全高により、軽自動車としては低重心で走行安定性が優れる。

操舵に対する反応が素直で比較的良く曲がり、後輪の接地性が高いために危険回避時でも、挙動は乱れにくい。

最上級グレードのGは112万円と価格が高まるが、アルミホイールなどと併せて横滑り防止装置を標準装着した。挙動が乱れた時は、電子制御によって4輪のブレーキを独立して作動。姿勢を自動的に立て直す。売れ筋グレードはXだが、予算に余裕があるならGも検討したい。

タイヤの空気圧は前後輪ともに2.6kgf。一般的には2.0~2.4kgfだから、ミライースは転がり抵抗を抑えるために空気圧を高めた。時速50km/L以下では硬く感じるが、ボディ剛性を高めたこともあり、粗っぽい印象はない。

エンジンは少し高回転指向。車両重量が730kgと軽く力不足はないが、もう少し実用域の駆動力を高めたい。アイドリングストップを終えて再始動する時のクランキングノイズもやや耳障りだ。アイドリングストップ中に、ブレーキをさらに踏み込む(戻すのではなく)と、再始動する点も気になる。

以上のように、動力性能、エンジンノイズ、アイドリングストップの働きはアルトエコが勝り、安定性と乗り心地はミライースが優れている。車内の空間効率もミライースが高い。

現時点ではリアシートにヘッドレストが付かないため、4名乗車は推奨できないが、居住性は十分に対応できている。背は低いがボディは実用的。買い得な軽自動車に仕上げた。

低燃費で動力性能も優れ、街中をキビキビと走り抜けられる

スズキ アルトエコスズキ アルトエコ

実用域の駆動力が高く、ボディは軽い。ノーマルエンジンを積んだ軽自動車としては加速性能が優れる。加えてアイドリングストップの再始動時を含め、エンジンノイズも小さい。これはミライースに対する優位性だ。

一方、乗り心地はいま一歩。13インチタイヤ(ダンロップSP10)は転がり抵抗を抑えるために空気圧を2.8kgfまで高めており、硬さを感じる。

また、空気圧が高ければコーナーではタイヤの歪みが抑えられ、一定の速度までは路面をつかむが、そこを超えると横滑りに転じる。特にアルトエコは後輪を横滑りさせる性格が強く、安定性も不満。乗り心地と併せて後輪の接地性を見直して欲しい。

リアシートを含めた居住性もミライースに見劣りするが、アルトエコは運転席の着座位置が低めで座面も短く抑えた。長身のドライバーは座り心地に不満を感じるが、小柄な人は運転がしやすい。

税額の安い軽自動車は、クルマを1人1台の割合で使う地域で好調に売れる。生活の道具だから小柄な高齢の女性ドライバーも多く、アルトは対応を図った。ユーザーに密着したスズキらしいクルマ造りだ。

注意したいのは、燃料タンクの容量が、アルトのベースグレードやミライースの30リッターに対し、20リッターと少ないこと。燃料タンクの重さは同じだから軽量化は行われず、容量だけを減らした。車両重量や燃費は燃料を満タンにして測るため、10リッター減らせば、数値上は約8kg軽くしたのと同じ効果が得られるからだ。ユーザーにとってはアンフェア。

30.2km/Lを達成するため、航続可能距離を短くされた。20リッターとするなら、小さなタンクを採用し、軽量化も行うべきだった。優れたエコカーだが、この点だけは残念だ。

広くて上質な室内空間に相応しい、落ち着いた乗り味が特徴

ダイハツ ムーヴダイハツ ムーヴ

ムーヴはミライースよりボディが重く、動力性能はいま一歩。最終減速比をローギヤード化したが、もう少し実用回転域の駆動力を高めたい。

乗り心地は街中では少し硬めだが、粗さはなく、軽自動車では快適な部類だ。走行安定性も不満ではないが、スタビライザーを装着していない為に、標準ボディはコーナーでボディが大きめに傾く。

この点ではスバルが扱うOEM車のステラに注目。カスタムだけでなく標準ボディにもフロントスタビライザーを与え、傾き方を抑えた。

走行安定性の向上に伴ってショックアブソーバーの減衰力は少し低く設定され、乗り心地も優れる。

ステラではフロントスタビライザーの価格換算額を1.4万円程度に抑えて全車に装着したので、ムーヴも同様の設定にして欲しい。走りの質がさらに高まる。

それにしても、ムーヴの車内は広くて快適。登坂路では少し力不足だが、平坦な街中を中心にした使い方なら不満はない。親子4名で使うファミリーカーとして、申し分のない機能を備える。

収納設備は豊富で、リヤシートを畳めば広い荷室になり、日常的な使い勝手も良い。しかもミライースの技術を投入して、JC08モード燃費は27km/L。ミライースに対して10%の悪化に抑えた。

2名以内の乗車ではミライースやアルトエコ、3名以上で乗車するならムーヴと選び分けられる。2月下旬の時点でエコカー減税の延長は未定だが、ムーヴの燃費であればほかの2台と同様、平成27年度燃費基準プラス20%を達成できる。

7万円のエコカー補助金に加え、新しいエコカー減税では購入時に支払う自動車取得税と同重量税も免税だ。来年度の人気はさらに高まるだろう。

ダイハツ ミライース 関連ページ

スズキ アルト 関連ページ

ダイハツ ムーヴ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ ミライース の関連記事

ダイハツ ミライースの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ミライース の関連記事をもっと見る

ダイハツ ミライース の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26