autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォード 新型 マスタング「50th YEARS EDITION」[2.3 エコブースト] 試乗レポート/森口将之 3ページ目

試乗レポート 2014/12/13 21:34

フォード 新型 マスタング「50th YEARS EDITION」[2.3 エコブースト] 試乗レポート/森口将之(3/4)

フォード 新型 マスタング「50th YEARS EDITION」[2.3 エコブースト] 試乗レポート/森口将之

ついに4輪独立懸架を採用した6代目マスタング

フォード 新型 マスタング「50 YEARS EDITION」[EcoBoost 2.3ターボ/限定350台/左ハンドル/ボディカラー:コンペティションオレンジ] 試乗レポート/森口将之

ボタンになったスターターに触れてエンジンを掛け、もちろんフロアから生える6速ATのセレクターでDレンジを選び、手応えたっぷりのパーキングブレーキを戻し、海沿いの道へ。

まず感じたのは、滑らかになった乗り味だった。

モノコックボディが屈強で、ついに4輪独立懸架になったサスペンションは固めながら、ちゃんと動いてショックを吸収するという、今風の乗り心地になった。ヨーロッパフォードのフィエスタあたりに似ている。もう古典的という形容詞は必要ない。

フレキシブルなエンジン特性はV6以上

フォード 新型 マスタング「50 YEARS EDITION」[EcoBoost 2.3ターボ/限定350台/左ハンドル/ボディカラー:コンペティションオレンジ] 試乗レポート/森口将之フォード 新型 マスタング「50 YEARS EDITION」[EcoBoost 2.3ターボ/限定350台/左ハンドル/ボディカラー:コンペティションオレンジ(限定生産色・30台のみ)]

伝統に則り2.3リッターの4気筒エンジンもスムーズ。最高出力は314ps、最大トルクは44.3㎏mと、2.3リッターとしてはかなりハイレベルだが、実際は自然吸気の大排気量のようにフレキシブルだ。先代に積まれていた3.7リッターV6をトルクのみならずパワーでも上回るだけあって、1660㎏のボディをかなりダイナミックに加速させてくれる。

もちろんそのときの音はV8とは違う。でもサラッとしていたV6と比べれば、加速時のグォーッという唸りはかなり野性的。個人的には1970〜80年代の国産4気筒スポーツモデルを思い出した。それでいて100㎞/hはDレンジで1800rpmぐらいだし、直進性は文句のつけようがないので、マスタングらしいゆったりクルージングも堪能できる。

[ワインディングの走りも、意外なほど・・・続きは次ページへ]

フォード マスタング 関連ページ

フォード マスタングコンバーチブル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォード マスタング の関連記事

フォード マスタングの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォード マスタング の関連記事をもっと見る

フォード マスタング の関連ニュース