autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォード エクスプローラー「XLT EcoBoost」試乗レポート ~新たに2.3リッター EcoBoostエンジンを搭載~ 3ページ目

試乗レポート 2016/2/4 15:40

フォード エクスプローラー「XLT EcoBoost」試乗レポート ~新たに2.3リッター EcoBoostエンジンを搭載~(3/4)

関連: フォード エクスプローラー Text: 塩見 智 Photo: 和田清志
フォード エクスプローラー「XLT EcoBoost」試乗レポート ~新たに2.3リッター EcoBoostエンジンを搭載~

ナント!うれしいレギュラーガソリン仕様!!

FORD NEW EXPLORER

東京から越後湯沢へ。

特に雪深さを求めたわけではないが、エクスプローラーを都市部だけ走らせるのはもったいないということで、自然を求め、関越自動車道で北西へ向かった。高速巡航中のエクスプローラーは思いのほか静かだった。

スタッドレスタイヤのヨコハマ・ジオランダーIT/Sの性能の高さでもあるのだろうが、エンジン音もロードノイズも風切り音も一切不快なレベルで車内に侵入してくることがなかった。

FORD NEW EXPLORER

マイナーチェンジでエンジンが2リッター直4ターボから2.3リッター直4ターボに切り替わった。最高出力261ps/5500rpm、最大トルク42.8kgm/3000rpmと、従来型に比べ出力にして約7%、トルクにして約15%向上した。

直4ターボのエコブーストエンジンは元々2.3トンの車体に対して十分な力強さだったが、排気量が300ccアップしたことで余裕が増した。速くなったと明確に体感できるわけではないが、同じ加速を得るのにアクセルの踏み込み量が明らかに少なくて済むようになった。その分静粛性も向上した。

最大トルク42.8kgmといえば自然吸気エンジンで言えば排気量4リッター以上が必要な値。それが今や排気量半分強の4気筒エンジンで実現できるのだから時代の進化は素晴らしい。カタログ燃費は約5%向上した。

そしてうれしいレギュラーガソリン仕様。目を見張るようなエコ性能ではないかもしれないが、得られる動力性能、ユーティリティ性能を考えれば十分にエコなクルマといえるはずだ。

正確な挙動を得られるモノコック化は間違いなくGoodニュース

FORD NEW EXPLORER

高速道路を下り、撮影のために曲がりくねった山道を何度も往復する。このクルマでこの作業は億劫な作業になるだろうと覚悟していたが、トルキーなエンジンと正確なハンドリングのおかげで望外に楽しめた。

先代までが採用していた堅牢性や悪路での振る舞いに優れるラダーフレーム構造を否定するつもりはないが、エクスプローラーのようなヘビーデューティー寄りの本格SUVであっても、ほとんどのユーザーはオンロード走行が9割であることを考えると、ステアリング操作に対して遅れなく正確な挙動を得られるモノコック化は間違いなくグッドニュースと言える。

6速ATに変更はないのだが、これまでシフトレバーを握って親指の位置にある小さなバタフライスイッチでマニュアル変速していたのに対し、新型はステアリングホイール裏側に備わるパドルシフトで行うようになった。

親指による変速はエクスプローラーに限らず一時期のフォード各モデルに共通する装備なのだが、これは正直に言ってやりづらい。即座にエンジンブレーキを求める時、コーナーの連続でギアアップを防ぎたい時などに、直感的に操作できるパドルシフトが備わって本当に良かった。

FORD NEW EXPLORER

“Rugged”なルックスを見ているとつい忘れそうになるが、XLTエコブーストはFWD。このことを念頭に置きつつ、ジオランダーのグリップ力を信じ、ちょっとだけ除雪の甘い雪道へ分け入ってみたが、265mmと余裕あるロードクリアランスのおかげもあって、わけもなく走破できてしまった。

用途にもよるが、ヘビーな雪道を含む悪路走破を必要としないのであればFWDもアリと感じさせた。近頃のスタッドレスタイヤは偉大だ。

フォード エクスプローラー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォード エクスプローラー の関連記事

フォード エクスプローラーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォード エクスプローラー の関連記事をもっと見る

フォード エクスプローラー の関連ニュース