autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォード マスタング 試乗レポート/大谷達也 3ページ目

試乗レポート 2014/11/7 12:08

フォード マスタング 試乗レポート/大谷達也(3/3)

関連: フォード マスタング Text: 大谷 達也 Photo: フォード・ジャパン・リミテッド
フォード マスタング 試乗レポート/大谷達也

ONE FORD戦略

フォード マスタング 2.3L ecoboostフォード マスタング 2.3L ecoboost

話は前後するが、新開発の2.3リッターエコブーストエンジンは吹き上がりがシャープなだけに、鷹揚なアメリカンテイスト残す6ATとのマッチングが完璧とは言いがたかった。このエンジンの本当の魅力を引き出したいなら、こちらも新開発された6MTとの組み合わせのほうが好ましいだろう。

ダウンサイジングエンジンの搭載、リアサスペンションの独立懸架化と、いわば国際標準化が進んだ新型マスタングのもうひとつの特徴は、こちらもマスタング史上初めて右ハンドルが用意されることにある。

これは、世界各地の組織を一体化して開発と生産の効率を高め、グローバルな新商品の開発を目指す“ONE FORD戦略”に基づいて判断が下されたもののようだ。

新型マスタングの日本導入は特別仕様車「50 YEARS EDITION」から始まる。これは2.3リッターエコブーストエンジンと6ATの組み合わせで、ハンドル位置は左。エクステリアやインテリアには要所要所に50周年の記念エンブレムが配されている。

価格は465万円で350台の限定。受注は2014年11月に始まった。そしてV8 5.0リッターモデル、コーンバーチブル、右ハンドル仕様などは2015年以降に順次、登場する見通しというから楽しみだ。

Ford Mustang 2.3L「EcoBoost」

自動車評論家の大谷達也さん

全長x全幅x全高:4790×1920×1380mm/ホイールベース:2720mm/車両重量:1660kg/乗車定員:4名/駆動方式:FR後(輪駆動)/エンジン種類:直列4気筒 2.3L ターボ/総排気量:3456cc/最高出力:314ps/5500rpm/最大トルク:44.3kgm/3000rpm/トランスミッション:パドルシフト付き6速AT「6速SST(セレクトシフト・オートマチックトランスミッション)」/サスペンション形式:(前)マクファーソンストラット/(後)インテグラルリンク式独立/車両本体価格:9,720,000円[消費税込]

筆者: 大谷 達也

フォード マスタング 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォード マスタング の関連記事

フォード マスタングの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォード マスタング の関連記事をもっと見る

フォード マスタング の関連ニュース