autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォード エクスプローラー 2.0 XLT EcoBoost 試乗レポート/小沢コージ もうビッグミニバンなんていらない? 3ページ目

試乗レポート 2012/2/14 19:00

フォード エクスプローラー 2.0 XLT EcoBoost 試乗レポート/小沢コージ もうビッグミニバンなんていらない?(3/3)

関連: フォード エクスプローラー Text: 小沢 コージ Photo: オートックワン編集部
フォード エクスプローラー 2.0 XLT EcoBoost 試乗レポート/小沢コージ もうビッグミニバンなんていらない?

もう排気量なんてカンケーない!

フォード エクスプローラー 2.0 XLT EcoBoostフォード エクスプローラー 2.0 XLT EcoBoost

肝心の走りだけど、さすがにちょっと不安だった直噴2リッター直4ターボ&6ATだが全く問題ナシ。発進からトルクがグンと盛り上がり、躾はスムーズ。マジなハナシ、最初の力強さは3.5リッターV6以上。それでいて、古い直4にありがちなラフさもない。黙って乗っていれば安っぽさを感じる人なんて微塵もいないと思う。

スペックを見ればそれは明らかで、ピークパワーの243psこそ、新型3.5リッターV6に負けるが、旧型4リッターV6に比べ30ps増しで、ピークトルクなんかは、37.3kgmで、新型3.5リッターV6以上。それも3000rpmの低回転で発揮してるのだ。

というのも聞いて驚いたが、このフォードの新世代直噴エコブーストエンジンは、他シリーズと合わせて年間150万機作られる予定のフォードグリーン化技術の最先端。125の特許を持つハイテクユニットで、特にノッキング防止や燃料制御で他社の技術やライバルをリード。漠然と低燃費直噴ターボというとVW系がリードしていそうだが、必ずしもそうとは言いきれない。北米も全力を挙げて追従しており、現実にエクスプローラーに投入されているのである。

さらに改めて味わったモノコック化したボディだが、剛性感は総じて高い。ステアリングは軽く滑らかで、昔のフレーム系SUVにあったゴツゴツ感は無く、若干去年乗った3.5リッター車に比べて、足は硬めな気がしたが、レベルは高い。マジ目なハナシでグローバルレベルだ。

フォード エクスプローラー 2.0 XLT EcoBoost

気になる3列目だが、広さ的には大人が短距離乗るには十分だったが、乗り心地はさほどではなく、特に頑張ってる日産エルグランドなんかに比べるとあまり良くない。でも、それを上回るカッコ良さと走りがあり、値段を考えると十分対抗できる。

あ、そうそう、やっぱキモはお値段と燃費なのよ。このエコブーストは440万円とサイズから考えるとお買い得なだけでなく、強烈なアメリカ政府のねじ込みで、今度始まるエコカー補助金が受けられ、なんと10万円もキャッシュバック!

フォード エクスプローラー 2.0 XLT EcoBoost

実燃費も10.15モードでは8.1km/Lと数値的にはさほど良くないが、高速巡航プラスちょっと街乗りでメーター読みすると10km/L台。エルグランドやアルファードの直4エンジン車にほぼ匹敵する。ズバリお財布的にもさしたる問題ナシ。つまり、となるとスタイルと3列シートの居住性の問題だけなわけで、国産ビッグミニバンとの間で迷う人も出てくるのもわかる。

で、さらに言うと最大のライバルは、トヨタの新型ランドクルーザー、FJクルーザーだという。 エルグランド、アルファードかFJクルーザーかエクスプローラーか…なんとも凄い戦いになってきましたねぇ(笑)

フォード エクスプローラー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォード エクスプローラー の関連記事

フォード エクスプローラーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォード エクスプローラー の関連記事をもっと見る

フォード エクスプローラー の関連ニュース