autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォード 新型 マスタング「50th YEARS EDITION」[2.3 エコブースト] 試乗レポート/森口将之

試乗レポート 2014/12/13 21:34

フォード 新型 マスタング「50th YEARS EDITION」[2.3 エコブースト] 試乗レポート/森口将之(1/4)

フォード 新型 マスタング「50th YEARS EDITION」[2.3 エコブースト] 試乗レポート/森口将之

50周年を迎えた「元祖」スペシャリティカーがフルモデルチェンジ

フォード 新型 マスタング「50 YEARS EDITION」[EcoBoost 2.3ターボ/限定350台/左ハンドル/ボディカラー:コンペティションオレンジ(限定生産色・30台のみ)]フォード 新型 マスタング「50 YEARS EDITION」[EcoBoost 2.3ターボ/限定350台/左ハンドル/ボディカラー:コンペティションオレンジ] 試乗レポート/森口将之

新型マスタングのエンジンが直列4気筒になったことをお嘆きの貴兄は、今年デビュー50周年を迎えた元祖スペシャリティカーの歴史を知らなすぎる。

オイルショック直後に生まれた2代目、通称マスタングIIには、当初から2.3リッター直列4気筒が用意され、直線基調のスタイリングをまとった3代目は日本でも、197.9万円!という戦略的価格で導入された。この世代では5リッターV8と同等のパワーを出す4気筒ターボエンジンも登場。フォードの特殊部隊と言えるスペシャル・ビークル・オペレーション・デパートメントが開発したスポーツモデルSVOにも積まれた。

残念ながら当時は人気を得られなかったようで、4代目以降は4気筒マスタングは消えてしまったけれど、ダウンサイジングという言葉が生まれる前から、同じことをやっていたわけだ。アメリカ車を、そしてマスタングをバカにしてはいけない。

6代目マスタングは世界120ヶ国で販売展開

フォード 新型 マスタング「50 YEARS EDITION」[EcoBoost 2.3ターボ/限定350台/左ハンドル/ボディカラー:コンペティションオレンジ(限定生産色・30台のみ)]フォード 新型 マスタング「50 YEARS EDITION」[EcoBoost 2.3ターボ/限定350台/左ハンドル/ボディカラー:コンペティションオレンジ(限定生産色・30台のみ)]

ではなぜ今回の6代目で4気筒が復活したのか。もちろん環境対策が大きい。近年フォードが展開しているダウンサイジング・ターボの総称「エコブースト」を掲げていることからも分かる。そしてもうひとつ、グローバルモデルになったことも大きい。

いままでのマスタングは北米を中心に、日本や中東など特定の国や地域でだけ売られていた。しかし新型はロシア、中国、ヨーロッパ、オーストラリアなど120カ国で展開することになったのだ。よって右ハンドルも用意される。

日本仕様はヨーロッパ仕様を基本とした右ハンドルが導入予定。4気筒ターボの他、伝統の5リッターV8も選べる。ファストバックという懐かしいネーミングで呼ばれることになったクーペの他、コンバーチブルも用意される。

ではなぜ今回試乗したマスタングが左ハンドルかというと、右ハンドル車を含むヨーロッパ仕様モデルの生産は約1年後なので、熱心なファンの多い日本向けに、まだ生産が始まったばかりの北米仕様をベースとした50周年記念特別仕様車を350台限定で先行導入することにしたからだ。

[大胆に変わった内外装・・・詳細は次ページへ]

フォード マスタング 関連ページ

フォード マスタングコンバーチブル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォード マスタング の関連記事

フォード マスタングの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォード マスタング の関連記事をもっと見る

フォード マスタング の関連ニュース