autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アバルト500 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2009/5/8 09:50

アバルト500 試乗レポート(3/4)

アバルト500 試乗レポート

野太いサウンドと手応えあるドライブフィール

走行

当初、アバルト500はグランデプント同様に左ハンドル仕様が導入されるという噂を耳にしたが、なんと、目の前に用意されたのは右ハンドルの5速MT車だった。

運転席に乗り込むと、相変わらずシートのスライド量は短いが、ペダルのレイアウトは思いのほか悪くない。今回はあいにく雨の中でのサーキット試乗。しかし、挙動をみる上ではもってこいのコンディションといえる。タイヤが温まらないうちは多少滑ってESPが介入する場面もあったが、ノーマルと比べて補強をしていないボディでも、ステアリングの切り返しに対して、安定した姿勢を保ちながら、スムーズに向きを変えていける。そのうえ、リヤが滑り出す限界値が高く、相当手荒な操作をしない限り、ヒヤリとする領域には至りにくい。

とはいえ、それは決して退屈という意味ではない。野太い音色とともに力強く吹け上がる135馬力の1.4Lターボエンジンは、小さいボディを走らせるには、充分過ぎるほどのスペックを持ちあわせているが、5速MTはタイトなコーナーでも扱いやすいギア比といえる。

そのうえ、LSDに似た作用をもたらすトルクトランスファーコントロール(TTC)は、タイトなコーナーでも駆動輪がしっかりと路面を掴み、積極的にアクセルを踏んでいけることもあって、イタリアのコンパクトカーらしい元気のいい走りを楽しませてくれる。低速からトルクが得られるエンジンは、日常域で扱いやすさを発揮するが、いざ戦闘態勢で臨むときには、インパネ上のスポーツスイッチを押すだけで性格が豹変する。ターボの過給圧とECU制御によって、切れ味鋭い加速をみせ、ステアリングはズシリと重みが増すことで、スポーツ走行に適したモードに切り替わるのだ。

メーターシフトアップインジケーター付過給圧計走行エンジンTTC(トルクトランスファーコントロール)スイッチ

フィアット 500(チンクエチェント) 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フィアット 500(チンクエチェント) の関連記事

フィアット 500(チンクエチェント)の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フィアット 500(チンクエチェント) の関連記事をもっと見る

フィアット 500(チンクエチェント) の関連ニュース

フィアット 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22