autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォード フォーカス 試乗レポート/藤島知子 3ページ目

試乗レポート 2013/12/27 10:00

フォード フォーカス 試乗レポート/藤島知子(3/4)

関連: フォード フォーカス Text: 藤島 知子 Photo: 和田清志
フォード フォーカス 試乗レポート/藤島知子

フォーカスの情熱的なドライブフィールは女性をも魅了する

新型 フォード フォーカス「スポーツ」[ボディカラー:マスタード オリーブ]新型 フォード フォーカス「スポーツ」

女性がハンドルを握って走る『日常使い』を想定すれば、走らせやすいことも重要だ。

フォーカスのドライブ感覚はドライバーに『クルマをコントロール下に置いている』という安心感を与え、それが運転のしやすさに結びつく。

日本仕様は右ハンドルのみが設定されるが、正しい運転姿勢がキマりやすく、輸入車には珍しくウィンカーまで国産車と同様に右側のレバーになっていたりと、スムーズな操作ができるように配慮されている。

新型 フォード フォーカス「スポーツ」

カタログだけを見ると回転半径は大きめだが、新開発の電動パワステはクルマが必要とする切り込み量を手のひらで把握しやすく、低速で軽い操舵力で扱えるハンドルの切り遅れが生じにくいのでスムーズに走れる印象を受ける。速度に応じたアシスト量が秀逸で徹底的に煮詰めてチューニングされてきたことが伝わってくる出来映えだ。

フォード フォーカス 試乗レポート/藤島知子

2リッターのエンジンにはフォード初となる6速のデュアルクラッチトランスミッションが組み合わされているが、出足の変速は滑らかな繋がり感でATだと言われても気がつかないレベル。軽やかにシフトアップしていくリズム感が気持ちイイ。アクセルを踏み込んでいくと、エンジンは次第に高い回転に向けて気持ちよく吹け上がっていく。

フォード フォーカス 試乗レポート/藤島知子

最近では低いエンジン回転で流せる低燃費コンシャスなクルマが増えてきている中で、フォーカスはある程度のマナーは保ちながらも、回転を上げていくと勇ましいサウンドを奏でながらドライブ気分をもり上げてくれる。大人しく走れるクルマも静かでいいところもあるが、フォーカスがもつ情熱的なドライブフィールはむしろ新鮮に映る。

[次ページへ続く]

フォード フォーカス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォード フォーカス の関連記事

フォード フォーカスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォード フォーカス の関連記事をもっと見る

フォード フォーカス の関連ニュース