autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォード クーガ 試乗レポート

試乗レポート 2010/10/18 18:23

フォード クーガ 試乗レポート(1/2)

関連: フォード クーガ Text: 森口 将之 Photo: オートックワン編集部
フォード クーガ 試乗レポート

個性溢れるSUV「フォード クーガ」誕生の背景とは

フォード クーガ

今では日本でも一般的になった「SUV」という言葉を、世界でいち早く使ったブランドのひとつが「フォード」だった。

1966年に発表した「ブロンコ」というモデルを、すでにスポーツ・ユーティリティ・ビークルと呼んでいたのだ。この流れは、その後エクスプローラーやエスケープへと発展し、アメリカンSUVを代表する存在となった。

ところが今回ご紹介する「クーガ」は、同じフォードのSUVでありながら異なる流れの上にある。少し前までプラットフォームが日本にも輸入されていた「フォーカス」と共通と書けばわかるだろう。クーガは、ヨーロッパフォードで作られるクルマなのだ。

クーガ誕生の背景には、欧州におけるコンパクトSUV人気がある。

ヨーロッパ人は昔から、手頃なサイズで個性的なクルマが好きだ。大きさや豪華さよりも、人と違うことで目立つことを好む。そんな感性にコンパクトSUVが刺さったのだ。

その結果、フォルクスワーゲンやルノーなど、多くのブランドがコンパクトSUVを送り出す結果となった。その流れにフォードも乗ったというわけだ。

フォード クーガ

日本仕様はベーシックな「トレンド」と上級の「タイタニウム」の2グレード。価格は、335~378万円となる。コレオスより高いがティグアンより安く、2WDのプジョー3008と同等だ。

4,445×1,850×1,715mmのボディ、2,690mmのホイールベースも上記3台に近いサイズだ。

だが、見た目の印象はかなり異なる。ヨーロッパフォードのアイデンティティと「キネティックデザイン」を投入したフォルムは、シャープかつダイナミック。

キネティックとは「動感」という意味だが、確かにSUVとしてはかなり動きのあるスタイリングだ。それに比べると、ブラックを基調にシルバーのアクセントを入れたインテリアは実直な造形で、仕上げもこのクラスの標準レベルにとどまる。

ただし、シートは前後ともほどよい硬さと適度なサポート感を持っていて、長距離ドライブでも疲れなさそうだった。

クーガで注目したい点は、ラゲッジスペースだ。

テールゲートは上側2/3だけの開閉も可能な2ウェイ式で、リアシートは座面を起こしてから背もたれを前に倒すダブルフォールディング方式なので、座り心地の良さを確保しながら低くフラットに畳める。

SUV経験の豊富なフォードらしい、ユーザー本位の作りだ。

フォード クーガフォード クーガフォード クーガフォード クーガフォード クーガ

フォード クーガ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォード クーガ の関連記事

フォード クーガの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォード クーガ の関連記事をもっと見る

フォード クーガ の関連ニュース