autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フィアット 500X(チンクエチェント X) 海外試乗レポート/嶋田智之 4ページ目

試乗レポート 2015/3/17 15:10

フィアット 500X(チンクエチェント X) 海外試乗レポート/嶋田智之(4/5)

関連: フィアット 500(チンクエチェント) Text: 嶋田 智之 Photo: FCAジャパン株式会社
フィアット 500X(チンクエチェント X) 海外試乗レポート/嶋田智之

チンクエチェントのように”爽快で楽しい”乗り味は健在

フィアット 500X海外試乗レポートフィアット 500X海外試乗レポート

ところがその先入観も、嬉しいことにあっさりと覆された。「500X」はその乗り味までも、しっかりとフィアット「500」一族のベクトルの上に置かれていたのだ。走らせてみたら、爽快で楽しかったのである。

「500X」にはフィアットもかなりチカラを入れているようで、駆動方式はFWDとトルク・オンデマンド式4WDの2種、エンジンは3種類のガソリンと1種類のバイフューエル、2種類のディーゼル、トランスミッションは5速と6速のマニュアル、6速のデュアルクラッチ式、9速のオートマティックという4種が用意されていて、それらの組み合わせで多様なラインナップが形成されている。

その中で日本に導入されることが予想されているのが、142ps/23.5kgmを発揮する1.4リッター+ターボ+マルチエア2に6速デュアルクラッチ・トランスミッションの組み合わせを積むFWDモデル、そして今後加わる予定の190psを発揮する2.4リッター+マルチエア2に9速オートマティックの組み合わせを積む4WDモデル。

今回試乗できたのは、トランスミッションこそ6速マニュアルだったが、140psの1.4リッター+ターボ+マルチエア2を搭載するFWDモデルだった。これが、かなり好印象だったのだ。

街中でもワインディングでも高速道路でも楽しい!

フィアット 500X海外試乗レポートフィアット 500X海外試乗レポート

何せ発進時から街中をゆっくり走るときには、たっぷりとした力強さと粘り強さを発揮してくれて、とても扱いやすかった。トリノ市内の混み合う幹線道路のゴー&ストップや、うっかり分け入ってしまった路上駐車だらけの細くゴチャつく裏道でも、全くストレスを感じることがなかった。

アイドリングの状態でクラッチペダルをリリースするだけでスルスルと滑り出すところあたり、1.4リッターという排気量を綺麗さっぱり忘れてしまうほどだ。

そのくせ低速トルク偏重型というわけでもなく、元気よく加速していきたいときには望外に軽やかな吹け上がりを見せてくれて、爽快なフィーリングとともにスピードを上げていく。

郊外のちょっとしたワインディングロードではどこからでも素直に立ち上がるトルクが味方してくれて、かなりいいペースで駆け抜けることができたし、アウトストラーダではあまりヒト様にはいえないような速度域での巡航も楽々こなしてくれた。

もはや小柄とはいえない車体を引っ張っていくには充分な実力の持ち主だし、際立ってスポーティな仕立てのエンジンというわけではないけれど走らせていて妙に楽しいところなんて、まさしくチンクエチェント。このエンジンは、物理的にもイメージ的にも、クルマとのマッチングがとてもいい。

[家族みんなが楽しめる「500X」 日本導入が待ち遠しい・・・次ページへ続く]

フィアット 500(チンクエチェント) 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フィアット 500(チンクエチェント) の関連記事

フィアット 500(チンクエチェント)の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フィアット 500(チンクエチェント) の関連記事をもっと見る

フィアット 500(チンクエチェント) の関連ニュース

フィアット 新車人気ランキング  集計期間:2017/5/29~2017/6/29