autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 輸入車ミドルサイズSUV 徹底比較 4ページ目

3台比較 2012/3/1 11:20

輸入車ミドルサイズSUV 徹底比較(4/4)

輸入車ミドルサイズSUV 徹底比較

抜群のコストパフォーマンス

フォード 新型エクスプローラーフォード 新型エクスプローラー

日本ではもてあましそうな大柄なボディも、このクルマの魅力にほかならない。

伝統のフレームシャシーをやめてモノコックボディとするとともに、パワートレイン系も一新するなど、クルマとしての基本的な部分が、従来に対してガラリと変わったエクスプローラーだが、フォードではこれを「SUVを再定義する」と表現しているとおり、将来を見据えた大改造ということのようだ。

ただし、中身は大きく変わっても、エクスプローラーの本質は受け継いでおり、エクスプローラーファンの期待に応えるクルマに仕上がっている。

変わらない価値を持ちながらも、時代の要望に合わせた進化をはたし、さらには各部の質感の向上や装備の充実化などを図ったのが4代目エクスプローラーである。より大きな付加価値を身に着け、よりオールマイティなSUVに進化したといえるだろう。

中でも、3列目シートの広さとラゲッジスペースの使い勝手において、このクラスのSUVとして例を見ないほど圧倒的な実力を持っている。ボディサイズとハンドル位置さえ問題なければ、非常にコストパフォーマンスの高いクルマである。

そつなさと新しさを持つ万能SUV

フォルクスワーゲン トゥアレグフォルクスワーゲン トゥアレグ

SUVでありながら、乗用車に近いキャラクターを持っているのがトゥアレグ。

乗用車から乗り換えるユーザーに対してもとっつきやすく、乗り心地やハンドリングなどドライバビリティにおいても大きな不満がなく、あるいはSUVとして期待される利便性や居住性についても、そつなく身に着けている。

内外装のクオリティ感も高く、先進性を感じさせる表示系を採用した点も特徴。安全装備の設定も非常に充実しており、全体的にライバルに対し一歩先んじた感があるクルマである。

パワートレインについても、新たにアイドリングストップ機構を備えたガソリン直噴エンジンだけでなくハイブリッドが選べるのも特徴。

8速という多段ATを搭載するなど、新しいものを積極的に採り入れているのも特徴だ。どこを取ってもあまり気になるところのない、完成度の極めて高い万能SUVといえるだろう。

オフローダーであり高級車でもある

ランドローバー ディスカバリー4ランドローバー ディスカバリー4

ご存知のとおりランドローバーは高級SUVブランドである。

現在では世界中の自動車メーカーが何らかSUV的なモデルをラインアップしているが、こうして触れるたびにランドローバーの本質はあくまでオフローダーであることを思い知らされる。

室内空間のつくりをはじめ、収納、シートアレンジ、ラゲッジスペースなどユーティリティに関する部分のひとつひとつに細やかな配慮がなされていることがうかがえる。

一方で、高級乗用車としての実力も高い。視覚的な上質感はいうまでもなく、実際にドライブしても、非常に運転しやすく、後席にいたるまでキャビンの快適性が高く保たれているのがわかる。そのあたりの印象は競合車に対して別格的といえるほど。

価格は少々高めに見えるが、得られる価値の高さを考えると、むしろ割安にすら感じられるのである。

フォード エクスプローラー 関連ページ

フォルクスワーゲン トゥアレグ 関連ページ

ランドローバー ディスカバリー4 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォード エクスプローラー の関連記事

フォード エクスプローラーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォード エクスプローラー の関連記事をもっと見る

フォード エクスプローラー の関連ニュース