autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォード 新型 マスタング「50th YEARS EDITION」[2.3 エコブースト] 試乗レポート/森口将之 2ページ目

試乗レポート 2014/12/13 21:34

フォード 新型 マスタング「50th YEARS EDITION」[2.3 エコブースト] 試乗レポート/森口将之(2/4)

フォード 新型 マスタング「50th YEARS EDITION」[2.3 エコブースト] 試乗レポート/森口将之

初代のイメージを踏襲しながらも、よりスポーティなフォルムへ

フォード 新型 マスタング「50 YEARS EDITION」[EcoBoost 2.3ターボ/限定350台/左ハンドル/ボディカラー:コンペティションオレンジ(限定生産色・30台のみ)]フォード 新型 マスタング「50 YEARS EDITION」[EcoBoost 2.3ターボ/限定350台/左ハンドル/ボディカラー:コンペティションオレンジ(限定生産色・30台のみ)]

歴代マスタングはクーペでありながら、セダンっぽいプロポーションの持ち主だったと思う。たとえば先代の全高は1415㎜もあった。

それが新型では、スポーツカーに近いダイナミックなフォルムになっている。全高は1380㎜に下げられ、全幅は40㎜広がって1920㎜と、ワイド&ローが強調された。

それでいて全長は25㎜短い4790㎜にダウンサイズしているのは評価すべき。しかも誰が見てもマスタングそのものだ。

個人的にうれしいのは、リアウインドーからリアデッキにつながる部分。先代ではリアウインドー下端に折れ線があったのだが、新型は初代と同じように、ウインドーが少し上で終わり、トランクリッドの途中で水平になっている。これだけでグッとマスタングらしさがアップした。

らしさが強調されたインテリア

フォード 新型 マスタング「50 YEARS EDITION」[EcoBoost 2.3ターボ/限定350台/左ハンドル仕様] インテリアフォード 新型 マスタング「50 YEARS EDITION」[EcoBoost 2.3ターボ/限定350台/左ハンドル仕様] インテリア

インパネもよりマスタングっぽくなった。デュアルコクピットが強調され、センターのルーバーを丸にしたり、ドライビングモードやステアリングの重さを切り替えるセンタースイッチをトグルタイプに替えたり、雰囲気作りがうまい。他のフォードにも導入されている、タッチスクリーンでエアコンやオーディオなどの操作を行う「MyFord Touch」にナビが表示されないのは残念だが、ここは右ハンドル仕様での実現を期待しておこう。

低いルーフと傾きが強まった前後ウインドーの影響か、後席は身長170㎝の僕には頭上空間が足りず、プラス2に留まる。先代はなんとか座れたのに。一方50周年記念のロゴが入った前席は、それほど固くはないもののホールド感はかなりタイトで、平均的日本人体型の僕の体でもしっかりサポートしてくれた。

[気になる2.3エコブーストの走りは!?・・・次ページへ続く]

フォード 新型 マスタング「50 YEARS EDITION」[EcoBoost 2.3ターボ/限定350台/左ハンドル仕様] インテリアフォード 新型 マスタング「50 YEARS EDITION」[EcoBoost 2.3ターボ/限定350台/左ハンドル仕様] インテリアフォード 新型 マスタング「50 YEARS EDITION」[EcoBoost 2.3ターボ/限定350台/左ハンドル仕様] インテリアフォード 新型 マスタング「50 YEARS EDITION」[EcoBoost 2.3ターボ/限定350台/左ハンドル仕様] インテリアフォード 新型 マスタング「50 YEARS EDITION」[EcoBoost 2.3ターボ/限定350台/左ハンドル仕様] 荷室

フォード マスタング 関連ページ

フォード マスタングコンバーチブル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォード マスタング の関連記事

フォード マスタングの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォード マスタング の関連記事をもっと見る

フォード マスタング の関連ニュース