autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォード 新型 SUV「エコスポーツ」国内初試乗レポート/渡辺陽一郎 3ページ目

試乗レポート 2014/5/20 19:36

フォード 新型 SUV「エコスポーツ」国内初試乗レポート/渡辺陽一郎(3/3)

関連: フォード エコスポーツ , フォード フィエスタ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部
フォード 新型 SUV「エコスポーツ」国内初試乗レポート/渡辺陽一郎

エコを名乗るが、エコブーストエンジンではない

フォード エコスポーツ タイタニアム[2WD/ボディカラー:マーズレッドメタリック]フォード エコスポーツ タイタニアム[2WD] インテリア

フォード エコスポーツに搭載されるエンジンは直列4気筒の1.5リッター。「エコ」の名称は付くが、1.2リッターのターボ(エコブーストエンジン)などではない。アイドリングストップも装着されない。なのでJC08モード燃費は14.5km/Lになるが、フォードジャパンによれば「実用燃費に近い数値」とのことであった。

動力性能は、車両重量が1270kgと少し重く、1.5リッターエンジンでは力不足の印象も受けるが不満はさほど感じない。ATがデュアルクラッチを備えた6速タイプになり、動力性能を有効に活用していることもあるだろう。

エンジンの性格はやや高回転指向で、4000回転を超えた領域で速度の上昇が活発化する。この性格を実用指向に改めれば、余裕が増すと思う。

重いスペアタイヤを積みながらも良好な走行安定性を確保

フォード エコスポーツ タイタニアム[2WD/ボディカラー:マーズレッドメタリック] 試乗レポート/渡辺陽一郎 3

走行安定性については、最初は心配が伴った。重いスペアタイヤをボディ後端の高い位置に装着するからだ。前後輪の重量バランスが均衡化するともいえるが、良い影響を与えるのは後輪車軸の前側に低く積んだ場合の話。ボディ後端の高い位置では明らかに不利になる。

それなのに走行安定性は良好。操舵に対する反応に鈍さはなく、SUVとしては操舵感も正確に仕上げた。後輪がしっかりと踏ん張り、ドライバーの安心感も高い。

フォード エコスポーツ タイタニアム[2WD/ボディカラー:パンサーブラックメタリック]試乗レポート/渡辺陽一郎 12

さらにコンパクトなSUVとしては乗り心地も快適。サスペンションが柔軟に伸縮して、路上の細かなデコボコを上手に吸収する。タイヤは16インチ(205/60R16)のグッドイヤー・アシュアランスで、オールシーズンではなくサマー用。指定空気圧も210kPaだから、転がり抵抗を抑える目的でむやみに高めることはしていない。ボディ/足まわり/タイヤの相乗効果により、高重心の小さなSUVでも、優れた走行安定性と乗り心地を両立できた。

短いオフロードコースを走る機会もあったが、路面条件はさほど悪くないから前輪駆動でも不都合は生じない。やや大きめのウネリがある場所を高めの速度で通過しても、足まわりが底突きを生じることはなかった。

乗って得られるサプライズがある1台

フォード エコスポーツ タイタニアム[2WD/ボディカラー:マーズレッドメタリック] 試乗レポート/渡辺陽一郎 8フォード エコスポーツ タイタニアム[2WD/ボディカラー:パンサーブラックメタリック]試乗レポート/渡辺陽一郎 15

フォードのエコスポーツは「乗ってみると良いクルマ」の典型だろう。外観は個性的というかアクが強く、エンジンを含めて話題になるようなメカニズムも採用していない。そこで試乗すると、シートや足まわりの良さに気付く。

このような「走りのサプライズ」があるクルマは、今の日本車では少なくなった。ダイハツ タントのワイドに開くスライドドア、ホンダ N BOXなどの大容量の荷室もサプライズだが、「走りと乗り心地が意外にイイんだね」と思えるクルマに試乗する機会は、大幅に減った。

エコスポーツも「エコ」を名乗るならアイドリングストップは付けて欲しいが、試乗を終えると、14.5km/LのJC08モード燃費にも何となく納得できた。

かつて経験した「欧州フォード」の魅力を再発見

フォード エコスポーツ タイタニアム[2WD/ボディカラー:マーズレッドメタリック] 試乗レポート/渡辺陽一郎 1

車両価格は246万円。輸入されるタイタニアムは装備を充実させた上級グレードだが、ホンダ ヴェゼル 2WD 1.5Xが206万7428円、スバル インプレッサXV 2.0i-Lアイサイトが4WDで255万9600円という設定を考えると、少し高めに受け取られる。日本車との価格バランスを考えると、225万円前後が妥当だろう。

それでも走りの良いコンパクトなSUVを求めているユーザーには、ちょっと気になるクルマだと思う。フォードの「ONE Ford戦略」で生まれたクルマではあるが、そこにあるのは、かつて経験した「欧州フォード」の魅力だった。

[レポート:渡辺陽一郎]

Ford ECOSPORT TITANIUM(フォード エコスポーツ タイタニアム)[2WD] 主要諸元

フォード エコスポーツ タイタニアム[2WD/ボディカラー:パンサーブラックメタリック]試乗レポート/渡辺陽一郎 21

全長x全幅x全高:4195x1765x1655mm/ホイールベース:2520mm/最低地上高:180mm/車両重量:1270kg/駆動方式:前輪駆動(FF)/エンジン種類:直4 DOHC ガソリンエンジン/総排気量:1497cc/最高出力:111ps(82kW)/6300rpm/最大トルク:14.3kg-m(140N・m)/4400rpm/トランスミッション:セレクトシフト付電子制御6速パワーシフトオートマチック[デュアルクラッチ式・ゲトラグフォード製]/燃料消費率:14.5km/L[JC08モード燃費]/タイヤサイズ:205/60R16/メーカー希望小売価格:2,460,000円[消費税込み]

フォード エコスポーツ 関連ページ

フォード フィエスタ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォード エコスポーツ の関連記事

フォード エコスポーツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォード エコスポーツ の関連記事をもっと見る

フォード エコスポーツ の関連ニュース