autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アバルト グランデプント 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2009/4/3 11:33

アバルト グランデプント 試乗レポート(3/4)

アバルト グランデプント 試乗レポート

ノーマルとは明らかに異なっている!

エンジン(直列4気筒 DOHC 16バルブ)

左ハンドルしかないアバルト・グランデプントのコックピットに乗り込んだときから、ノーマルのグランデプントにはない緊張が走る。ちょっと大きめのバケットシートに身を落とし、アバルトエンブレムのハンドルを握ると次第に気分が盛り上がってくる。

 IHI製のターボは比較的小径。レスポンスに優れているので微低速回転からでも立ちあがりはスムースでクラッチミートに神経を使わない。滑らかに繋がるので、クラッチワークは楽しい。

マニュアルのシフトフィールは悪くない。6速のギアレシオは4〜6速がクロスしており、3速と4速がちょっと離れているが、燃費に振るとこのようなレシオになるのだろう。しかしこれはアバルトの熱気を殺ぐものではない。ターボのワイドトルクはこの隙間を滑らかに繋ぐのに十分だ。100km/hでのエンジン回転は6速では2,600回転、5速では3,000回転だからこのレシオのクロスした感じが分かるだろう。

左ハンドルのまま日本にやってきたのは幸いだった。右ハンドル仕様車のちょっと感じる違和感がなく、ペダルの位置でアクセルとブレーキペダルの高さが合わないものの、まずまず手足が自然と各部の操作に動いてくれる。

アバルトの素性が分かるのはこれだけではない。FFとしてはクイックなステアリングギアレシオと拡げられたトレッド、それにピレリP-ZEROの個性の強さはアバルトに常に緊張感をもたらす。ハンドルに伝わる反力の強さはかなりのもので、高速道路では意識してハンドルを真っ直ぐホールドしていないとすぐにチョロチョロしだす。その代わり強力なトラクションとフロントタイヤの接地性、それにハンドルを切った方向にしっかりと付いていこうとする、FFらしいハンドリングはグランデ・プントをコンペティティブに変えた。高速での追従性もさることながら得意なのは小さなコーナーが続くワインディングロード。こんなコースでは腕っ節さえ強ければグイグイと前で引っ張る面白いドライビングが出来る。

フロントライトタイヤ(215/45R17、ABARTH専用17インチアロイホイール)走行マルチファンクションディスプレイ走行

フィアット グランデプント 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フィアット グランデプント の関連記事

フィアット グランデプントの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • 欧州Bセグ セミAT車 徹底比較

    3台比較

    欧州Bセグ セミAT車 徹底比較

    景気が停滞し、自動車に関するニュースもあまり芳しくない話題ばかりが目につくところだが、ちょっと目先を変えてみよう。世の中がこうなったからこそ....

  • 2009年上半期ベスト・バイ・カー【輸入車】/森口将之

    ベストバイカー

    2009年上半期ベスト・バイ・カー【輸入車】/森口将之

    トータルベストカー/ルノー コレオス日産エクストレイルと同じエンジンやプラットフォームを使い、開発も日本で行われ、韓国のルノー・サムスンで作....

  • アバルト グランデプント 試乗レポート

    試乗レポート

    アバルト グランデプント 試乗レポート

    アバルト、その熱き響きアバルトという名を聞くと自動車がもっと自由だった頃を思い起こさせる。珠玉のようなボディに情熱のエンジン、小排気量クラス....

フィアット グランデプント の関連記事をもっと見る

フィアット グランデプント の関連ニュース

フィアット 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24