autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォード 新型マスタング(2015年モデル・フルモデルチェンジ)試乗レポート/九島辰也 2ページ目

試乗レポート 2014/10/2 18:50

フォード 新型マスタング(2015年モデル・フルモデルチェンジ)試乗レポート/九島辰也(2/2)

関連: フォード マスタング Text: 九島 辰也 Photo: フォード・ジャパン・リミテッド
フォード 新型マスタング(2015年モデル・フルモデルチェンジ)試乗レポート/九島辰也

アクセルに対する反応の良さとトラクションの高さが光る5リッターV8

新型マスタング 試乗会にて九島辰也氏

ではさっそく、5リッターV8の試乗からお伝えしよう。V8モデルのトルク感と走り初めの加速はこれまでと劇的に変わらない。435hpのユニットはリアルに力強く、“アメリカンマッスル”的な印象そのままに加速してゆく。進化している部分といえば、アクセルに対するレスポンスがよくなっている点。アクセルのオンオフで、ボンネットを上下させるのはこれまで通りだが、その反応が良いのだ。

また、あらゆるシーンでトラクションが高まっているようにも思える。特にコーナー出口でのパワーロスは減ったようで、クリッピングポイントからガツンと踏むと綺麗に加速する。この辺りは、リアサスの変更がそのまま功を奏しているのかもしれない。今回、マスタングはついにリジッドアクスルをやめ、リアを独立懸架式に変えた。それでジオメトリーがほぼ垂直におさまり、お尻を安定させているのであろう。

実にいい。V8モデルは荒々しくも走れるし、ヨーロッパ製400馬力オーバースポーツカーと同様、センシティブな走りも楽しめそうだ。

「エコブースト」のフィーリングは“らしさ”はないものの、ホンキになれば楽しめるかも

フォード 新型マスタング エコブーストクーペプレミアム(2.3リッター直4エンジン搭載)フォード 新型マスタング エコブーストクーペプレミアム(2.3リッター直4エンジン搭載)

そして、次は「エコブースト」。フォードはダウンサイジングされた直噴型4気筒、もしくはそれ以下のシリンダーエンジンにターボを付けたものを“エコブースト”と呼んでいる。新型マスタングの2.3リッター直4ターボが、まさにそれだ。

エクスプローラーに積まれる2リッターエコブーストと一部パーツを共有するが、ほぼ新開発でつくられた。そりゃそうだ。あちらは横置き、こちらは縦に積むことでオイルのまわり方などかなりの部分を変更している。エンジン担当者が(ボソボソと)答えていたが、ターボのサプライヤーも違うらしい。

ではその印象はというと、これがまたかなり“イマドキ”。ターボラグなどはほとんどなく、下から上まで綺麗にまわり、レッドゾーンまで息継ぎはない。しかも6速各ギアともフィールはほとんど変わらず、ピーキーな顔を見せない。優等生的であり、その意味ではワクワク感は薄い。前述のV8を先に試乗した後だけに、正直そんな感じが残ってしまった。エコブーストにマスタング“らしさ”を求めると、少し肩すかしされた気がする。

フォード 新型マスタング

とはいえ、このスタイリングを気に入って長く乗るなら、エコブーストは都合のいいユニットだ。税金、燃費といったランニングコストはV8と大きく差をつける。

それに、断っておくがこれはあくまでもフィーリングの話である。直4エコブーストのMAXパワーはなんと「310hp」!3.7リッターV6の「300hp」を上回る事実に、ただただ驚きだ。つまり“ホンキ”になればかなり楽しめるのだ。

今回の新型マスタング試乗、日本導入はまだ先のようだからかなり希少な経験となった。マスタングはなんたって齢50という、僕と同い年のモデル。これからもその動向を見届けていきたい。

筆者: 九島 辰也

フォード マスタング 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォード マスタング の関連記事

フォード マスタングの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォード マスタング の関連記事をもっと見る

フォード マスタング の関連ニュース