フォード エクスプローラー 林道でも、思い描いたコーナリングラインを正確にトレースできる

記事・レポート 新車情報 試乗レポート 林道でも、思い描いたコーナリングラインを正確にトレースできる

フォードエクスプローラー/Fun to Drive×日下部保雄 (3/3)

フォード エクスプローラー 車種情報

Text :
Photo:
オートックワン編集部
林道でも、思い描いたコーナリングラインを正確にトレースできる

林道でも、思い描いたコーナリングラインを正確にトレースできる

最近平日でも交通量が多くなった関越道を降りて、いよいよ国道から秩父山系へ、群馬、長野、山梨に至るオフロードを主体とした長いドライブが始まった。フロントウィンドウ越しに写る景色は、ウン十年前のラリードライバー時代を蘇らせる。

街並みの風景は昔と変わってしまっていたが、道や山形に面影が残っている。最初はそこそこあったコース幅は次第に狭くなり、そしてとうとうダートになる。林道のタイトコーナーでも以外とロールが少なく、高いアイポイントは見切りがいいので自分の思い描いたコーナリングラインを正確にトレースできる。

カーブミラーで対向車に注意しながらハンドルを握っていたが、次第にペースが上がっていたらしい。予定より早い時間に目標地点を通過した。

ナビシートに座る編集長もどっしりと座っていられるのは、姿勢安定性の高さにあるのは間違いあるまい。山菜取りなのか、最初は時折見えたミニバンがいなくなり、クルマにはほとんど出会わなくなった。つまりSUVの本領発揮と言うことだ。

普通のクルマでは躊躇するようなラフロードでも、高いグランドクリアランスと大きなタイヤ、それにAWDの威力で急峻な山岳路も何の苦もなく駆け上っていく。

身のこなしはサイズに似合わず軽快だ。245/65R17のオンロード志向の強いSUV用タイヤはダートでも大きなトラクションがかかり、ドライバーとしてはサイドウォールに気を配ったカットバーストに注意してコーナリングラインを選ぶ。この辺は昔取った杵柄!路面の凹凸を選び、アクセルとブレーキで車にショックを与えないよう走るのも懐かしい感触だ。

エクスプローラーは、そんなドライバーの意思に忠実に反応してくれるので安心だ。もう少し時間を稼ぎたかったので、ペースを少し上げる。

さすがに下りでは重量級のSUVをコントロールするために早めの操作をしてやるが、下りではブレーキのフェードに気をつけてやることが必要だ。調子に乗って走っていたら少し甘くなってきたが、ブレーキのコントロール幅は比較的大きい。

激しいアップダウンを繰り返し、標高1,700m以上の三国峠まで到達。今年の激しい雨で痛めつけられた林道走破は、ようやく終わりを迎えた・・・。

ウィンドウへの内