autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォード エコスポーツ 試乗レポート/飯田裕子 3ページ目

試乗レポート 2014/7/16 19:37

フォード エコスポーツ 試乗レポート/飯田裕子(3/3)

関連: フォード エコスポーツ Text: 飯田 裕子 Photo: 和田清志
フォード エコスポーツ 試乗レポート/飯田裕子

エコスポーツのドライブフィールはスマートで、女性にも馴染みやすい!

Ford EcoSport Titanium

では、いよいよ走り出してみよう。

1.5リッターエンジン(111PS/140Nm)に6速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)を組み合わせるエコスポーツは、アクセルを少し踏み込んだだけで軽くタイヤが転がり出す。同時にボディの一体感=一塊感が伝わり、走りの良さを期待させてくれる。

Ford EcoSport Titanium

意外だったのは、街中でさらにアクセルを踏み込んだときの加速感。おだやかで、実に“大人っぽい走り”を魅せたこと。エコスポーツのイメージから、キュンキュンと走る印象を抱いていたため意外に思えたのだ。もちろんこちらのほうが乗りやすく、長距離のドライブでも疲れにくいのは言うまでもない。

そのいっぽうで、シフトレバーを“Sモード”に切り替えればシフトプログラムが変わり、より高回転を活用する積極的な走りもできる。タイヤが路面を捉える感覚も不快感なく伝え、高速走行では速度が上がるほどフラットさが増していった。

Ford EcoSport Titanium

私がエコスポーツを走らせていて一番好感を持ったのは、ステアリングホイールの太さが細めで手に馴染んだことと、パワーステアリングの制御のマッチングの良さだった。低速では軽めで実に扱いやすく、クルマそのものを軽く扱える印象が女性にとってはとても優しい。それが速度を上げてのコーナリングの際には適度な重さに変わる。するとボディの骨太さやタイヤのグリップ感がステアリングから頼もしく伝わってくるのだ。

いっぽうタイトコーナーやレーンチェンジではリアタイヤがしっかりと踏ん張り、安定感を保ちながら思い通りに走らせることができた。

Ford EcoSport Titanium

フォードエコスポーツは、ボディサイズの割に最小回転半径はそれほど小さくはない。けれどコンパクトかつフロントオーバーハングが短く抑えられ、ボディの取り回しは正直、気にならない。それにとにかく着座位置が高く視界もよく、女性の手にも馴染むようなドライブフィールがスムーズでスマートな走りを可能にしてくれる。

おかげで、緑濃く枝を隠すほどサワサワと葉がついた夏の街路樹にまるで手が届きそうな、思いのままの軽快なドライブが自然と楽しめたのだ。これがコンパクトカーではなく、背の高いSUVで”自然に”実現出来るというのは、実は本当に凄いこと。フォードの技術力の高さを示すエピソードと言えないだろうか。

SUVには、アツい真夏のシーンが良く似合う!

Ford EcoSport Titanium

本試乗レポートのフォトギャラリーをあらためてじっくり観て欲しい。ロケ当日は、何とも夏らしい一日だった!

そして私のアタマの中には、ついつい真夏のドライブシーンが広がっていく・・・

ビーチへと向かう道。視界が広く高い分だけ、道の先や堤防の向こうに広がる海岸線の発見も早い。

Ford EcoSport Titanium×飯田裕子
Ford EcoSport Titanium×飯田裕子Ford EcoSport Titanium

「あ、海だ!」

心弾む瞬間! SUVに乗っていると、なんだか得した気分になれそうでしょう?

助手席の下のアンダートレイにビーチサンダルを忍ばせ、冷却機能が装備されたグローブボックスのなかではミネラルウォーターが冷えている。

エコスポーツとのドライブシーズンの始まりは、こんな真夏のシーンがいいのではないかと、つくづく思える一日だった。

[レポート:飯田裕子]

筆者: 飯田 裕子

フォード エコスポーツ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォード エコスポーツ の関連記事

フォード エコスポーツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォード エコスポーツ の関連記事をもっと見る

フォード エコスポーツ の関連ニュース