autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォード 新型 マスタング 2013年モデル 試乗レポート/松田秀士 2ページ目

試乗レポート 2013/1/27 00:00

フォード 新型 マスタング 2013年モデル 試乗レポート/松田秀士(2/3)

フォード 新型 マスタング 2013年モデル 試乗レポート/松田秀士

サムシフトで親指マニュアル操作も可能

フォード 新型マスタング V8 GTクーペ プレミアム V8 DOHC 5.0リッターエンジンフォード 新型マスタング V8 GTクーペ プレミアム セレクトシフト付電子制御6速AT

2011年から採用されたV8 5.0リッター DOHCエンジン。今回の2013年モデルでは、そのV8ユニットに手が加えられた。フリクションなどを軽減するハードウェアへの改良が加えられ、約8psアップの426psを6500rpmで発生する。最大トルクは529Nm/4250rpmとこちらも強力だ。

そして、コクピット内のシフトセレクターに目をやると、そのデザインが変更されていることに気付く。これまでのスライド式から、レールが短くノブの形状も丸くなっている。さらにそのノブの左側に+-と記されたスイッチが付いている。6速ATは変更ないがスイッチ操作によるマニュアルセレクトシフトが可能になっているのだ。このセレクトシフトスイッチをサムシフトと呼んでいる。

フォード 新型マスタング V8 GTクーペ プレミアム インパネ周りフォード 新型マスタング V8 GTクーペ プレミアム メーター周りフォード 新型マスタング V8 GTクーペ プレミアム フロントシートフォード 新型マスタング V8 GTクーペ プレミアム リアシートフォード 新型マスタング V8 GTクーペ プレミアム 245/45R19タイヤ+アルミホイール

イカツい起動音で目覚めるアメリカンV8のサウンドに惚れる

フォード 新型マスタング V8 GTクーペ プレミアム メーター周りフォード 新型マスタング V8 GTクーペ プレミアム 試乗レポート4

ではエンジンを始動しよう。

V8エンジンはグワッといういかつい音色を立てて目覚め、すぐに落ち着いたアイドリング音を発する。ドライビングポジションから見下ろすエンジン(見えないけれど)は、ボンネットの膨らみから威光を発しているかのようだ。アメリカンらしいマッスルを感じる瞬間。見てくれもそうだが、いかにサウンドというものが重要であるかを再認識する。

そこでディスプレイに目をやると、回転計と速度計の数字はあのアメリカンな書体。少しホッとさせられる。私が乗った時はパステル系のブルー色だったけれども、125色のバックライトを選択できるなどこれまでと同じシステム。しかし、この左右両メーターの間にレイアウトされていた燃料計や温度計などの子メーターは廃止され、代わりに4.2インチの液晶カラーインフォメーションディスプレイが採用されたのだ。こちらにはこれまでの情報が表示される他、「Track Apps」という新しいシステムが採用されている。

フォード マスタング 関連ページ

フォード マスタングコンバーチブル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォード マスタング の関連記事

フォード マスタングの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォード マスタング の関連記事をもっと見る

フォード マスタング の関連ニュース