autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フィアット 500X(チンクエチェント X) 海外試乗レポート/嶋田智之 5ページ目

試乗レポート 2015/3/17 15:10

フィアット 500X(チンクエチェント X) 海外試乗レポート/嶋田智之(5/5)

関連: フィアット 500(チンクエチェント) Text: 嶋田 智之 Photo: FCAジャパン株式会社
フィアット 500X(チンクエチェント X) 海外試乗レポート/嶋田智之

軽快で爽快、素直に曲がる

フィアット 500X海外試乗レポートフィアット 500X海外試乗レポート

曲がるのを苦手としていないことも、一族の名に全く恥じることのないところだろう。そのフットワークは、この種のクルマにしては軽快にして爽快。とても素直に曲がってくれる。

速度が高くなればそれなりにロールはするけれど、その動きはとても自然で解りやすいし、フィアットらしい粘り腰を見せてくれるから怖さがない。といって、ステアリングを右から左へと素早く切り返すような場面でも車体の動きに変な遅れが出ることがなく、収まりがいい。

通常の「500」ほどまでのキビキビ感こそないものの、そのハンドリングは充分以上に楽しいといえる範疇にある。これは間違いなくフィアット「500」一族のクルマなのだ。プラットフォームをジープ レネゲードと共有するとはいえ開発はイタリア主導で行われた、というその理由が身体で理解できたのは嬉しかった。

ただし、標準の「500」と決定的に異なるところもあって、たっぷりとした豊かな印象のある乗り心地の良さはその代表的なところだ。

もちろんそれはホイールストロークが伸びていることや、フロントだけでなくリアまでマクファーソンストラットとされていることが大きいのだろうけど、比較的フラットな座り心地のリアシートにいてさえ思いのほか快適であることは、一緒にお出掛けする家族から歓迎されることは間違いない。言うまでもなくドアが4枚あることも、室内が広々としてることも、荷物をたくさん積めることも。

家族みんなが楽しめる「500X」 日本導入が待ち遠しい

フィアット 500X海外試乗レポートフィアット 500X海外試乗レポート

そうした実用性をしっかりと重んじたクルマに仕立てておきながら、同時にドライバーを全く退屈させることがないクルマにも仕立て上げてる辺り、やっぱりイタリア車なのだな、と強く感じる。

思えば現在のフィアット「500」がデビューしたのは、2007年。それから8年になろうとしている。その間に結婚して子供が生まれたり、子供が大きく育ったり、あるいは両親が年齢を重ねて2ドアだと乗り降りが辛くなったり、と暮らしの環境が変わって、大好きだったチンクエチェントの世界から離れざるを得なかった人だって少なくなかったことだろう。

同じ世界観の中にあり、同じベクトルの上にある乗り味を持った「500X」は、そうした人達にもとっても最適なチョイスになる。

家族みんなが楽しめるチンクエチェント。──いいじゃないか。

ちなみに日本への導入は、おそらく今年の秋頃になるんじゃないかと思われる。気になる価格も、現地での値段を見たうえでの個人的な予想として述べるなら、最大のライバルであるミニ クロスオーバー&ペースマンと同等かそれよりちょっと手を出しやすいくらいのレベルになるような気がしている。日本仕様がどういう内容になるのかも含め、首をちょっとだけ長くして待つことにしよう。

筆者: 嶋田 智之

フィアット 500(チンクエチェント) 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フィアット 500(チンクエチェント) の関連記事

フィアット 500(チンクエチェント)の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フィアット 500(チンクエチェント) の関連記事をもっと見る

フィアット 500(チンクエチェント) の関連ニュース

フィアット 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24