autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 輸入車ミドルサイズSUV 徹底比較 3ページ目

3台比較 2012/3/1 11:20

輸入車ミドルサイズSUV 徹底比較(3/4)

輸入車ミドルサイズSUV 徹底比較

3列シートを立てても余力ある積載性

フォード 新型エクスプローラーフォード 新型エクスプローラー

5mを超えた全長、2mに達した全幅と、大柄であるには違いないが、その大きさこそこのクルマの魅力のひとつ。

低めのフロアにより室内高が大きく、室内は相当に広々としており、3列目の空間も広い。収納スペースも充実している。ルーフライナーまでブラックで統一されたインテリアの雰囲気も、これまでの無骨な印象とは打って変わり、寝かされ気味にされたフロントスクリーンやサイドウインドウもあって現代的な雰囲気に洗練された。

ハンドル位置は左のみで、フットペダルの高さ調整機構が付くのも特徴。

装備面では、各種機能の表示や設定を視覚的に楽しみながらエンターテイメント系とドライビングアシスト系の操作ができる先進のドライバーコネクトテクノロジー「MyFordTouch」や、英語によるボイスコマンド「SYNC」など特徴的な装備を持つ。

カーナビは執筆時点では設定がないが、近い将来にCPUの書き換えで対応するものが用意される予定という。

リミテッドではレザーシートとなるほか、前席にシートヒーターだけでなくシートクーラーまで付く。2箇所に設定されたサンルーフは、2列目の頭上の開口面積が非常に大きいのも特徴だ。

エクスプローラー最大のアドバンテージは3列目の広さとアレンジ性にある。成人男性でもそれほど不満を感じないほどの居住空間が確保されたシートは、50:50分割して前倒しや床下格納が可能で、上級のリミテッドグレードであれば、それをスイッチひとつで電動によりアレンジすることができる。

さらに、ラゲッジスペースの広さも、3列フル乗車の状態でもCセグメント車なみの595リットルもの容量が残り、2~3列目シートをすべて倒すと最大で2285リットルもの巨大なスペースが出現する。

フォード 新型エクスプローラーフォード 新型エクスプローラーフォード 新型エクスプローラーフォード 新型エクスプローラーフォード 新型エクスプローラー

室内の雰囲気もステーションワゴン的

フォルクスワーゲン トゥアレグフォルクスワーゲン トゥアレグ

インテリアは、SUVというよりもステーションワゴンの延長という印象。

室内高はあまり高くなく、ウインドウ部分もルーフにかけて狭まっているため、全体的な印象としては、広々感こそないが、むしろこの乗用車的なとっつきやすさこそ、このクルマの持ち味といえるだろう。低めの地上高に加え、室内フロアとサイドシルの段差が小さいため乗降しやすい。

インパネのつくりも乗用車的で、より見やすく、使いやすく、整然とレイアウトされている。左右スポークにコントローラーを備えたマルチファンクションステアリングホイールが装備され、その機能や情報は、メインメーターパネル中央のフルカラーインジケーターなど、最新モデルらしく先進性を感じさせるモダンな仕様となっている。

ドライビングポジションも乗用車的で、2列目シートのサイズは今回最大で、レザーシートやシートヒーターについては、V6ではオプションとなる。

ラゲッジスペースの開口部が今回の中でダントツで低く、床面にはレールを配し、簡単にスペースを区切ることができる伸縮ロッドや、側面にストラップバンドを装着。高さを調整できるスライディングカバーやネットパーティションなども備わる。

分割可倒式のリアシートは、前後に160mmのスライドが可能で、シートバックレストは3段階にリクライニングが可能となっている。また、同リアシートはラゲッジ側から背もたれを倒すことが可能で、電動で操作することも可能(ハイブリッドに標準、V6にオプション)

安全装備についても、アダプティブクルーズコントロールやフロントモニタリングシステムをはじめ、車線逸脱に警報を発するレーンキープアシストシステム、接近車両の存在を知らせるレーンチェンジアシストシステムなどが用意されている。

フォルクスワーゲン トゥアレグフォルクスワーゲン トゥアレグフォルクスワーゲン トゥアレグフォルクスワーゲン トゥアレグフォルクスワーゲン トゥアレグ

快適性、利便性を高める数々の装備

ランドローバー ディスカバリー4ランドローバー ディスカバリー4

スクエアフォルムにより、室内は広い。直線基調でデザインされた高級感溢れるインテリアは、ランドローバーならでは。インテリアカラーの種類も豊富だ。

2012年モデルでは新たなインフォテイメントシステムを採用し、高出力のオーディオシステムが装備された。

着座姿勢はアップライトで、頭上空間も広く確保された。直立気味の各ガラスウィンドウは天地方向に長く、高い着座ポイントをはじめ、幅広いウィンドスクリーン、低いウエストラインなどランドローバー共通の「コマンドドライビングポジション」による良好な視界が確保されており、前方の状況やボディの四隅が把握しやすい。一見、地上高が高そうだが、室内のフロアよりもサイドシルのほうが低い設定で、車高をアクセスモードにするとさらに乗降性はしやすい。

2列目は3席がほぼ同じサイズとなっている上、フロアのセンターの出っ張りも低く抑えられており、横3人掛けを想定したつくりとなっている。

3列目シートの上げ下げの操作は少々煩雑ながら、建てつけはしっかりしている。おまけに3列目まで専用のサンルーフやエアコンの吹き出し口やリッド付きの収納スペースなど快適性を高める装備が設定されている。

分割式で左右非対称のテールゲートは上下に開き、荷物の出し入れも簡単。下側ゲートはベンチとして大人2人が座れるほど頑丈なつくりだ。

本格的オフロード走行をアシストする装備として、5台のデジタルカメラによる、周囲ほぼ360度の状況のカラー映像を表示する「サラウンドカメラシステム」が装備されるのも特徴。また、二つに分かれたモニター画面に、ドライブトレイン、フロントホイールの向きなど作動状況に関する情報をリアルタイムで表示させる「4×4インフォメーション」も設定された。

ランドローバー ディスカバリー4ランドローバー ディスカバリー4ランドローバー ディスカバリー4ランドローバー ディスカバリー4ランドローバー ディスカバリー4

内装・装備の総評

室内空間の広さや着座姿勢が、外見からイメージするとおりだいぶ違う。

エクスプローラーとディスカバリー4には3列シートがあるが、3列目の使い勝手の違いは上で述べたとおり。2列目についても、エクスプローラーとトゥアレグは基本的に2名乗車を想定しているのに対し、ディスカバリー4は3名乗車を前提としている。

装備品はいずれもハイレベルで、中でもエクスプローラーのリミテッドが、価格のわりに標準装備が充実している印象。このクラスでも採用が拡大されつつあるパワーリフトゲートも、リミテッドには標準で備わる。

質感の面では、やはりディスカバリー、トゥアレグはさすがのものがあるが、エクスプローラーも負けないレベルに達している。

フォード エクスプローラー 関連ページ

フォルクスワーゲン トゥアレグ 関連ページ

ランドローバー ディスカバリー4 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォード エクスプローラー の関連記事

フォード エクスプローラーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォード エクスプローラー の関連記事をもっと見る

フォード エクスプローラー の関連ニュース