autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォード エクスプローラー「XLT EcoBoost」試乗レポート ~新たに2.3リッター EcoBoostエンジンを搭載~ 2ページ目

試乗レポート 2016/2/4 15:40

フォード エクスプローラー「XLT EcoBoost」試乗レポート ~新たに2.3リッター EcoBoostエンジンを搭載~(2/4)

関連: フォード エクスプローラー Text: 塩見 智 Photo: 和田清志
フォード エクスプローラー「XLT EcoBoost」試乗レポート ~新たに2.3リッター EcoBoostエンジンを搭載~

新型は「Rugged(力強い)」をキーワードに刷新!

FORD NEW EXPLORER

そのエクプローラーが14年秋にマイナーチェンジしたということで、XLTエコブーストを借り出して遠出した。フォードが「Rugged(力強い)」をキーワードに刷新したという新型エクスプローラーは、顔つきがガラリと変わっていた。

水平基調でスッキリしていたフロントグリルは、少しクラシカルでキーワードの通り力強い印象のデザインに変わった。その両脇のヘッドランプユニットは新しくLEDを採用、グリルと違ってこの部分は先進的なイメージを抱かせる。その下のフォグランプユニットの脇に通気口があり、そこから取り入れた空気をボディ側面へ通すことで空気抵抗低減につなげているという。

FORD NEW EXPLORER

乗り込むと、ダッシュボード周りを含め、インテリアの上半分がブラック、下半分がライトキャメルのインテリアが目に入る。レザーシートはアメリカ車の伝統に則って大ぶりでソフト。

左ハンドルしか選べないのは残念だが、程よく高い目線、死角の少ない視界、そしてこれは日本仕様(に法規上求められる)独自の装備だが、助手席側のAピラーにあるモニターに右前輪付近の死角を映すことができることなどから、サイズのわりに取り回しが良く運転はしやすい。

先進的な安全装備も充実

FORD NEW EXPLORER

加えて、走行中、斜め後方にある車両を検知してドアミラー内のインジケーターを点灯するBLIS(ブラインド・スポット・インフォメーション・システム)や後退出庫時に後方左右から接近する車両を検知して警告するCTA(クロス・トラフィック・アラート)が備わる。

先進的な安全装備が充実しているのは、ハンドル位置の左右にかかわらず、また運転に慣れている/慣れていないを問わず、ありがたい。

フォード エクスプローラー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォード エクスプローラー の関連記事

フォード エクスプローラーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォード エクスプローラー の関連記事をもっと見る

フォード エクスプローラー の関連ニュース