autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート フィアット テクノロジー2011 潜入レポート/マリオ二等兵 3ページ目

イベントレポート 2011/7/26 13:48

フィアット テクノロジー2011 潜入レポート/マリオ二等兵(3/3)

フィアット テクノロジー2011 潜入レポート/マリオ二等兵

ツインエアの今後

フィアット テクノロジー2011 潜入レポートフィアット テクノロジー2011 潜入レポート

「ツインエア」エンジンは、わずか900ccの2気筒エンジンに採用したことでその真価を存分に発揮させることに成功した。

なんといってもエンジン本体がコンパクトで軽いことがエコカーとしては最高のメリットだが、従来の発想に囚われない搭載性により、様々な発展性の広がりが期待できる。ハイブリッド車への適合性も高い。

最大のネガである振動に対しては、多くの3気筒エンジンにも備わらないバランサーシャフトを採用することで対処した。実際に運転してみると、独自のビートを伴ったサウンドが耳に心地よく、内燃機関を回す楽しみや喜びが満喫できるファンなエンジンであることがわかるはずだ。

フリクションロスやポンピングロスが少ないので微低速粋でのレスポンスが鋭く、わずかなスロットル操作で分厚いトルク感が得られるのも心地よい。性能的には、現在の900ccのツインエアは、自然吸気の1400ccエンジンと同等の動力性能(85馬力)を発揮しながら燃料の消費は30%も少ないなど、スペック面でも申し分のないレベルを達成している。

実燃費でも、エコ運転を心がければリッターあたり20km以上を維持することも難しくない。 今年の秋から来年の春にかけては、自然吸気ガソリン式や105馬力のハイパワーのターボ版などの派生ユニットの発表も予定されている。さらには「マルチエア」による吸気量の直接制御に加え、ディーゼルエンジンで磨いた燃料噴射技術を加えた第二世代のツインエアや、天然ガス版やハイブリッド版も開発中とのこと。

今後の「ツインエア」シリーズの発展が楽しみである。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フィアット の関連記事

フィアットの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フィアット の関連記事をもっと見る

フィアット の関連ニュース

フィアット 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24