autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アバルト500 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2009/5/8 09:50

アバルト500 試乗レポート(2/4)

アバルト500 試乗レポート

各所にアバルト印のサソリがかたどられた

マフラー

ボディはターボユニットを搭載するにあたって、ノーズ部分を110mm延長し、前後のトレッドをそれぞれ10mmずつ拡大している。フロントバンパーには2つのインタークーラーを効率的に冷却するよう、3つのエアインテークが設けられていて、迫力あるスタイルを強調しているかのようだ。リヤビューについては、ディフューザー一体型バンパーにブレーキ冷却用のスリット、ルーフスポイラーも装着され、極めつけの2本出しのマフラーが力強い走りを予感させる。また、空力性能を意識したフォルムに合わせて、クロームパーツがそれらのデザインにマッチするよう、わずかに配置が変更されている。ホイールのセンターキャップやFIATのエンブレムの代わりにABARTHのバッヂが誇らしげにあしらわれているが、よく見るとマフラーのサイレンサーの裏側にまでサソリがかたどられているこだわりようだ。細部までアバルト思想が息づいているかと思うと、走りの性能にも期待が高まる。

何を隠そう、実は私も500を愛して止まないオーナーの1人だが、このアバルト500の装備を見ると、想像以上に贅沢な装備があしらわれていて、何とも羨ましい限りなのだ。ベースとなるフィアット500には、グレードごとに違ったシート素材が用意されているが、アバルト仕様は全く形状が異なる本革スポーツシートが標準装備。本国ではレザー仕立てとなるシフトノブは、アルミ削り出しのものに変更されている。シート、シフトノブ、アルミホイールにおいても、本物素材を生かしたデザインは見事なもので、単に見かけ倒しの装飾ではなく、それぞれのパーツが走りについて意味を成すところも本物志向の人の胸に響くポイントといえるだろう。

エンブレムリアルーフスポイラーサイドスポイラーアルミ製シフトノブ16インチアルミホイール

フィアット 500(チンクエチェント) 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フィアット 500(チンクエチェント) の関連記事

フィアット 500(チンクエチェント)の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フィアット 500(チンクエチェント) の関連記事をもっと見る

フィアット 500(チンクエチェント) の関連ニュース

フィアット 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21