autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フィアット500のSUV「500X」を“雪上”で試す!AWD性能の高さはJeepと遜色ない 3ページ目

試乗レポート 2016/2/8 19:31

フィアット500のSUV「500X」を“雪上”で試す!AWD性能の高さはJeepと遜色ない(3/3)

関連: フィアット 500X Text: マリオ 高野 Photo: 島村栄二
フィアット500のSUV「500X」を“雪上”で試す!AWD性能の高さはJeepと遜色ない

Jeepラングラー向けの急こう配も、難なく乗り切ってしまうほどに性能は高い!

フィアット 500X(チンクエチェントX)Cross Plus

運転支援デバイスのひとつ「ダイナミック・ステアリング・トルク」による操舵アシストは、ドライバーによっては違和感を覚えるかも知れませんが、危険を察知したドライバーに速度などを自重させる効果はあると感じました。

プラットフォームをはじめボディはハッチバックのフィアット500とは別物の大きさながら室内空間はあまり余裕がありませんが、前席は快適至極。リアシートは下からの突き上げが少なく、存外に居心地が良かったようですが、革シートの表皮がやや滑りやすいのが惜しまれました。

雪上でも硬派な走りが楽しめるホットなSUVの500X

フィアット 500X(チンクエチェントX)Cross Plus

経由地の軽井沢周辺では交通量の少ない日陰などに雪が残っていたので、撮影のためにあえて雪が積もった場所に突入。

「オートモード」のままでも雪上に入るとドライ路面上とは違って4輪の拘束感がにわかに高まり、アクセル入力に遅れることなくリアがしっかり地面を蹴る感覚が明確に実感できます。

最低地上高は本格派のSUVほどの余裕はありませんが、アプローチアングルは21度以上で十分。白馬村の特設雪上アタックコースでは、超ヘビーデューティなJeepラングラー向けに用意された超急勾配の山も難なく登りきったので、オフローダーとしての能力の高さも実感。

かなりの豪雪地域でも、日本の一般道で乗る分には十分に対応できるでしょう。

雪上を激走する様子を外から見ても、滑りやすい状況ではかなり後輪へ駆動力を配分していることがわかりました。

腕さえあればラリーカーのように派手なアクションで振り回すことも可能です。このようにフィアット500Xは雪上でも思いのほか硬派な走りが楽しめるホットなSUVであることが確認できたのでありました。

[Text:マリオ高野]

フィアット 500X(チンクエチェントX)Cross Plusフィアット 500X(チンクエチェントX)Cross Plusフィアット 500X(チンクエチェントX)Cross Plusフィアット 500X(チンクエチェントX)Cross Plusフィアット 500X(チンクエチェントX)Cross Plus

フィアット 500X 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フィアット 500X の関連記事

フィアット 500Xの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フィアット 500X の関連記事をもっと見る

フィアット 500X の関連ニュース

フィアット 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/19~2017/9/19