autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォード フュージョンハイブリッド現地レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/5/19 15:28

フォード フュージョンハイブリッド現地レポート(2/3)

関連: フォード Text: 桃田 健史 Photo: 桃田健史/Ford Limited
フォード フュージョンハイブリッド現地レポート

そもそもフュージョンハイブリッドとは・・・

フュージョンハイブリッド インパネ

「フュージョンハイブリッド」の動力源は、2.5リッターユニットをアトキンソンサイクル化(プリウスなどと同じ手法)したもの。さらに電気モーターを加えたネット出力は191hp。変速機は電子制御系CVT。ハイブリッド用バッテリーは三洋電機製のニッケル水素二次電池で、後席の斜め下部に収納されている。

さて、「フュージョンハイブリッド」なんてクルマ、聞いたこともない。フォードもハイブリッドをやっているなんて初めて聞いた。それが日本人として普通の感覚だろう。ところが、アメリカでは事情が大きく違う。その証拠としてデータを見てもらおう。

次世代自動車専門のウエブサイト、hybridcar.comのまとめによると、2009年のメーカー別の全米ハイブリッド車の売り上げは次の通り。総数は29万2202台で、第1位のトヨタが17万4046台、続いて第2位のホンダが3万5651台、そして第3位のフォードが3万3927台、その後をレクサス2万1499台、GM1万7656台、日産9423台で追っている。

車種別では、現時点で集計されている最新情報(2010年2月)を見ると、第1位がプリウス(7968台)、第2位がインサイト(2014台)、第3位がフュージョン(1235台)、第4位がカムリハイブリッド(1011台)、第5位がレクサスRX450h(890台)、第6位がレクサスHS250h(712台)、第7位がフォードエスケープハイブリッド(702台)、第8位が日産アルティマハイブリッド(619台)、第9位がシビックハイブリッド(346台)、第10位トヨタハイランダーハイブリッド(339台)となる。

このように、アメリカでは「ハイブリッド車=トヨタ(レクサスを含む)」とか「ハイブリッド=プリウス」というイメージが強い。それを、ホンダとフォードが追っているカタチだ。言い換えれば、アメリカ人の多くが「フォードがホンダ並みにハイブリッド車で頑張っていること」を知っているのだ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォード の関連記事

フォードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォード の関連記事をもっと見る

フォード の関連ニュース