autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォードエクスプローラー/Fun to Drive×日下部保雄 2ページ目

試乗レポート 2009/9/29 17:00

フォードエクスプローラー/Fun to Drive×日下部保雄(2/3)

関連: フォード エクスプローラー Text: 日下部 保雄 Photo: オートックワン編集部
フォードエクスプローラー/Fun to Drive×日下部保雄

無理なドライビングを強いられない、適度なユルさが好ましい

フォード エクスプローラー エンジンフォード エクスプローラー 走行イメージ

首都高2号線のタイトコーナーを軽快なフットワークで駆け抜ける。いまどきのアメリカ車はアメ車の定番のように言われるハンドルセンターフィールが甘くて多少ハンドルを切っても反応しない、なんてことはない。

とくにフォード車はしっかりした手ごたえを持っているのが最近の特徴だ。欧州車ほどしまったセンターフィールでもなく、想像されるようなブカブカな手ごたえでもない。

良い意味で『クルマなんてこんなもんだよ』と納得させられる適度なユルさが好ましい。

アメリカのフリーウェイで頻繁に遭遇する段差路をストレスなく快適に走れ、かつ正確なハンドルの応答性を探ったバランスの結果だ。これがアメリカフォードの味なのだ。

左右のハンドルの切り返しでも反応が遅れることはまずないが、それよりもアメリカンSUVのオーナーは自然と車両重量による慣性モーメントの大きさを感じ取って、無理なドライビングをしなくなる点に気づいた。

コーナリングポテンシャルが低いのではなく、こんなところで丁度よいスピードだと思わせるところが新鮮だ。世の中には良いクルマはたくさんあるが、面白いと思えるクルマは少なくなってしまった。その意味でもエクスプローラーのようなクルマ作りはまた見直されてもいい。

V6、4リッターのSOHCエンジンは昨今の高性能エンジンに比較するとシュンと高回転まで回るわけでもなく、決してパワフルとはいえないが、低速トルクがあってSUVをSUVらしく走らせるには不足はない。

フォード エクスプローラーを運転する日下部保雄氏

いやむしろ妥当なパフォーマンスだ。関越道に入り適度なペースでクルージングする。時折追い越し車線に出てアクセルをいっぱいに踏み込むと、2トン以上ある巨体はグイッと速度に乗って前のクルマを追い越す。

軽量スポーツカーのような俊敏さはないが、SUVらしい堂々とした身のこなしはドライバーに安心感を与える。

シートはアメリカンらしく大きく、サポート性はいまひとつだが腰の位置を適度に抑えてくれるので疲労感は少ない。

フォード エクスプローラー インパネフォード エクスプローラー メーターフォード エクスプローラー ステアリングスイッチフォード エクスプローラー ドアスイッチフォード エクスプローラー エアコンスイッチ

フォード エクスプローラー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォード エクスプローラー の関連記事

フォード エクスプローラーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォード エクスプローラー の関連記事をもっと見る

フォード エクスプローラー の関連ニュース