autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート [試乗]フォード エコスポーツ 海外試乗レポート/川端由美 2ページ目

試乗レポート 2014/4/14 19:23

[試乗]フォード エコスポーツ 海外試乗レポート/川端由美(2/3)

関連: フォード Text: 川端 由美 Photo: フォード・ジャパン
[試乗]フォード エコスポーツ 海外試乗レポート/川端由美

スタートボタンを押すと、フロントに積まれる1.5リッターNAの「デュラテックTi−VCT」が目覚める。エメラルドグリーンに輝く美しい海に向かって舵を切る。海岸に沿った眺めのいい道に出たら、自動で開閉できるサンルーフを空けて開放感を満喫する。

ベースの「フィエスタ」と比べると、50cmも高い位置にアップライトに座るので見晴らしがいい。

海辺の駐車場で、20cmのグランドクリアランスを試してみる。設置された縁石を越えるなど、朝飯前である。

ブラジルなどの新興国でよく見かける「スピードバンプ」対策でもある。町中や住宅地の手前でスピードを落とさせるためにかなり高いバンプを設置していて、まかり間違ってスピードを落とさずに突っ込むと、クルマが跳ね上がりかねない。

新興国で多い洪水対策もバッチリ。水深55cmまでは走り抜けられる頼もしさだ。

途中、観光客で賑わう街中にも入り込んでみた。タイ王室の保養所として、古くから開発されたリゾート地であるホアヒンは、アジアの街らしく入り組んだ作りだ。屋台や土産物屋が軒を連ねる町中では、5.4mの最小回転半径がありがたかった。

全長☓全幅☓全高=4241☓1765☓1658mmのボディサイズは、対向車が来て道を譲ることになっても、駐車するスペースに困らない。

ビーチも街中の散策も楽しいホアヒンだが、とっておきは背後の丘陵地帯にあるワイナリーだ。マレー半島の海沿いの街に多い地形だが、海から急速に山々がせり出している。標高が高まるに連れて、肌に粘りつくようだった空気の湿度がじわじわと下がって、どこからともなく涼やかな風が吹く。

1.5リッター「デュラテックTi-VCT」は、可変カムタイミング機構を備えることにより、最高出力110ps/6300rpm、最大トルク142Nm/4400rpmを生む。

6速DCTのシフトスケジュールが絶妙で、低速域でのトルクのピックアップがいいことに加えて、エンジン回転数を高めつつ、自然吸気らしいパワーの盛り上がりを感じながら山道を走る楽しさを提供してくれる。

シフトヘッドに備わる”サムスイッチ”を使って、積極的に操りたくなる。

緑が目に鮮やかなワイナリーの中庭で、ランドリーマシン積み込み競争(?)に参加した。ルールは単純。9分割されたブロックに洗濯機が印刷されていて、まずはそれを組み立てて、出来上がったら荷室に詰め込む。高さ88cm、幅102.7cmの大きなランドリーマシン(?)が、「エコスポーツ」の荷室にあえなく飲み込まれる様子は見ていて楽しい。

はてさて、気になる結果は、我がチームは見事に優勝(!) みんなでお揃いのポロシャツを着て、チームで競うゲームをしたあとは、参加者の一体感が増して、気分はまるで大人の修学旅行だ。

【次ページへ続く】

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォード の関連記事

フォードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォード の関連記事をもっと見る

フォード の関連ニュース