autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォード 新型フォーカス 試乗レポート/松田秀士 2ページ目

試乗レポート 2012/9/19 13:32

フォード 新型フォーカス 試乗レポート/松田秀士(2/2)

関連: フォード フォーカス Text: 松田 秀士 Photo: Ford Japan
フォード 新型フォーカス 試乗レポート/松田秀士

エコ性能や安全装備など、様々な方向で進化を遂げている新型フォーカス

【フォード 新型フォーカス 海外試乗レポート/松田秀士】

まず注目なのは、0.287というクラス最高のCD値を達成していること。

これは、アクティブグリルシャッターと呼ばれるラジエーター前に設置されたシャッターを高速で閉じることによりドラッグを低減するシステム。シャッターを閉めることで、クルマの上方を流れる空気がスムーズになるようデザインされている。

ドラッグの小さい低速域ではしっかりと開けて冷やすのだが、高速域ではこのシャッターを閉じても十分に冷えるのだという。

実際、ハイスピードで高速道路を走っていても確かに空気抵抗感が小さく、燃費もかなり改善されているだろう。

【フォード 新型フォーカス 海外試乗レポート/松田秀士】
【フォード 新型フォーカス 海外試乗レポート/松田秀士】【フォード 新型フォーカス 海外試乗レポート/松田秀士】

その燃費に係わるエンジンだが、12.0という高圧縮比で直噴式が採用されている。

吸排気可変バルブコントロールを備えた新開発2リッター4気筒直噴エンジンは、旧型に対して約20%の性能アップ。これにデュアルクラッチの6速ATがドッキングされる。アイドリングストップ機能も含め、エコ性能はかなり期待できるだろう。

また、15km/h以下なら自動的にブレーキをかけて追突しないアクティブ・シティー・ストップや、左右の死角に居るクルマの存在をサイドミラーに埋め込んだライトで知らせるBLISなど、安全装備の進化も著しい。

クラストップの居住性に加えて、スポーツ性も高い

まず、走り出して直ぐにクラスを超えた静粛性に驚かされた。

旧型から継承される二重ドアシールなどは空力も含めた効果を狙っているものの、静粛性にも一役買っている。旧型もかなり静かだったが新型はさらにレベルが上がり、後席でも良い印象だ。また、ミシュランによって専用開発されたタイヤも騒音、乗り心地、エコに大きく貢献しているのだろう。

【フォード 新型フォーカス 海外試乗レポート/松田秀士】【フォード 新型フォーカス 海外試乗レポート/松田秀士】

乗り心地ではハーシュが小さいことが特徴だ。これはどの席に座っていても感じたことだが、特に後席での居住性はクラストップと言っても過言ではない。実際、クラスを超えた快適さを感じた。

さて、今回試乗会場であるタイのクラビは、前述したように路面はそれほど良くないが道路そのものは良く整備されている。

山間部のワインディングは路面がうねりながらのアップダウンコーナーが続く。締まりのあるサスペンションではあるが良く動いてタイヤが路面を離さない。

さらにLSD効果を狙ったトルクベクタリング機能で、こんな路面でも狙ったラインに乗せることができるほどスポーツ性も高い。高速ではクルマが路面に吸いついたようにしっかりと直進するのだ。

日本で販売されるのは5ドアハッチバックにこの2.0L直噴エンジン+デュアルクラッチ6速ATのワンモデルのみ。

世界販売クラストップを走るVWゴルフをも脅かす理由が、この試乗会でしっかりと確認できた。

筆者: 松田 秀士

フォード フォーカス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォード フォーカス の関連記事

フォード フォーカスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォード フォーカス の関連記事をもっと見る

フォード フォーカス の関連ニュース